敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

『紫外線対策』~7、8月の暑い季節の紫外線対策は!!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

4b3afae6629dd512396d02cbda93491a_s

7、8月の暑い季節の紫外線対策は!!

 
暑い季節になると女性が気になること言えば紫外線からくるお肌のシミやトラブルです。紫外線の対策をすると、色々な肌トラブルを回避することが可能です

 

  1. 紫外線対策の基本→太陽光と共に紫外線は降りそそいでいますので、肌に直接日の光が当たらないようにすることです。
  2. 色の濃いもの、黒に近いものは紫外線を吸収する作用があり、肌への到達を防ぎます。ビニロン、ポリエステル、羊毛でできた衣服を身につけることによって、紫外線を肌から守ることができるといいます。羊毛などの繊維で作られている服であれば、網目が粗い物よりも細かい物の方が紫外線の対策としての効果が高くなります。
  3. 紫外線の対策については、数字としては紫外線を遮る率が高いという事は言えます。紫外線を遮るからといって、濃い色の服や、化繊の服を着ていればいいかというと、夏には向かないものもあります。暑い日に、我慢して厚手の服装をしていると、日本の夏の場合は熱中症などのリスクも生じます。
  4. 気温が高く、夏の暑い日は、羊毛やポリエステルの目の細かな服は合いませんし、色が濃い服も、夏に合わない服装になってしまう可能性も高いといいます。ビニロンは年間を通じて使われている素材ですが、頑丈で吸水性がいいため、作業服の素材としてよく使われている半面、ファッション目的で着るということは滅多にありません。
  5. 最終的には、紫外線対策とファッションや実用性のどちらを取るかという話になり、そこが女性としてのセンスが試されるところでも有ります。

 

タグ :    

紫外線

夏に受けた紫外線のダメージを残さないようにしっかりケアをしよう!!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

 

8月も終わりに近づくと暦の上ではもう秋です。この時期は、体にたまった夏の疲れが現れ始める時期です。体だけでなく、肌もカサつきがひどい、ごわごわする、などさまざまなトラブルが現れやすくなります。そのような肌の不調を見逃してはいけません。

 

夏に受けた紫外線のダメージを残さないようにしっかりケアをして秋を迎えましょう。

 

夏に浴びた紫外線のダメージが一気に現れる8月~9月!!

 

秋になると、紫外線の量も落ち着いてきますが、8月の終わりから9月にかけての時期が一年で最も肌が黒くなる時期だと言われています。これは、この時期に肌に蓄積した紫外線のダメージが一気に現れるからです。

  • 紫外線のダメージと言えば、しみ、そばかす、くすみというイメージがありますが、紫外線が引き起こす肌トラブルはこれだけではありません。真皮にまで届く紫外線、UVAはコラーゲンやエラスチンを変性させる作用があるので、しわやたるみなど光老化を引き起こします。
  • 夏の肌は老化を加速させると言われているように、紫外線は肌にさまざまなダメージを与えているのです。

 

スキンケアで肌に潤いを

 

  • ケガをしても自然に傷が治るように肌には本来修復機能があります。しかし、修復機能は、加齢やストレス、外部からの刺激により衰えていくので、紫外線による肌のダメージを修復するためにはスキンケアで肌に潤いを与え、サポートをする必要があります。
  • 角質が厚くなり、ごわごわになっている肌は、まずピーリングやゴマージュなどで角質を取り除きましょう。そして、スキンケアを受け入れる土台ができたところで化粧水で肌に潤いを与えましょう。
  • 保湿効果が高い化粧水で肌に潤いを与えてからクリームやオイルなど油分を与えると効果的です。化粧水とクリームの間に美容液やゲルを使用するとよりバリア機能を高めることができます
  • 角質が落ち、肌が潤いを取り戻すとターンオーバーも正常になり、健やかな肌を保つことができます。紫外線ダメージを受けた肌のケアを行うことが8月のスキンケアの重要なポイントです。

 

タグ :        

紫外線

紫外線がなぜしわやシミの原因になるのか?

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

紫外線対策とシミの原因について

 

紫外線が多くなる季節、きちんとした紫外線対策がシミやしわのないきれいなお肌を維持する為にも必要です。紫外線対策をする為には、紫外線がなぜしわやシミの原因になるのかについて理解しておくことをおすすめします。

 

紫外線がなぜしわやシミの原因

 

  1. 人間の皮膚には、メラノサイトという細胞があります。その細胞は長時間紫外線を浴びると、肌を刺激から守るためにメラニン色素を生成します。メラニン色素が生成されると、肌に照射された紫外線はメラニン色素の黒い部分で遮られます。
  2. 元々は肌を守るために生成されたメラニン色素です。ただし、作られすぎたメラニン色素は皮膚に沈着しくすみやしみになることがあります。肌はターンオーバーによって再生し、生まれ変わっていますが、肌が再生される際に使われたメラニンは一緒に外に排出されます。
  3. メラニン色素が多すぎると、通常のターンオーバーでは排出されずに肌に残ってしまうことになり、シミの原因になっていまします。紫外線が皮膚に照射されても、すぐにしみにはなりません。メラニン色素かシミになるまでにはしばらく日数がかかります。
  4. 季節が夏から秋や冬に移り変わり、日焼けしいた肌の色が元に戻る頃になると、肌のシミがはっきりするようになります。後になって後悔しないように、普段から紫外線の対策をきちんとすることが大切なのです。

 

◆お肌が紫外線でダメージを受けることがないように、紫外線がさほど強くないように見える時から、きちんと対策を講じておくことが肌のためになります。

 

タグ :    

紫外線

【美白ケアと紫外線】~美白ケアで大事な点

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

281959

紫外線の強くなる季節が終わりに近づく頃にようやく肌のシミを気にするようでは、美白ケアには到底追いつくことはできません。何をすれば美白になるのか、正確なところを把握している人はどのくらいいるでしょう。

 

美白ケアで大事な点

 

  1. できるだけ紫外線に肌をさらさないように、きちんと紫外線を予防することです。紫外線対策効果があるとうメイクをつけたり、
  2. サプリメントで美白にいい成分を摂取することも効果的です。紫外線からお肌を守るためには、日焼けどめクリームをしっかりつけ、すっぴんのまま太陽光の下に行かないことです。
  3. ベランダで洗濯物をハンガーにかけているときでも、紫外線が当たりそうな環境であれば、日焼け止めクリームを使いましょう。ほんのちょっとの間だから甘く考えていると、しばらく後に紫外線の皮膚への影響がシミになって出てきて、美白が難しくなってしまうでしょう。
  4. 美白効果を得るためには、毎日コツコツとお肌のケアをすることです。美白商品と一緒に、紫外線対策の様々な商品は、季節商品としてお店でよく見るようになります。紫外線カット効果があるメイク用品を使い、普段から美白ケアに力を入れることで、肌の状態はかなり変化があります。
  5. 美白などにいいといわれる成分を抽出したサプリメントも人気です。日頃の食事だけでは足りなくなりやすいビタミンやミネラルを、サプリメントで補給することは体のためにもなります。美白ケアの行き届いた肌で、年をとってもなおしみを寄せつけない状態にするためには、毎日の心がけが大切になるのです。

 

タグ :      

紫外線

『しみ・しわ・皮膚の老化の7~8割が紫外線のダメージ‼』夏のスキンケア「日焼けしない徹底UV対策」~NHKより!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

間違っていませんか?夏のスキンケア「日焼けしない徹底UV対策」

 

私も還暦を迎えたばかりですが、シミ、しわ、たるみが出てきてスキンケアには、気をつけています。今日は紫外線の影響からシミ・しわなどの皮膚の老化などを調べてみました。

 

『紫外線の影響』
皮膚の表面にある「表皮細胞」は、「角質細胞」に変化してはがれ落ちることで生まれ変わっています。そのため、日焼けをしても数か月すれば色素の沈着は目立たなくなります。しかし、皮膚の色が元に戻っても、紫外線によるダメージは細胞に蓄積されてしまうのです
とくにしみやしわといった皮膚の老化の7~8割は、紫外線のダメージによるものだと考えられ、皮膚がんの原因にもなります。

 

『日焼けやしみは何故起こるの?』
紫外線には主にUVA(ユーブイエー)とUVB(ユーブイビー)の2種類があります。日焼けに深く関わっているのはUVBです。UVBが皮膚の基底層に到達すると、メラノサイトという細胞がメラニン色素をつくりだします。メラニン色素が黒っぽい色をしているため、紫外線が当たると皮膚が褐色になります。これが日焼けです。
日焼けは数か月で目立たなくなりますが、紫外線によるダメージは蓄積され、やがてUVBが到達しなくてもメラノサイトがメラニン色素を作り続けるようになります。これによりしみができます

 

 

『紫外線を防ぐためには』
紫外線から皮膚を守るには、「朝から日焼け防止剤を塗る」「衣服や日傘などを活用する」といったことを習慣にするとよいでしょう。日焼け防止剤は、一度塗っても汗で流れたり効果が弱くなるので、2~3時間おきを目安に塗り直します。首の後ろ、手の甲、耳などは塗り忘れしやすい部分なので注意が必要です。また、衣服は白よりも色もののほうが紫外線を遮る効果が高くなります。帽子やサングラスなども活用しましょう。
日焼けをした場合には、適切な対処が必要です。軽度の日焼けならば、まずは保冷剤などで冷やしてください。ほてりが治まったら保湿剤を塗っておきます。水ぶくれができるなど重度の日焼けの場合は皮膚科を受診するようにしましょう

(NHK今日の健康より。)

 

タグ :             

しわ 紫外線

顔のシミについて~しみの原因は?

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

144724

顔にシミがあると、それだけで実年齢よりもずっと年をとって見えてしまいます。女性なら誰でも気になる顔のシミですが、どうして出来てしまうのでしょうか。顔のシミというのは、いろいろな原因が考えられます。

しみの原因

  1. 紫外線を浴び過ぎた場合や、加齢によるターンオーバーなどの皮膚再生能力の低下によって顔のシミは出来てしまいます。
  2. 煙草の吸いすぎやストレス、睡眠不足、過剰労働などによっても、活性酸素の作用で皮膚の再生スピードが低下します。
  3. ホルモンの分泌量が少なくなったために、シミが目立つこともあります。
  4. 四肢の冷えなどで新陳代謝が下がり、ターンオーバーが低下してシミになったりします。
  5. ニキビの痕跡や傷に色素が沈着したり、顔を洗う時に皮膚をこすりすぎたせいということもあります。
  6. 顔のシミというのは様々な原因によって起こりますが、特に紫外線による顔のシミは普段の生活から特に気をつけなくてはいけません。普段から紫外線の予防をきちんとしないと、後々になって顔のシミがたくさん出てきたなんて事になりかねません。紫外線にさらされた肌はシミが増えるだけでなく、乾燥もしやすくなります。皮膚は乾燥が進むと外界からの刺激に弱くなり、かゆみを感じやすくなったり、粉を吹いたような状態になったりします。
  7. 顔のほうれい線がくっきりとしてきたり、目尻のシワがはっきりしてきたりということも、シミの他に起こりえます。

 

タグ :         

しみ

紫外線×乾燥による肌ダメージ5月~新生活のストレスなど!その2

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

51c68eadc8903fbccdc4e9e27e4d4c2e_s

 

紫外線×乾燥による肌ダメージ 新生活のストレス!

 

紫外線の問題は、ご存知のとおり5月ごろから紫外線はかなりパワーアップしますね!私は九州なので、すぐにシミが出来てしまいます。言うまでもなく、紫外線は肌にダメージを与えて、シミ、くすみ、乾燥、シワなどを招いたり、肌の老化を加速させます。また、3月~5月の平均紫外線が50%前後という地域もあり、これは真夏とあまり変わらなかったりもしますね。

 

新生活のストレスによる肌の不調

 

4月から始まった新しい環境によるストレス、そして色んな要因が複雑にからみあって蓄積し、肌が大きなダメージを受けてしまうことがあります。まさに、肌の五月病の象徴のようなものです。いつもと同じケアなのに、サプリも摂っているのに、規則正しい生活を送っているのに……それでも肌の調子がなんとなく悪いと感じているなら、その可能性を疑ってみましょう。肌あれ、ニキビ、カサつき、赤み、ヒリつきなどその症状はさまざま。いつもの化粧品を使えないくらい悪化してしまったら、すぐに皮膚科へ相談しましょう。

 

新生活のストレスによる肌対策
・ストレスを感じにくい生活、またはストレス発散を心がける
・肌を清潔に整え、いつも以上にたっぷりの潤いを補給する
・あまりにひどい場合は、皮膚科へ相談する

◆このように5月になると目立つ肌トラブルは、この時期特有の天気・気候と関係している場合があります。毎日の空模様はどうすることもできませんが、知識を持っていることで日々のケアに気を配ることはできるはずです。その結果、肌トラブルを未然に防ぐことができますし、原因がわからず不安になってしまうこともないというわけです。

 

紫外線×乾燥による肌ダメージ5月~その1

 

タグ :    

紫外線

紫外線×乾燥による5月の肌ダメージの対策は!その1

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

4b3afae6629dd512396d02cbda93491a_s

紫外線×乾燥による肌ダメージの対策は!

 

紫外線の問題は、ご存知のとおり5月ごろから紫外線はかなりパワーアップしますね!私は九州なので、すぐにシミが出来てしまいます。言うまでもなく、紫外線は肌にダメージを与えて、シミ、くすみ、乾燥、シワなどを招いたり、肌の老化を加速させます。また、3月~5月の平均紫外線が50%前後という地域もあり、これは真夏とあまり変わらなかったりもしますね。

 

乾燥による紫外線対策

 

また暖かいと気づきにくいですが、空気が乾燥している時もありますね。つまり比較的湿度の高い真夏とは違って5月は肌が乾くこともあり、その結果、バリア機能が低下してしまうと、紫外線の影響をいっそう受けやすくなることになります。真夏ほど紫外線が強力ではなくても、肌は大きなダメージを受けてしまう危険が高いというわけです。

乾燥による紫外線対策
・日常生活でもSPF30、PA++程度の日焼け止めを欠かさない
・下地やファンデにもUVカット効果があると安心
・暖かくなってきても、保湿ケアを抜かりなく

 

晴れ(高気圧)のストレスによる紫外線対策

晴れ(高気圧)も肌に負担がかかります5月ごろは空が晴れ渡る日が多い傾向にあります。けれど実は、この「晴れ」が肌にストレスをかけている可能性も。晴れている日は高気圧に覆われているのですが、そんなときは交感神経が優位になると言われています。交感神経は血管を収縮させるなど体を緊張状態に導くもの。つまり、晴れの日は交感神経が優位になって体も肌も緊張気味で、それが連日続くためにストレス性のニキビや肌荒れを誘発することもあり、ストレスによってメラニン生成が促されるという説もあるので、肌のシミやくすみがいつも以上に気になるかもしれません。

紫外線対策
・マッサージをしたり、アロマコスメを使うなど、緊張をときほぐすようなケアを
・新しいコスメに手を出さず、肌が慣れているもので慎重に
・UVカットコスメだけでなく、美白コスメも味方に

 

タグ :     

紫外線

40代のほうれい線対策は?

読了までの目安時間:約 5分
スポンサードリンク

0-16

女性にとっては、ほうれいせんが出来ることは、とても嫌な事です。早い人は40代からほうれい線が、出来ます。顔のマッサージや運動したり。と色々な方法がありますが、なかなかほうれい線は、なくなりません。今日は40代のほうれい線対策を、調べてみました。

 

40代のほうれい線対策

 

年齢を重ねるにつれて目立ってくる「ほうれい線」。深くくっきりと現れてしまったほうれい線は、実際の年齢より上に見られるなど、見た目に大きく影響してくる部分でもあります。

若々しい見た目をキープするために大切な、ほうれい線の対策を紹介していきます。

 


 

タグ :           

ほうれい線

安心してFXを始めることができる