敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

アレルギー体質であることも肌が敏感になる原因& 敏感肌になりやすい生活習慣がある敏感肌の人!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

0-15

アレルギー体質であることも肌が敏感になる原因の1つです。

現代は、花粉症や食物など10人に1人か2人は何かアレルギーを持っているという時代。

アレルギー体質自体が過敏症の要素があるということになります。

敏感肌だと思っている方が、その原因はよく調べるとアレルギーだったということもあります。私もアレルギー体質で、肌が敏感です!


 

タグ :     

敏感肌豆知識

男性の敏感肌対策~正しいスキンケア、正しい髭剃り、生活習慣の見直しを意識しましょう!

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク

img_18

男性の敏感肌対策~正しいスキンケア

 

まずは、肌をいたわることから始めましょう。

1、肌を清潔に保つために行う日々の洗顔方法を見直します。洗顔料はしっかりと泡立てて肌に摩擦がかからないように洗います。寒い季節には、熱いお湯で洗うと、肌内部の水分が蒸発したりしてバリア機能が低下してしまうので、お湯の温度にも気を配りましょう。


 

タグ :         

敏感肌

敏感肌の人のスキンケア商品の選び方は!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

039289

もうすぐ冬が来ますね!冬は、肌のトラブルがやってきます。乾燥、敏感肌の方は、冬はたまりません、痒みが出てきたり、色々と。。。。

スキンケア用品には色々なものがありますが、敏感肌の人がスキンケア商品を選ぶ時には、どういった点に注意をすべきでしょう。

 

敏感肌の人のスキンケア商品の選び方

 

  • 敏感肌の人は、ちょっとしたことでも肌トラブルを起こす可能性があります。皮膚への負荷が大きいスキンケア用品も中にはありますが、敏感肌の人は、肌に優しいスキンケア用品を見つけることが大事です。
  • もしも敏感肌の人がスキンケア商品を選ぶのであれば、できるだけ添加物が少ないものが適しています。敏感肌の人は刺激に弱いので、添加物の多いスキンケア用品は肌荒れの原因になることがあります。できるだけ無添加のものにしましょう。
  • 肌質に合うスキンケア化粧品かをチェックするためには、トライアルセットなどの少量パックを、しばらく使って肌の反応を確認しましょう。敏感端の人は、肌タイプに合うスキンケア用品かを知るためには、実際に自分の肌につけてみて、荒れないかを見極めることが大事です。
  • 敏感肌の人向けのスキンケア商品の中には、ドクターズコスメというものもあります。皮膚科の関係者や、大学関係者など、皮膚に関わるプロフェッショナルな知識を持っている人か、開発に関係しているものが、ドクターズコスメです。ドクターズコスメは、肌への刺激か少なく、肌トラブルを起こしにくいスキンケア用品を開発するために、専門家の意見を取り入れた、信頼性の高い基礎化粧品です。
  • 肌質によっては、ドクターズコスメでも、肌に赤みや乾燥が出るという人もいます。敏感肌の人が、自分の肌質に合わせてスキンケア用品を選択する時には、様々な角度から商品を見極めることが大事です。

 

タグ :    

敏感肌豆知識

敏感肌にオススメの食べ物をご紹介!!~ビタミンA、ビタミンE、セラミドが多く含まれる主な食材は!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

 

昨日、ドラマを見ていたら、ほうれん草のサポニンが敏感肌にいいといっていました。サポニンについては、詳しく調べてみます!

今回は、脱!敏感肌にオススメの食べ物をご紹介。身体の中からも、脱!敏感肌を目指しましょう!​

 

脱!敏感肌 食べ物の選び方

 

では、敏感肌に良い食べ物…と一言で言っても、どこから手を付けたら良いのか?戸惑ってしまいませんか?そこでオススメの選び方をご紹介!それは、「敏感肌のお肌のはたらき」で選んでいくこです。

 

~脱!敏感肌の食べ物POINT~

 

1.「保水力」が高まる

2.「角質層の厚み」が作られること

このポイントに合わせて食べ物を選ぶことです。

脱!敏感肌 の代表的な食べ物

 

《保水力アップにつながる食べ物》

 

【ビタミンA】【ビタミンE】を多く含んだ食材です。

ビタミンAは、皮膚や粘膜に不可欠で、潤いのもとになるといわれています。ビタミンAを摂る際にはたんぱく質と一緒に摂取すると効果的です。たんぱく質は、ビタミンAと一緒に肝臓に運ばれ、ビタミンAをしっかりと身体中に行き渡らせてくれるため、お肌の乾燥(保水力低下)を更にとどめやすくなります。

ビタミンAが含まれる主な食材としては、鶏、豚、牛肉(特にレバー)、うなぎ、ほうれん草、にんじん、ブロッコリー、オクラなどの緑黄色野菜です。たんぱく質が多く含まれる食材は、大豆、魚、お肉など(特にレバー)などがあります。

ビタミンEは、血液をサラサラにする働きがあるため、血液循環が良くなる=栄養分を基底細胞に運びやすくしてくれます。そうすることで、健康な細胞を生みやすくなるため、しっかりと水分を溜め込める角質層が作られやすくなるのです。

ビタミンEが含まれる主な食材としては、はまち、アーモンドなど種実、植物油(ゴマ油、コーン油など)、ほうれん草、かぼちゃなどがあります

 

《角質層の厚みをつくる食べ物》

 

敏感肌は角質が剥がれやすく、薄くなっている状態ですから、角質と角質をしっかりとつなぎとめておく、セラミド(細胞間脂質)を多く含んだ食材も必要です。

セラミドが多く含まれる主な食材としてはこんにゃく芋、こんにゃく、黒ゴマ、ひじきなど、色の濃い食材にはセラミドを多く含まれていることが多いです。
・保水力アップ

・角質の厚みをつくる

今日から食べ物もこのポイントで、脱!敏感肌に近づいて行ってくださいね。

 

タグ :       

敏感肌

「ディセンシア アヤナス」はポーラー化粧品の傘下だから安心です!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

20903163

数々のベストコスメ受賞した「ディセンシア アヤナス」はポーラー化粧品の傘下だから安心!

 

アヤナス トライアルセット

10日間使えるトライアルセットが潤いエイジングケア<<アヤナス>>トライアルセット2,160円→送料無料1,480円で購入できるのですから敏感肌、乾燥肌、エイジングケアをしたい人は使ってみないという選択肢はありません。

 

その頃はほかの化粧品を勧められるままに使っていたのですが、肌にトラブルを感じ始めていたので、初回限定、1セット限りというトライアルセットを、購入して試してみたいと思います。

 

いずれもエイジングケアをうたっているものばかりでしたので肌のトラブルはかなり良くなっていましたが、「ディセンシア アヤナス」はまた違った感じでした。

そのようなことから、その後製品も数回購入して現在も使っていますが、一番のお気に入りは「ディセンシア アヤナス EV エッセンス」です。

かわいらしい容器から真珠くらいを手のひらに載せると、とても幸せな気分になります。

 

「ディセンシア アヤナス」の特徴は!

 

現在は暖房した中と乾燥した外の外気を行き来しなければならず、夏も冷房とじりじりとやける外気温にさらされながらの生活ですので、現代女性の80%が敏感肌がといわれるゆえんだろうと思います。

  1. コラーゲン産生量を170%アップしてくれるというポーラー研究所オリジナル成分を贅沢に使用している「ディセンシア アヤナス」は過酷な環境で働く、敏感肌の30代の女性の肌も守ってくれるようです。
  2. 若い方にもピッタリなのが、かわいらしい容器に入っていて、とろけるように肌になじんでくれる「ディセンシア アヤナス」なのです。
  3. 高齢期に入った私も、真珠のような優しい化粧品の感触が捨てがたく「ディセンシア アヤナス 糖化ケア 美容液」は朝夕使い続けています。
  4. もう少し若かったら、フルコースで「ディセンシア 糖化ケア 美容液」でよいのですが、年齢肌用とセットで使っていますが、もう手放せないだろうと思っています。

 

30代の方も、40代の方も、50代の方も、60代以上の方も真珠のような優しい付け心地に幸せになれると思います。

※通販コスメでありながら数々のベストコスメ賞を受賞、女性誌、美容誌にも掲載されている「ディセンシア アヤナス」をお得な価格で、試ししてみる価値は充分ににあると思います。

 

タグ :  

アヤナス

敏感肌の人が春夏秋冬において、日焼け止めを選ぶときの注意は!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

125426

敏感肌が日焼け止めを選ぶときの注意点
敏感肌用・子供用と表示された製品を選ぶ

 

とにかく肌への負担をなくしたい方は、敏感肌用・子供用と表示されたラインナップから選ぶのがおすすめです。子供向けには、敏感肌用のものを選ぶとよいでしょう。また、最近は子供用の製品としてバリア機能の低い肌でも使えるように作られているのがあり、もちろん敏感肌の大人の方にも人気です。

 

    • 始めて使う製品は事前にパッチテストを

どれだけ厳重に選んでも、初めて使う製品はちょっとこわいものですよね。まずは目立たない狭い範囲でパッチテストを行う習慣をつけましょう。

二の腕の内側は皮膚が薄く、なおかつ万が一荒れてしまっても目立ちにくい場所なのでパッチテストに最適です。10円玉くらいの範囲で、気持ちたっぷりめに日焼け止めを塗り自然乾燥させ、30分後と2日後の皮膚の様子を観察してください。この時途中で何か症状が出たらすぐに洗い流して使用を中止し、問題がなければ実際に使ってOKと判断しましょう。

 

敏感肌の方は紫外線散乱剤を使った製品を選ぶ

紫外線吸収剤は、それ自体が紫外線を吸収して熱やエネルギーに変えて発散し、肌に紫外線が浸透するのを防ぐ仕組みになっています。しかし、敏感肌だとかぶれてしまうことも。紫外線散乱剤(紫外線反射剤)というものは、その名のとおり紫外線を反射・散乱させる仕組みになっています。こちらの方が肌への負担は少ないため、敏感肌の方は紫外線散乱剤を使った製品を選ぶ方がいいでしょう。最近は、紫外線吸収剤不使用でも白くならず、石鹸で落ちるものも沢山出ています。「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」などと大きく表示して販売している製品が多いので見つけやすいと思います。

 

タグ :     

敏感肌

敏感肌におススメのリップクリームの選び方は!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

277716

リップクリームの必要性

 

唇には皮脂腺と汗腺がありません。つまり、天然の潤い成分(皮脂膜)をつくりだすことができないため、外的刺激から肌を守る保護膜がつくれないのです。さらに、角質も薄いため、他の皮膚より外部刺激を受けやすいという特徴もあります。そのため、唇は常にリップクリームなどで保護してあげる必要があるのです。

 

敏感肌におすすめのリップクリーム

 

  • 敏感肌におすすめなのは、無香料・無着色で低刺激なリップクリームです。
  • 精製度の高いワセリン(プロぺトやサンホワイト)は、不純物や余分な添加物が含まれないので、刺激が少なくていいでしょう。そのうえで、セラミドなどの保湿成分がたっぷり配合されているものを選びましょう。
  • グリチルリチン酸など、抗炎症成分が入っているのも有効な場合がありますが、人によっては刺激を感じることもあるので、注意してください。
  • メントールタイプを好んで使う人もいますが、これは角質層内の水分を蒸発させやすくするため、敏感肌には向きません。また、UV成分が入ったものも、紫外線吸収剤により刺激を受けやすくなるので、避けた方がいいでしょう。
  • 色づきリップなどには多くの成分が使用されるので、これも避けるのが無難です。どの成分が合うかは人によって異なります。刺激の少なそうなリップを試し、自分に合ったものを使うのがいいでしょう。

 

日常での注意点

 

乾燥してささくれた皮膚を剥がしてはいけません。ただでさえ薄い角質層をさらに削ってしまうことで、より刺激に敏感になってしまいます。舐めるのも、要注意です。

唇が乾燥していると感じたら、すぐにリップクリームで保護してあげましょう。

※塗ってもカサカサが治まらない、ヒリヒリやかゆみを起こすなど、どのようなリップクリームも合わずトラブルが改善しない場合は、皮膚科で塗り薬をもらいましょう。

 

タグ :    

敏感肌

敏感肌になりやすい秋(9,10,11月)は保湿を徹底しましょう!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

086661

敏感肌になりやすい秋は保湿を徹底!

 

保湿ケアは、自然由来の成分に着目した商品が多いのが特長です。

保湿の王様「シートマスク」は、デコルテまでケアできる大判タイプが登場! 顔だけでなく首やデコルテまで一気にケアできるので、じっくりスキンケア派の人に最適ですね。

また、「ジェル」も熱く、「プルプル肌を彷彿とさせるジェル状美容液」
「肌がゴクゴク水を飲む音が聞こえてきそうなジェルクリーム」の人気も高まっています。

 

季節の変わり目は要注意

いつもと同じようにスキンケアをしているのに、突然肌がカサついてしまったり、急にあちこち痒くなってしまったり。今まで使っていたスキンケアアイテムが、浸透しにくくなったと感じる方も多いのではないでしょうか。

  1. それは季節の変わり目によく起こる、肌トラブルの1つかもしれません。乾燥肌だけでなく、混合肌、脂性肌と肌質に関わらず、誰にでも敏感肌になる可能性があります。
  2. 健康な肌は角質層のバリア機能が、外部からの刺激を防いでくれています。夏の間に厚くなった角質も紫外線が弱まることで薄くはなるのですが、均一ではなくランダムに薄くなってしまいます。
  3. 外気が乾燥してくるため皮膚の水分が奪われ、さらに角質がランダムにはがれて皮膚のバリア機能が低下。いつもなら気にならないちょっとした刺激も、この時期は皮膚のかさつき、かゆみ、赤み、くすみなどを引き起こしてしまうのです。

プラスαでさらに潤う秋保湿

秋の保湿は、いつものケアにプラスαすることがおすすめです。

  1. 乳液で終わっていたらクリームを、クリームで終わっていたらオイルを混ぜてみてください。オイルは皮脂を補って、肌をやわらかくしてくれます。
  2. メイクにも工夫が必要。午後2~3時頃が一番お肌の乾燥する時間帯といわれています。
  3. 朝のスキンケアで、化粧水を優しく浸透させる工程を3回程度繰り返したり、コットンパック、ファンデーションにオイルを混ぜて使ったりなども保湿力を長持ちさせてくれます。
  4. 化粧直しの時には乳液を塗ってからファンデーションをパフやスポンジでのせると、余分なよれたファンデーションを取り去るだけでなく、必要な油分を補えるのでおすすめです。

 

タグ :   

敏感肌

敏感肌、乾燥肌、肌荒れの原因・予防法は!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

277716

敏感肌、乾燥肌、肌荒れの原因・予防法

 

乾燥

皮膚の表面がカサカサしてうるおいがなく、ひどい場合は粉をふいたようになってしまう乾燥(肌荒れ)。皮膚の表面の壁(バリア)がこわれてしまい、紫外線・ウイルス・細菌などの刺激が中に入ってしまう、肌にとってとてもつらいものなのです。

また、バリア機能が衰えていて大切な皮脂やセラミドも流れでやすくなっているので、何を与えてもしっとりせずダメなんですね。こうして敏感肌になってしまうんです。

 

乾燥、肌荒れの原因。

 

原因1

歳を重ねると皮脂の分泌量や水分が減ってしまうため、乾燥しやすくなります

 

予防法、スキンケアの注意点

  • 肌につけてしみる化粧水はムリにつけないようにしましょう。つけてしみないクリームを使うようにします。
  • クリームもしみてしまうときは、スクワランなど皮膚への刺激がほとんどなく、エモリエント効果に優れているものを使うと楽になりますよ。
  • 紫外線予防のスキンケア(お手入れ)としては、日焼け止めクリームは使わず、パウダーファンデーションにします。(日焼け止めクリームを落とすのに時間がかかり、セラミドなどが流出しないようにするためですよ!)

原因2

オイルクレンジング・油性ジェル・ショートタイプ(ふき取り)クレンジングを使用してるが、使用しすぎて肌が荒れた時に!

 

予防法、スキンケアの注意点

  • オイルクレンジング・ショートタイプ(ふき取り)・油性ジェルは強いメイクを落とすために使うものですので、落ちがよいからと普段のメイクを落とすのに毎日使っていると、乾燥肌になって肌が荒れてしまいます。
  • クレンジング料は、クリームタイプ・乳液タイプ・水性ジェルタイプのものを使うようにしましょう

 

タグ :      

敏感肌

『敏感肌内部の炎症を抑制!抗炎症作用を持つコウキエキスに着目!』ディセンシア アヤナス

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

img_36

敏感肌内部の微弱炎症が、ハリ低下&シミくすみの原因に

 

角層のバリア機能が弱い敏感肌の内部では、ホコリや花粉など、外部刺激が原因となり「微弱炎症」が繰り返されています。この微弱炎症がコラーゲンを切断したり、メラニンの生成を加速させることで、毛穴の開きやたるみ、くすみなどを加速させる原因となっています。

敏感肌は「11歳老けてみえる」

こういった敏感肌女性の肌悩みを解決したい。と考えたポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドディセンシアは、敏感肌と見た目年齢の関係に着目して調査を行いました。その結果、なんと「敏感肌は健常肌よりも11歳老けて見える」「敏感肌は健常肌よりシミ・くすみが定着しやすい」という驚きの結果を得ました。

 

抗炎症作用を持つコウキエキスに着目

 

こうした敏感肌の悪循環を断ち切るため、ディセンシアは肌内部で起こる微弱炎症を抑える各種成分を研究。

  • その結果、中国南部に自生するクルミ科の常緑高木「黄杞葉(こうきよう)」に優れた成分が含まれていることがわかりました。この注目成分である黄杞葉は、中国ではお茶として飲まれ、肥満予防・解毒・解熱に効果があるとされています。黄杞葉のエキスに含まれるアスチルビンという成分はフラボノイドの一種であり、抗酸化作用、抗アレルギー作用、肌の糖化を防ぐ作用が期待できます。

 

  • 体内に広く分布するヒアロニターゼは、皮膚の水分を保持するヒアルロン酸を分解する酵素で、炎症時に活性化され、アレルギー反応が起こるときに放出されるヒスタミンを活性化させます。
  • また、局所ホルモンPGE2という生理活性脂質は、マスト細胞(血球細胞の中でアレルギー反応を引き起こす原因細胞のひとつ)を活性化させ、ヒスタミンを介して炎症を引き起こします。これらの炎症のメカニズムに対して、黄杞葉由来のコウキエキスが炎症を抑え、敏感肌で繰り返される微弱炎症を防ぐのです。
  • 肌の表面では、バリア機能の強化によって肌への刺激を防ぎ、内部では微弱炎症を抑えるといったダブルの作用により、敏感肌をすこやかな状態へと導いてくれます。また、紫外線を浴びた際に起こる炎症にも働きかけ、敏感肌特有のメラニン生成の原因にアプローチすることが期待されています。

 

(スキンケア大学)より。

 

タグ :    

敏感肌

1 2 3 6
安心してFXを始めることができる