敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

【敏感肌の原因】~加齢、乾燥、誤ったスキンケア、生活習慣、アレルゲン~等!!

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク

040598

敏感肌の原因

敏感肌の原因は様々あります。

1、加齢
20~25歳をピークに、肌の水分や皮脂の量は減少してきます。おまけに、新陳代謝が衰えてくることで、肌には様々なトラブルが降りかかるようになります。表皮も次第に薄くなっていきますので、外からの異物が侵入しやすくなります。

2、乾燥
乾燥によって表皮にヒビが入ります。その隙間からどんどん水分が蒸発してしまい乾燥は悪化します。バリア機能が崩された状態ですので、紫外線や異物などが肌内部へとダイレクトに入ってくるようになります。

3、誤ったスキンケア
クレンジングや洗顔、スキンケアといずれも過剰に行っている方が多くいます。こすりすぎ、洗いすぎ、パッティングしすぎ、といった行き過ぎたお手入れを続けることで、肌本来が持っているバリア機能を弱めてしまいます。良かれと思っていた今までのケアが、実は肌にとっては逆効果になっているかもしれません。

4、季節の変わり目
季節の変わり目は、急激な温度の変化に体が対応しきれず、肌が敏感な状態になります。特に春は、新生活のスタートダッシュでストレスを感じやすかったり、花粉の飛散、紫外線など様々な要因が絡み合って敏感肌になりやすいと言えます。

5、生活習慣

・食事
肌のバリア機能は、食べ物から摂る栄養によって高められています。現代は、外食やインスタント食品など簡単に食べられるものを好むようになり、栄養バランスが乱れがちになっています。偏った食生活を続けることで、肌は栄養不足に陥り、角質ガードしている細胞間脂質が作られなるため、お肌は刺激に弱くなります。

・睡眠
睡眠は、昼間活動していた体を休める時間ですが、その一方で、食べ物から得た栄養を皮膚や内臓へと送りだしている大切な時間でもあります。睡眠不足に陥ると、新しい皮膚細胞を生み出すターンオーバーが正常に働かなくなりますので、シミの発生にも繋がります。

6、体調不良
風邪など、免疫力が低下している時は、肌のバリア機能も弱まっている状態です。おまけに、体調不良の場合は、食欲も落ちるので、必要な栄養も満足に摂取できず、肌荒れを起こしやすくなります。

7、ストレス
仕事や家庭など、精神的なストレスはもちろん、体力的なストレスを感じることでも、ホルモンバランスは崩れてしまいます。ホルモンバランスの乱れは、ターンオーバーを狂わせ、お肌に様々な不調をもたらします。女性の場合は、肌荒れが続いたり生理が止まるなど、ストレスの影響が体に顕著に現れたりしますよね。ストレスは肌に大敵です。

8、アレルギー物質
アレルゲンも様々ありますが、代表的なものには、花粉、ハウスダスト、食べ物、化学成分などが挙げられます。

生まれ持った体質的な要因が大きいアレルギーですが、最近では環境や生活習慣によって大人になってから発生する後天的アレルギーも増えています。

 

タグ :       

敏感肌

顔のシミについて~しみの原因は?

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

144724

顔にシミがあると、それだけで実年齢よりもずっと年をとって見えてしまいます。女性なら誰でも気になる顔のシミですが、どうして出来てしまうのでしょうか。顔のシミというのは、いろいろな原因が考えられます。

しみの原因

  1. 紫外線を浴び過ぎた場合や、加齢によるターンオーバーなどの皮膚再生能力の低下によって顔のシミは出来てしまいます。
  2. 煙草の吸いすぎやストレス、睡眠不足、過剰労働などによっても、活性酸素の作用で皮膚の再生スピードが低下します。
  3. ホルモンの分泌量が少なくなったために、シミが目立つこともあります。
  4. 四肢の冷えなどで新陳代謝が下がり、ターンオーバーが低下してシミになったりします。
  5. ニキビの痕跡や傷に色素が沈着したり、顔を洗う時に皮膚をこすりすぎたせいということもあります。
  6. 顔のシミというのは様々な原因によって起こりますが、特に紫外線による顔のシミは普段の生活から特に気をつけなくてはいけません。普段から紫外線の予防をきちんとしないと、後々になって顔のシミがたくさん出てきたなんて事になりかねません。紫外線にさらされた肌はシミが増えるだけでなく、乾燥もしやすくなります。皮膚は乾燥が進むと外界からの刺激に弱くなり、かゆみを感じやすくなったり、粉を吹いたような状態になったりします。
  7. 顔のほうれい線がくっきりとしてきたり、目尻のシワがはっきりしてきたりということも、シミの他に起こりえます。

 

タグ :         

しみ

敏感肌~加齢からおこる肌トラブル

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

179991

さまざまな肌トラブルで悩んでいる人がたくさんいますが、要因のひとつに加齢があります。

 

加齢による肌トラブルの中でもよくあるのが目元と口元の肌トラブルです。

 

目元にはたくさん神経が通っています。目元の皮膚は他のところに比べて薄いので、ちょっとした刺激やダメージですぐトラブルになります。紫外線によるダメージと、間違ったスキンケアを続けていることによる刺激が要因で肌トラブルになってしまうことがあります。

 

◆加齢による目元の肌トラブルで多いのは小じわとクマのほか、まぶたが痩せることもあります

 

ほうれい線というのは小鼻のワキから口角に向かって伸びている線のことですが、口元の加齢によるトラブルといえば、ほうれい線ではないでしょうか。それほど気にならないのは、肌にハリがある若いうちです。加齢とともに肌にたるみが出てくると頬が全体的に下がってしまうので、何もしなくてもほうれい線が出てきてしまうのです。

 

お肌全体の加齢による肌トラブルは血行不良による顔のくすみです。お肌がくすんで見えるようになるのは、肌の水分量が年齢とともに少なくなり、保湿機能がダウンするとターンオーバーが妨げられ、老廃物や角質が蓄積しやすくなることが原因です。

 

※加齢による肌トラブルは実にさまざまなものがありますが、早めの対策で改善することができるものばかりです。何か肌トラブルが起こる前にきちんとスキンケアなどをしておくことが、大切な美肌キープのためのポイントだといえるでしょう。

 

タグ :   

ほうれい線 敏感肌

敏感肌の原因~加齢、乾燥、誤ったスキンケア、季節の変わり目など。

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

0-05

敏感肌の原因

敏感肌の原因は様々あります。

■加齢
20~25歳をピークに、肌の水分や皮脂の量は減少してきます。おまけに、新陳代謝が衰えてくることで、肌には様々なトラブルが降りかかるようになります。

■乾燥
乾燥によって表皮にヒビが入ります。その隙間からどんどん水分が蒸発してしまい乾燥は悪化します。バリア機能が崩された状態ですので、紫外線や異物などが肌内部へ入ってくるようになります。

■誤ったスキンケア
クレンジングや洗顔、スキンケアといずれも過剰に行っている方が多くいます。こすりすぎ、洗いすぎ、パッティングしすぎ、といった行き過ぎたお手入れを続けることで、肌本来が持っているバリア機能を弱めてしまいます。

■季節の変わり目
季節の変わり目は、急激な温度の変化に体が対応しきれず、肌が敏感な状態になります。特に春は、新生活のスタートダッシュでストレスを感じやすかったり、花粉の飛散、紫外線など様々な要因が絡み合って敏感肌になりやすいです。

■生活習慣

・食事
肌のバリア機能は、食べ物から摂る栄養によって高められています。現代は、外食やインスタント食品など簡単に食べられるものを好むようになり、栄養バランスが乱れがちになっています。

・睡眠
睡眠は、昼間活動していた体を休める時間ですが、その一方で、食べ物から得た栄養を皮膚や内臓へと送りだしている大切な時間でもあります。睡眠不足に陥ると、新しい皮膚細胞を生み出すターンオーバーが正常に働かなくなりますので、シミの発生にも繋がります。

■体調不良
風邪など、免疫力が低下している時は、肌のバリア機能も弱まっている状態です。おまけに、体調不良の場合は、食欲も落ちるので、必要な栄養も満足に摂取できず、肌荒れを起こしやすくなります。

■ストレス
仕事や家庭など、精神的なストレスはもちろん、体力的なストレスを感じることでも、ホルモンバランスは崩れてしまいます。ホルモンバランスの乱れは、ターンオーバーを狂わせ、お肌に様々な不調をもたらします。

女性の場合は、肌荒れが続いたり生理が止まるなど、ストレスの影響が体に顕著に現れたりしますよね。

■アレルギー物質
アレルゲンも様々ありますが、代表的なものには、花粉、ハウスダスト、食べ物、化学成分などが挙げられます。

生まれ持った体質的な要因が大きいアレルギーですが、最近では後天的アレルギーも増えています。

 

タグ :          

敏感肌

安心してFXを始めることができる