敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

敏感肌になりやすい秋(9,10,11月)は保湿を徹底しましょう!

読了までの目安時間:約 3分
086661

敏感肌になりやすい秋は保湿を徹底!

 

保湿ケアは、自然由来の成分に着目した商品が多いのが特長です。

保湿の王様「シートマスク」は、デコルテまでケアできる大判タイプが登場! 顔だけでなく首やデコルテまで一気にケアできるので、じっくりスキンケア派の人に最適ですね。

また、「ジェル」も熱く、「プルプル肌を彷彿とさせるジェル状美容液」
「肌がゴクゴク水を飲む音が聞こえてきそうなジェルクリーム」の人気も高まっています。

 

季節の変わり目は要注意

いつもと同じようにスキンケアをしているのに、突然肌がカサついてしまったり、急にあちこち痒くなってしまったり。今まで使っていたスキンケアアイテムが、浸透しにくくなったと感じる方も多いのではないでしょうか。

  1. それは季節の変わり目によく起こる、肌トラブルの1つかもしれません。乾燥肌だけでなく、混合肌、脂性肌と肌質に関わらず、誰にでも敏感肌になる可能性があります。
  2. 健康な肌は角質層のバリア機能が、外部からの刺激を防いでくれています。夏の間に厚くなった角質も紫外線が弱まることで薄くはなるのですが、均一ではなくランダムに薄くなってしまいます。
  3. 外気が乾燥してくるため皮膚の水分が奪われ、さらに角質がランダムにはがれて皮膚のバリア機能が低下。いつもなら気にならないちょっとした刺激も、この時期は皮膚のかさつき、かゆみ、赤み、くすみなどを引き起こしてしまうのです。

プラスαでさらに潤う秋保湿

秋の保湿は、いつものケアにプラスαすることがおすすめです。

  1. 乳液で終わっていたらクリームを、クリームで終わっていたらオイルを混ぜてみてください。オイルは皮脂を補って、肌をやわらかくしてくれます。
  2. メイクにも工夫が必要。午後2~3時頃が一番お肌の乾燥する時間帯といわれています。
  3. 朝のスキンケアで、化粧水を優しく浸透させる工程を3回程度繰り返したり、コットンパック、ファンデーションにオイルを混ぜて使ったりなども保湿力を長持ちさせてくれます。
  4. 化粧直しの時には乳液を塗ってからファンデーションをパフやスポンジでのせると、余分なよれたファンデーションを取り去るだけでなく、必要な油分を補えるのでおすすめです。

 

タグ :   

敏感肌

【保湿】~スチーマーを使ってじっくり保湿しよう!目元や口元など、乾燥やシワ、たるみが気になる部分の保湿は!

読了までの目安時間:約 3分
0-36

 

目元や口元など、乾燥やシワ、たるみが気になる部分の保湿は!

 

目元や口元など、乾燥やシワ、たるみが気になる部分にクリームを使ってピンポイントケアすると効果的です。クリームつけてもなんとなく乾燥が気になる場合は、15分ほど放置した後、肌をチェックして乾燥してる部分にクリームを重ねづけすると良いです

 

シワをケアする時は、片方の手でシワを広げもう片方の手でクリームを塗りこみましょう。美容成分を細かいところまで浸透させることができます♪

 

スチーマーを使ってじっくり保湿

 

  1. スチーマーで肌を温めながらケアすると、いつもと同じアイテムでも肌への浸透力がグッとアップします!また、肌自体ももっちりと柔らかくなります
  2. マスクを使う時もスチーマーを当てながら行うと肌の血行と代謝が上がるのでマスクの美容成分が効果的に肌に染み渡ります。

 

化粧水をしっかり浸透させて肌自体のうるおいをアップ

 

  1. "乾燥”と聞くと、乳液を使って油分を入れたくなりますが、化粧水をたっぷり肌に含ませるほうが大切です。水分を肌にしっかりと含まると、保湿キープ力もアップし、乳液のうるおいもより効果的に浸透しやすくなります。
  2. 具体的な方法としては、美容液や化粧水をたっぷりと含ませたコットンを、10回ほど肌に繰り返しつけて叩き込むと効果的です
  3. ◎乾燥で落ち込んだ肌が水分を含み毛穴が目立ちにくくなります。

 

オイルをプラスして油分をアップ

 

  1. 乾燥に備え保湿力をアップさせるために、化粧水に加えオイルを使用し油分をプラスしましょう
  2. 朝晩のスキンケアの時に、オイルをクリームに混ぜてみたり、スキンケア後の肌にフタをするために使ってみたりしてください。より濃厚なうるおいを肌に与えることができます♪
  3. 洗顔後、肌が濡れた状態で2〜3滴のオイルを塗布してティッシュオフすると、化粧水や乳液がより浸透しやすくなります。

 

タグ :       

しわ 乾燥肌

60代の乾燥肌対策には保湿と新陳代謝を活発に!

読了までの目安時間:約 4分
0-08

60代の乾燥肌対策には保湿と新陳代謝を活発に!

 

 60代の乾燥肌対策

 

年齢を重ねるにつれて増えてくるお肌の悩み。乾燥肌による肌荒れやシワもその一つです。実際に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?60代を過ぎて増えてくる乾燥肌による角質層の乱れを解決する方法は一体どのような物があるのでしょうか?

 


 

タグ :         

乾燥肌

お化粧を落とさず寝るのはNG?一晩で3歳も歳をとる!?

読了までの目安時間:約 4分
0-21

疲れている時、お酒を飲んで帰った時、ついメイクを落とさずに寝てしまっていませんか?メイクを落とさず寝ることは、肌にとっては大きなダメージです。メイクを落とさずに寝てしまった日の肌は、一体どのような状態なのでしょうか。

 

メイクを落とさずに寝ると、一晩で3歳も歳をとる!?
仕事や家事で忙しく、後でメイクを落とそうと思っていたらつい朝まで寝落ちてしまった…。そんな経験がある人は多いと思います。しかし、それは肌の老化を加速させる原因のひとつです。メイクを落とさずに寝てしまうと一晩で3歳も歳をとる、とも言われています。それほど肌には良くないことなのです。

 

メイクアップ化粧品、特にファンデーションには肌との密着性を高めるために、油性の成分や顔料が使用されています。それらは放置しておくと汗や皮脂と混ざり合い活性酸素を出し、過酸化脂質に変化していきます。その汚れが毛穴に入り込むとターンオーバーがスムーズにいかなくなり、結果、肌の老化へと繋がってしまします。

 

顔ダニ発生の原因にも

毛穴に詰まった油や皮脂は、ニキビや肌荒れなどさまざまなトラブルを引き起こします。98%の割合で人の顔に生息しているという顔ダニの大好物は、こうした皮脂であることが知られています。顔ダニはある程度であれば多くの人に存在するのでそれほど気にする必要はありませんが、量が増えすぎると皮膚炎を引き起こします。顔ダニを繁殖させないためにも、眠る前にはしっかりとメイクを落としておくことが大切です。

 


 

タグ :     

美肌

目元ケアの方法

読了までの目安時間:約 2分
img_07

 

早め早めの対応が、目元にしわをつくらないスキンケアでは大事なことです。

 

◆どのような方法で目元のケアをすれば良いのでしょうか。目元のシワを防ぐためには、顔全体にシワができないように意識することが大切です。

 

◆日ごろお化粧をしている人は、毎日しっかりクレンジングケアを行って、化粧の落とし残りがないようにすることです。

 

◆目元はとくに念入りにメイクをしている人もいるようですが、汚れをきちんと落としておく必要があります。お肌は、洗顔ケアを行った直後は水分と油分が不足気味です。目元ケアのためには、化粧水などをたっぷり使って肌に水を与えてあげましょう。

 

◆水分を与えた後は保湿性の高いクリームなどで肌を保湿することも不可欠です。保湿をする化粧水や乳液などは、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されているものを使うと目元ケアにより効果的です。

 

◆紫外線から肌を守っておくことも、目元ケアでは無視できません。日焼けは肌の乾燥と老化を促すため、要注意です。若い時はつい油断して日焼けしてしまいがちですが、紫外線をカットするような化粧品をなるべく使い続けるようにしましょう。普段から、肌の手入れに手を抜かないことが、目元のケアのためには重要なことなのです。

 

タグ :     

目もとケア

安心してFXを始めることができる