敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

乾燥肌の治療方法〜冬の肌の乾燥肌!

読了までの目安時間:約 6分
スポンサードリンク

281955

乾燥肌は、気温や湿度の低下といった環境の変化がおもな原因です。寒さ対策のために普及したエアコンが、皮肉にも肌の乾燥を招いていることも挙げられます。そして季節的な環境の変化は、体のはたらきにも影響をもたらし、乾燥肌を招くさらなる要因となっているのです。

 

乾燥肌の原因のひとつとして〜加齢があげられる。

そうした原因のひとつとして挙げられるのが、加齢です。

  • 肌のうるおいのもととなる皮脂の分泌は、性ホルモンと関係しています。性ホルモンの分泌は女性で20歳代、男性では20~40歳代でピークを迎え、その後は徐々に減少していきます。そのため、年齢とともに肌のうるおいが失われ、とくに高齢者で肌が乾燥しやすくなるのです。
  • さらに、人によってライフスタイルは異なります。生活習慣や嗜好品は人それぞれです。それが、乾燥肌をさらに悪化させている場合もあるのです。

 

 

乾燥肌の治療方法

乾燥してカサついた肌にはまず、保湿剤を用いてうるおいを与えることが大切です。保湿剤にはたくさんの種類がありどれを選ぶか迷ってしまいますが、どの種類にも肌のうるおいを維持する成分が入っています。

毎日、こまめに塗ることで効果も得られるため、使い心地の気に入ったものを選ぶと良いでしょう。どんな種類が適しているか、いつ、どのように塗れば良いかなどは、購入の際に薬局で相談することをおすすめします。

●おもな保湿剤の種類と特徴

・ワセリン……皮膚の表面に油脂性の膜をつくり、水分の蒸発を防ぐはたらきがある。刺激は無く保湿効果も高いが、使用感がベタつく。
・セラミド…… 角質の水分保持に重要な役割を果たす細胞間脂質物質の一種、セラミドを含んだ製品。保湿効果があり、皮膚に柔軟性を与える。
・尿素剤…… 体内の水分を角質層にとりこみ、角質の固い部分を取り去るはたらきがある。配合量が10%と20%の2種類があり、含有量が高いと保湿効果は上がるが、刺激を感じることもある。
・ヘパリン類似物質…… 角質の水分含有量を増加させ、皮膚のうるおいを保つほか、血行を良くするはたらきがある。

こうした保湿剤は、肌の乾燥が初期の段階には適していますが、かゆみが強いと、ガマンできずについつい掻いてしまいます。すると掻くことが刺激になって炎症がひどくなり、さらにかゆくなるという悪循環に陥ってしまいます。肌を掻きこわすと症状が治りにくくなるだけでなく、傷痕が残る恐れもあります。早く、そしてキレイに治すためには、

ステロイド外用剤を用いて適切な治療を行う必要があります。掻きこわして出血したり、肌がただれてしまっているような場合は細菌が繁殖する恐れがあるため、抗生物質の配合されたステロイド外用剤を用いることをおすすめします。ステロイド外用剤を使い続けても症状が改善されない場合には、医療機関を受診し、専門医に相談することが大事です。

 

重要なのはスキンケア

  • 乾燥している皮膚には、乾燥を悪化させるようなライフスタイルを見直すことも必要です。いくら保湿剤で皮膚にうるおいを補っても、原因となる生活習慣を見直さないことには、根本的な乾燥肌の改善は難しくなります。
  • まず、冬はとくに肌の洗いすぎに注意しましょう。逆に洗いすぎは、皮脂を洗い流し、洗浄剤が刺激となって皮膚トラブルを招くこともあります。
  • 顔(とくにTゾーン)や胸、上背部などは比較的皮脂が多く分泌されていますが、すねや背中などは乾燥しやすい部位です。洗浄剤を使いすぎたり、強くこすったりしないよう注意しましょう。
  • エアコンを使用する際には、適切な温度設定にするほか、直接体に温風が当たらないようにする、加湿器を用いるなどの工夫が必要です。保湿剤で肌に補給したうるおいを、洗いすぎやエアコンの温風といった外からの刺激で失わないようにしましょう。

 

乾燥肌の改善には、かたよった食生活を改善、ビタミン類が役に立つ!

 

また、皮膚には、体の内側から材料となる栄養素をバランスよく補給し続けることが重要です。健康な皮膚を維つくるためには、コラーゲンをつくる材料となるタンパク質をはじめ、ビタミン類が役に立ちます。乾燥肌の改善には、かたよった食生活を改善し、ビタミンCを破壊する喫煙の習慣を見直すことも重要です。

●各種ビタミンと肌における主なはたらき

・ビタミンA(β-カロテン)…肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持
・ビタミンB群…皮膚の新陳代謝促進、発育促進
・ビタミンC…コラーゲンの生成
・ビタミンE…皮膚の血液循環改善
さらに、冬は汗をかく機会が少ないため水分の摂取を怠りがちですが、体内の水分は不感蒸泄(皮膚や呼気からの水分喪失のこと)や排尿などから、じっとしているときでも1日に1,500ml前後、動いているときには2,500ml前後が奪われています。水分補給を怠ると肌の乾燥をさらに招くため、温かい飲み物などで水分を摂るように心がけましょう。

 

タグ :    

乾燥肌

安心してFXを始めることができる