敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

「めざせ!しっとり肌〜乾燥肌対策〜」赤ちゃんの肌を目指して!

読了までの目安時間:約 5分
125426

 

「めざせ!しっとり肌〜乾燥肌対策〜」

 

「乾燥肌」に悩んでる人は多いと思います?長年乾燥肌に苦しんできた方でも、さまざまな乾燥対策をしましたが、乾燥肌は一向に改善しません。どうしてなのか?実は肌の潤いを保つのには、ある成分が重要なんです。

さあ「しっとり肌」(女性の理想とするのは赤ちゃんの肌ですね。)を目指した乾燥肌対策を始めましょう。

 


 

タグ :        

乾燥肌

敏感肌・乾燥肌治す方法は「セラミド」成分の化粧水!

読了までの目安時間:約 2分
3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

乾燥肌治す方法は「セラミド」成分の化粧水!

乾燥肌を治すには『セラミド』

 

1、「セラミド」成分は、どんなものかというと、人の肌の中にもともとある成分で、なんと、それが肌の中で保湿している成分なんだそうです。しかもその成分が、肌内の保湿に80%も大きく関係して、かなり重要なもの!NHK「ためしてガッテン!」でもNHK「あさイチ!」でも保湿や毛穴解消に大きく紹介していた成分だったのでした。

 

2、「セラミド」は外側からスキンケアで補ってあげるのが一番効果的なんだそうです!なので「化粧水」や「美容液」から補う方が一番効果的なんだそうです。ただし。注意することがあって、肌は、外部から異物の侵入を防ぐ役割があります。どれでも浸透するわけではない。
3、「セラミド」と一言でいっても、数年前までは、なかなか浸透しなかったそうです。最近の技術では浸透力するようになっているそうですけど。化粧水のボトルに書いてある、成分を見ただけでは浸透するしないは判断できない。

沢山の種類があって迷います「セラミド1.2.3.6.6Ⅱ」などなど。セラミドの中でも一番高価ななのが、動物性天然セラミド、馬セラミドです。別名「ウマスフィンゴ脂質」のことをいいます。多少高価なので、お手頃スキンケアには配合されていないようです。

※「セラミド」+化粧水の重ねつけで、自分に必要な水分量がわかると、乾燥肌の解消のポイントになると思います!

 

「セラミド」を選んでる基準は!
1、「製薬会社が開発したもの」製薬会社が使うセラミド配合のスキンケアなら、きちんとした実証結果もあるし、開発力が違うから、間違いないかなぁと思います。

 

タグ :        

セラミド 敏感肌

敏感肌&乾燥肌に!!~美肌の救世主「セラミド」のスゴイところ~

読了までの目安時間:約 4分
0-05

 

セラミドの効果~敏感肌&乾燥肌さんに知ってほしいセラミドの効果

 

セラミドの働きや効果など、知っておきたい情報をたっぷりお届け。

お肌のトラブルに悩んでいる方も、健康な美肌をずっとキープしたい方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

美肌づくりの決め手!セラミドってどんな成分?

敏感肌や乾燥肌のための化粧品を探していると、よく目にするようになった「セラミド」。ここではセラミドの美肌効果を、ご説明いたします。

 


 

タグ :          

セラミド 敏感肌

乾燥肌の化粧品選び~クリーム・オイル

読了までの目安時間:約 5分
a0001_017430_m

乾燥肌の化粧品選び クリーム・オイル

 

スキンケアクリーム・オイルの役割

以前は、保湿といえば「化粧水で水分を与え、乳液やクリーム、オイルでフタ」という考え方が一般的でしたが、現在は「保湿成分を届ける」のが保湿です。

この観点から見た場合、クリームやオイルは、以下のような役割を担うことになります。

保湿成分入りの化粧水や美容液、乳液でしっかり保湿している場合

お肌の水分を保つ役割は、角質層に存在する細胞間脂質(セラミドなど)が80%NMF(天然保湿成分)が18%皮脂が2%程度を担っています。

化粧水や美容液、乳液で、必要な保湿成分をしっかりお肌に補っている場合、特に必要がなければ、クリームやオイルをつける必要はありません。

もし美容液や乳液で油分が少ないものを選んでいる場合は、必要に応じて皮脂の代替としてクリームやオイルをつけましょう。

化粧水や美容液、乳液は保湿目的ではないものを選んだ場合

化粧水や美容液、乳液を、美白など保湿以外の目的で選んだ場合は、クリームやオイルで細胞間脂質や皮脂膜の役割を果たす成分を補うことをおすすめします。

上述の通り、お肌の保湿能力は、80%が細胞間脂質が担っており、皮脂は2%程度なので、乾燥が気になる場合は細胞間脂質の成分を補うようにしましょう。

 

◆細胞間脂質を補う成分入りクリーム・オイルの選び方

細胞間脂質の役割を担う保湿成分は、以下のような「水分を層の間にはさみ込む」タイプの成分です。

  • セラミド:細胞間脂質の40%を占める成分。保湿力が特に高く、乾燥がひどい場合はぜひ選びたい成分。
  • スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)/ステアリン酸コレステロール/ステアリン酸コレステロール:セラミド以外の細胞間脂質の一種。セラミドより保湿力は弱いが、角質層内のその他の脂質との親和性が高い。
  • 水素添加大豆レシチン大豆から抽出されるレシチンに、酸化防止のため水素を添加したもの。水素添加レシチンは水素添加していないレシチンの持つ特性を損なうことなく安定化されている。

 

◆セラミド入りクリームの選び方

「水分を層の間にはさみ込む」タイプの保湿成分の中でも、特にセラミドは高い保湿力があります。

セラミドは単体でお肌に塗っても角質層には上手く浸透しないため、乳液やクリーム状の化粧品が適しています。

セラミド配合クリームを選ぶ場合は、以下のような点に注意して選びましょう。

「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」が配合されている

人間の角質層にあるセラミドと同じ化学構造を持つセラミドが「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」です。酵母を利用して生成したもので、保湿力が高く、刺激が少ないのが特徴

セラミド配合量

セラミドは比較的高価な成分のため、極端に安いものは微量しか含まれていない可能性があります。それなりの価格のもので、できるだけ配合量が明記されているものを選びましょう。配合量の記載がなければ、メーカーに問い合わせるのが確実です。

 

◆皮脂膜の役割をするクリームやオイルの選び方

しかし、特に乾燥している箇所がある場合は、以下のような成分の「フタ」でお肌をカバーしましょう。

ワセリン

ワセリンは刺激がほぼなく、また角質層にほとんど浸透せず、角質層の上から皮膚をしっかりカバーしてくれます。誰でも安心して使えるため、皮膚科の乾燥肌治療でも使われます。乾燥がひどく、またお肌が敏感になっているようであれば、ワセリンで表面をカバーしてあげるとよいでしょう。

その他のオイル

オイルをつける場合は、皮脂に近い成分のものを選び、必要最低限の量をつけるようにしましょう。

乾燥肌の最大の原因は、保湿不足ではなく、間違ったスキンケアによる「こすりすぎ」と「あらいすぎ」です。

また、食事や生活習慣など、あらゆる可能性が考えられます。保湿力の強い化粧品をいくら使っても、上述のような問題があれば、お肌自体が乾燥しにくい健康な状態にはなりません。保湿クリームやオイルのみに頼るのではなく、スキンケア(特にクレンジングと洗顔)や生活習慣を見直すようにしましょう。

 

タグ :     

乾燥肌

乾燥肌の人のスキンケア商品の選び方

読了までの目安時間:約 2分
0-02

乾燥肌の人のスキンケア商品の選び方

 

乾燥しやすい肌の人がスキンケア商品を選択する時のコツとは?

 

◆スキンケア化粧品にはさまざまな成分が含まれていますが、乾燥肌の人にはヒアルロン酸やセラミドが含まれている基礎化粧品がおすすめです。きれいな肌になるには、皮膚の保湿を行うことです。

 

◆スキンケア商品に含まれている保湿成分を知りたい時には、容器にプリントされている成分一覧に目を通す必要があります。保存料や、防腐剤などはある程度はスキンケア化粧品にも必要ですが、敏感肌の人はできるだけ添加物が少ないほうがいいでしょう

 

◆乾燥肌とは、皮脂がそれほど多くないという人の肌です。皮脂汚れといえば、にきびの要因になる悪役的な成分だと思われがちですが、外界からの刺激から肌を守るためにある程度は必要になっています。乾燥肌の人は、適量の皮脂も分泌されていないので、もともとバリア機能が弱いのです。

 

◆スキンケアをする時に、乾燥肌の人など皮膚が刺激に負けやすい人が、刺激の強い化粧品を使っていると、いずれ肌負けが起きてしまうことがあるようです。かといって、保存料の一切配合されていないスキンケア用品は、長い間空気に触れさせておくと、腐ったり、痛んだりすることがあります。

 

◆この頃は、添加物を使わないスキンケア用品も人気がありますが、保存性はよくないものも多いですので、扱いには注意をしてください。肌への刺激が少ないものを選択することが、乾燥肌の人がスキンケア用品を選ぶ時には大事です。

 

タグ :          

乾燥肌

乾燥肌の化粧水は?「しっとりタイプ」「乾燥肌向け」をキーワードに選びましょう。。

読了までの目安時間:約 2分
0-14

乾燥肌の皆さんにはやはり、「しっとりタイプ」や「乾燥肌向け」の記載のあるものをおすすめしたいです。乾燥を助ける保湿成分として、ヒアルロン酸やコエンザイム、セラミド、コラーゲン、大豆レシチンなどがあります。たしかにこれらの成分は乾燥肌に非常に良く作用します。

 

また、セラミドなどは天然のものが入っている場合はお値段もそれなりに高価です。「しっとりタイプ」「乾燥肌向け」をキーワードに、たくさんの化粧品のなかから選んでみたら、いかがでしょうか?

乾燥肌向けではないですが、ベビー向けやアトピー向けの化粧水に注目するのもいいです。赤ちゃんやアトピーの方の肌は通常より水分保持力が少ないため、保湿が行き届くように作られています。

 

特に、赤ちゃん向けの化粧水は高保湿・低刺激に加え価格も手頃なため、乾燥肌の方がお使いになるケースも多いみたいです。赤ちゃん向けの化粧水は、是非、試して下さることとオススメします。。

 

タグ :       

乾燥肌 乾燥肌 ヒアルロン酸

安心してFXを始めることができる