敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

乾燥肌に効果的なスキンケアの基本~洗顔の注意、洗顔後は速やかに保湿、保水、クリームを!

読了までの目安時間:約 3分
0-23

知らず知らずに、日々のスキンケアが肌へのダメージとなっていることを自覚していない人は少なくありませんね。誤ったスキンケアで肌への負担を重ねている人がいることをご存知でしょうか?

正しいスキンケアができれば、乾燥肌への対策にもなります。

 

肌に負担をかけないように注意をしながら皮膚の清潔を保ち、適切な保湿ケアをすることがスキンケアの第一歩です。正しいスキンケアを継続して乾燥肌を改善しましょう。


 

タグ :           

乾燥肌

あなたのかゆみが治らない本当の理由!乾燥肌なのか?~ためしてガッテンより!

読了までの目安時間:約 6分
125426

解明!あなたのかゆみが治らない本当の理由!乾燥肌なのか?

 

まさか!かゆみでこんな病気まで・・・かゆみを抑えるスゴ~い裏技!
ついに解明!重い病気から来るかゆみの正体
潤ってるのにかゆい?乾燥肌徹底撃退法!


 

タグ :     

乾燥肌

【60代からの乾燥肌の悩みは!】~加齢が原因!ヒアルロン酸とコラーゲンははどうやって作りだすの?

読了までの目安時間:約 3分
299228

60代を過ぎてくると、乾燥肌による悩みが増えてきますね!

加齢による乾燥肌の原因は皮脂の分泌不足が原因といわれています。新陳代謝を活発にし、しっかりとした保湿をほどこすと乱れた角質層が本来の力を取り戻し、乾燥の無い潤いのあるお肌を手に入れることができます。


 

タグ :       

乾燥肌

【乾燥肌のスキンケア】~冬に乾燥肌が増える理由は!

読了までの目安時間:約 3分
454082

スキンケアの大事なことは、肌タイプを考慮することです。

 

肌タイプには、脂性肌、乾燥肌、普通肌、混合肌などが存在します。

私も乾燥肌ですが、乾燥肌と言うのは、他の肌質に比べて、一番肌荒れなど肌トラブルを起こしやすいので、特に注意が必要です。では、なぜ乾燥肌と言うのは一番肌荒れなどの肌トラブルを、起こしやすいのでしょうか?

 


 

タグ :      

乾燥肌

冬に起こりやすい肌トラブル&乾燥肌の種類!

読了までの目安時間:約 3分
454082

お肌にうるおいが保てる湿度は65%~75%といわれています。

 

1、10月になると湿度がどんどん下がり始め、最低湿度が60%を切る日が増えてきます。11月後半からは、お肌にとって常に乾燥注意報が出ている状態です。

 

2、2月にはついに46%に。ここから4月中旬までは快適な湿度に戻りません。実に半年以上、肌は乾燥の危機にさらされているのです。こんな状態でエアコンをつければ、お肌がカラカラになってしまうのも納得ですね。

 

気温の低下もトラブルの原因に

  • 冬の気温の低下も肌トラブルの大敵です。気温が下がると血行が悪くなり、新陳代謝も低下。それに伴って、肌表面の古くなった角質を排出するターンオーバーの機能も下がります。すると、シミやくすみが肌に残りやすくなり、小ジワやニキビまでできやすくなってしまうのです。

 

 

冬に起こりやすい肌トラブルの種類

とにかくお肌が乾燥する冬。きちんとケアしないと、どんな肌トラブルの種類があるのでしょうか?

季節性敏感肌

こすってもいないのにほっぺたが赤くなったり、化粧水をつけるとピリピリしたり…。季節の変わり目に多いトラブルです。急激な乾燥・気温の変化で肌のバリア機能が乱れることによって起こります。

乾燥性湿疹

カサカサ感や粉吹きなどの初期症状を放っておくと、赤くただれて激しいかゆみが出ることがあります。これを「乾燥性湿疹」といいます。乾燥した部分の角質がはがれてしまった状態で、目の周りだけ、首元だけなど、部分的に出ることもあれば、全身に広範囲なかゆみが出る場合もあります。

クマ・くすみ

目の下のクマは血行不良の証し。冬の気温の低下が一因になります。また血行が悪くなると、肌のターンオーバーが乱れて角質が剥がれ落ちず、お肌が全体的にくすんで見えることがあります。

 

 

タグ :        

乾燥肌

冬の肌あれ・かゆみ。上手な治し方と予防法。~今日からできる乾燥肌予防法!

読了までの目安時間:約 3分
404553

冬の肌あれ・かゆみ。上手な治し方と予防法。
今日からできる乾燥肌予防法

できてしまった乾燥肌トラブルは、早めの手当を。

乾燥しやすい冬は、肌の保湿を心がけて乾燥肌トラブルを予防することが大切です。肌が乾いてカサカサしてきたら、患部や症状に合った治療薬を早めに使って治しましょう。

 

「保湿」と「肌細胞の修復力を回復」させる~乾燥肌予防法!

あれた肌や、ひび・あかぎれで割れた肌、かゆみが出てしまった肌は、肌細胞が元気を失って肌の保湿機能を自力では回復できない状態です。そのため「保湿」だけではなかなか治らず、同じ症状を冬の間中ずっと繰り返してしまう場合が多いのです。

 

  • 肌あれ・手あれ、ひび・あかぎれ、かゆみが出た肌を根本から治すには、肌細胞を元気にさせて、本来持っている肌細胞の修復力をきちんと回復させることが必要です。一時的に表面を保湿するだけでなく、肌細胞の状態を正常に戻すケアをすることが大事なのです。
    治療するときは、「保湿」と「肌細胞の修復力を回復」させる、ふたつの方向から治すことが重要になります。
  • 治療薬を選ぶときも「保湿」と「肌細胞の修復力を回復」させる機能があるタイプがおすすめ。薬局やドラッグストアでは、薬剤師や登録販売者に相談してみるのがよいでしょう。肌のバリア機能が壊れると、肌のトラブルが発生!治すために必要なのは、「保湿」と「肌細胞の修復力の回復」です。

 

薬の上手な使い方を知って、効果をアップ

 

肌の「アレ・ワレ・かゆみ」が出た時に塗る外用薬には、より効果的な使い方があるのでご紹介しましょう。

 

  1. 薬を塗るタイミングでおすすめなのは、お風呂上がりです。お風呂から上がって10分以内、肌が半乾きの時に外用薬を塗ります。こうすることで、細胞間の水分を逃さない状態になります。
  2. 肌に強くすり込みすぎると肌を刺激してしまいますので、やさしく塗るように気をつけてください。
  3. 手やかかとのひび割れは、寝る前に外用薬を塗って手袋や靴下を履き、患部を覆うとよいでしょう。密閉効果で、成分が肌に浸透しやすくなります。また、寝ている時に布団に薬がつくのを防ぎます。手袋や靴下の保温効果で血行がよくなれば、肌細胞が活性化することも期待できます。
  4. 肌がカサカサして乾燥を感じたら、外用薬をその都度塗ってケアしてください。外用薬は数回(5~6回)の使用が目安です。最低でも1日に3回は使うと効果的でしょう。手や指にあかぎれ、ひび割れなどがある場合は、炊事や洗濯などで水仕事をするたびに薬を塗り、きちんとケアしてあげることが回復を早めるコツです。

 

タグ :      

乾燥肌

冬に向けて乾燥肌、かさつき、かゆみ、しわの悩み~【乾燥肌のスキンケア】

読了までの目安時間:約 2分
039289

今から冬に向けて、乾燥肌・敏感肌の方の悩みは、尽きないと思います。冬は肌が乾燥して、かさつき・かゆみ・目元や口元のしわが気になりますね。

お肌の潤いが不足して、かさつきがひどいという方がいますが、スキンケアのポイントとは何でしょうか。

 

お肌の潤いが不足するスキンケアのポイント

冬は肌が乾燥して、かさつき・かゆみ・目元や口元のしわが気になりますね。肌が乾燥しやすくて悩んだいる方は、スキンケアのやり方次第で肌の水分が補えます。

 

  1. 顔を洗う時は、朝はぬるま湯洗顔だけにして、お肌の油分を取り除きすぎないという考え方もあります。ぬるま湯で洗顔をした後でも、お肌に何かがついている感触がするという人は、低刺激の洗顔料で軽く洗顔をしてみるといいようです。
  2. 家に戻ったら十分にクレンジングをします。目元や口元の化粧汚れは事前にゆるめておくことで、肌に負担をかけすぎずにクレンジングをすることが可能です。顔の水分を取り除く時は、タオルを顔に押しあて、こすらずに水分だけを除きます。
  3. お肌を乾燥させないように、顔を洗い終わったらすぐに化粧水で肌に水分を与えましょう。乾燥しかけているお肌をしっとりさせるためには、ビタミンC誘導体や、ヒアルロン酸が使われているような化粧水がおすすめです。化粧水をたっぷり使ったら、目元や口元などの肌の繊細な部分に、クリームをつけてオイルを補給します。保湿美容液を含むパックケアをすることで、肌の状態を改善していくことができます。

 

タグ :           

乾燥肌

乾燥肌の治療方法〜冬の肌の乾燥肌!

読了までの目安時間:約 6分
281955

乾燥肌は、気温や湿度の低下といった環境の変化がおもな原因です。寒さ対策のために普及したエアコンが、皮肉にも肌の乾燥を招いていることも挙げられます。そして季節的な環境の変化は、体のはたらきにも影響をもたらし、乾燥肌を招くさらなる要因となっているのです。

 

乾燥肌の原因のひとつとして〜加齢があげられる。

そうした原因のひとつとして挙げられるのが、加齢です。

  • 肌のうるおいのもととなる皮脂の分泌は、性ホルモンと関係しています。性ホルモンの分泌は女性で20歳代、男性では20~40歳代でピークを迎え、その後は徐々に減少していきます。そのため、年齢とともに肌のうるおいが失われ、とくに高齢者で肌が乾燥しやすくなるのです。
  • さらに、人によってライフスタイルは異なります。生活習慣や嗜好品は人それぞれです。それが、乾燥肌をさらに悪化させている場合もあるのです。

 

 

乾燥肌の治療方法

乾燥してカサついた肌にはまず、保湿剤を用いてうるおいを与えることが大切です。保湿剤にはたくさんの種類がありどれを選ぶか迷ってしまいますが、どの種類にも肌のうるおいを維持する成分が入っています。

毎日、こまめに塗ることで効果も得られるため、使い心地の気に入ったものを選ぶと良いでしょう。どんな種類が適しているか、いつ、どのように塗れば良いかなどは、購入の際に薬局で相談することをおすすめします。

●おもな保湿剤の種類と特徴

・ワセリン……皮膚の表面に油脂性の膜をつくり、水分の蒸発を防ぐはたらきがある。刺激は無く保湿効果も高いが、使用感がベタつく。
・セラミド…… 角質の水分保持に重要な役割を果たす細胞間脂質物質の一種、セラミドを含んだ製品。保湿効果があり、皮膚に柔軟性を与える。
・尿素剤…… 体内の水分を角質層にとりこみ、角質の固い部分を取り去るはたらきがある。配合量が10%と20%の2種類があり、含有量が高いと保湿効果は上がるが、刺激を感じることもある。
・ヘパリン類似物質…… 角質の水分含有量を増加させ、皮膚のうるおいを保つほか、血行を良くするはたらきがある。

こうした保湿剤は、肌の乾燥が初期の段階には適していますが、かゆみが強いと、ガマンできずについつい掻いてしまいます。すると掻くことが刺激になって炎症がひどくなり、さらにかゆくなるという悪循環に陥ってしまいます。肌を掻きこわすと症状が治りにくくなるだけでなく、傷痕が残る恐れもあります。早く、そしてキレイに治すためには、

ステロイド外用剤を用いて適切な治療を行う必要があります。掻きこわして出血したり、肌がただれてしまっているような場合は細菌が繁殖する恐れがあるため、抗生物質の配合されたステロイド外用剤を用いることをおすすめします。ステロイド外用剤を使い続けても症状が改善されない場合には、医療機関を受診し、専門医に相談することが大事です。

 

重要なのはスキンケア

  • 乾燥している皮膚には、乾燥を悪化させるようなライフスタイルを見直すことも必要です。いくら保湿剤で皮膚にうるおいを補っても、原因となる生活習慣を見直さないことには、根本的な乾燥肌の改善は難しくなります。
  • まず、冬はとくに肌の洗いすぎに注意しましょう。逆に洗いすぎは、皮脂を洗い流し、洗浄剤が刺激となって皮膚トラブルを招くこともあります。
  • 顔(とくにTゾーン)や胸、上背部などは比較的皮脂が多く分泌されていますが、すねや背中などは乾燥しやすい部位です。洗浄剤を使いすぎたり、強くこすったりしないよう注意しましょう。
  • エアコンを使用する際には、適切な温度設定にするほか、直接体に温風が当たらないようにする、加湿器を用いるなどの工夫が必要です。保湿剤で肌に補給したうるおいを、洗いすぎやエアコンの温風といった外からの刺激で失わないようにしましょう。

 

乾燥肌の改善には、かたよった食生活を改善、ビタミン類が役に立つ!

 

また、皮膚には、体の内側から材料となる栄養素をバランスよく補給し続けることが重要です。健康な皮膚を維つくるためには、コラーゲンをつくる材料となるタンパク質をはじめ、ビタミン類が役に立ちます。乾燥肌の改善には、かたよった食生活を改善し、ビタミンCを破壊する喫煙の習慣を見直すことも重要です。

●各種ビタミンと肌における主なはたらき

・ビタミンA(β-カロテン)…肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持
・ビタミンB群…皮膚の新陳代謝促進、発育促進
・ビタミンC…コラーゲンの生成
・ビタミンE…皮膚の血液循環改善
さらに、冬は汗をかく機会が少ないため水分の摂取を怠りがちですが、体内の水分は不感蒸泄(皮膚や呼気からの水分喪失のこと)や排尿などから、じっとしているときでも1日に1,500ml前後、動いているときには2,500ml前後が奪われています。水分補給を怠ると肌の乾燥をさらに招くため、温かい飲み物などで水分を摂るように心がけましょう。

 

タグ :    

乾燥肌

【乾燥対策で肌の若返りをしましょう!】~秋から冬へ向けて!

読了までの目安時間:約 2分
125426

乾燥対策で肌の若返りをしましょう!秋から冬へ向けて!

 

秋から冬へ向けての乾燥肌対策をしましょう!

肌の若返りをどんな人でもある程度の年齢になったら、いつまでも若々しくいるために考えるのではないでしょうか。肌の若返りのために普段の生活でできる対策にはどんなことがあるのでしょう。

 

乾燥対策で肌の若返りをしましょう!

 

年齢を重ねるとどんな人でも肌が乾燥してきます。

  • 年齢を重ねると、肌の保湿効果を持っていたコラーゲンが少なくなるために、目もとや口もとにしわが目立つようになります。肌の表面は水分が不足し、乾いてカサカサです。
  • 肌の若返りのために何より不可欠なのは、肌の保湿力を取り戻すことなのです。角質層に十分に潤いをプラスすることが、まず肌の若返りのためにすべきことです。
  • 油分でうるおいが逃げないようにコーティングしてあげることが重要です。肌に保湿液を十分に浸透させ、肌の乾燥対策をすることが肌の若返りに直結します。
  • 洗顔後すぐの肌はしっとりとしていますが、皮脂膜などが洗い流されているので乾燥しやすい状態になっています。顔を洗った後は、速やかに化粧水をつけます。アミノ酸やヒアルロン酸入りなど保湿効果あるものがおすすめです。
  • 保湿ケアを行ったらクリームなどを塗って水分が蒸発しないようにすることが若返りのためには大切なことです。せっかくの水分が出て行ってしまっては肌の若返り効果が半減しますので、要注意です。

 

タグ :      

乾燥肌

乾燥肌~<日常生活における対策>

読了までの目安時間:約 3分
086661

冬本番の乾燥肌対策に使えるQ&Aを解説しています。今からでも遅くない、乾燥肌にまつわる基本的な知識やお薬の使い方など、役に立つ情報をお伝えします。
最近、セルフメディケーションという言葉をTVなどでよく耳にされるのではないでしょうか。これは、体に不調が現れたらそのつど医療機関を受診するのではなく、軽い症状には自らOTC医薬品(大衆薬)を用いるなどして症状を改善することを指します

 乾燥肌~<日常生活における対策>

冬になって肌が乾燥すると、かゆくなるのはどうしてだろうか?
保護膜の機能が失われ、刺激物質をシャットアウトできなくなるからです。
肌の表面には、汗と皮脂が混ざってできる、いわば天然の保護クリームがあり、外界からの刺激をシャットアウトする役目を果たしています。ところが、肌が乾燥すると保護クリームができず、外界からの刺激物質(洗剤やアレルゲンなど)がダイレクトに侵入してかゆみが生じやすくなります。かゆくなるとその部位をかいてしまうため、さらに角質層が荒れてかゆみが強くなるという悪循環をも引き起こす恐れがあります。

 

冬場に入浴すると肌がかゆくなる際の注意点

 

熱いお湯や、急な温度変化は避けましょう。

湯船につかると温度刺激によって肌にかゆみを生じるため、湿疹などの皮膚トラブルを抱える人は注意が必要です。とくに42度以上の高温になると刺激性が強まるため、入浴はぬるめのお湯で。肌表面の温度が低い状態から急に温まる状況もかゆみを生じさせやすくなります。また、体を洗う際にタオルで強くこすると、肌表面を傷つけてかゆみを悪化させます。きめの細かいタオルか素手で洗うのがおススメです。

乾燥肌~<賢いお薬の使い方>

横着せず、正しい使用方法を守りましょう!

わたしは、乾燥肌で肌が白く粉をふき、かゆみを生じてきましたが、どうしたらよいでしょうか?すぐに皮膚科を受診すべきですか?
最近、セルフメディケーションという言葉をTVなどでよく耳にされるのではないでしょうか。これは、体に不調が現れたらそのつど医療機関を受診するのではなく、軽い症状には自らOTC医薬品(大衆薬)を用いるなどして症状を改善することを指します。皮膚についても、乾燥肌などの軽いトラブルであれば、薬局やドラッグストアで薬剤師などに相談し、自分にあったお薬を購入すると良いでしょう。5~6日使用しても症状が改善しない場合にはお医者さんに相談して下さい。

 

タグ :     

乾燥肌

1 2 3 5
安心してFXを始めることができる