敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

表情筋・首筋を引き締めるストレッチ!!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

299228

還暦を迎えて、たるみ、しわ、しみ、などが出てきました。なるべく顔のストレッチをやるように、心がけていますが、たまに忘れてしまします。顔の筋肉も使わなければ衰えます。口の周り、頬、目の周りの筋肉を大きく動かして引き締めましょう。顔は心の窓、表情筋を豊かにすれば何と、人間関係も円滑になるようですよ。

 

①「ウ・イ・ス・キー」という言葉を、できるだけ大きく口に出します。「ウ」と「ス」は口をすぼめて前に突き出します。同時に目を大きく見開き、目の周りの筋肉も刺激します。

②「イ」と「キー」は口を思いきり横に開きながら目を細めます。「ウ・イ・ス・キー」の言葉を1セット5秒で5回繰り返します。5回目の最後の「キー」だけ10秒維持します。慣れるまでは洗面台などで鏡を見ながらやってみましょう

ポイント「明るく、できるだけオーバーに表現しましょう」

 

首筋を引き締める 舌出し首張り

加齢と共に気になる首筋のたるみ。舌を突き出して首筋を張り、首周りを引き締めましょう。お風呂やトイレなどいつでも気軽にでき、これだけで翌日筋肉痛がでるほど効きます。

①「アッ」と声を出しながら、できるだけ大きく舌を突き出します。これを30回繰り返しましょう。

②「イー」と声を出しながら、口を横に開き、首筋を強く張ります。肩から首にかけて力を入れ、できるだけ大きく張るようにイメージしながら10回行います。

 

タグ :     

顔ストレッチ

お手軽簡単に出来る「舌ストレッチ」の効果は?

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

420870

 

知らない間にたるんでしまって、なかなか元に戻らない二重あご。放っておくと脂肪になり、余計に取れなくなってしまいます。

簡単ストレッチで二重あごを解消して、スッキリ小顔を目指しましょう!

 

簡単舌ストレッチの効果

お手軽簡単に出来る「舌ストレッチ」は、
1……むくみを解消すると共に筋肉を鍛え、キュッと引き締まったフェイスラインに!
2……血行を良くしてリンパの流れを活発にし、脂肪の燃焼を促進!
3……顔と首から体の歪みを調整
4……脳を活性化
と、多くの効果が期待できるストレッチなんです。

 

簡単!舌ストレッチのやり方

1. 背筋を真っ直ぐにして前を向き、両肩は下にグッと下げて、舌を前に出す。
舌の先が見える位、思いっきり舌を前に出してそのまま5秒キープ。

2. 同様に、舌を思いっきり上に出して5秒キープ。

3. 同様に、舌を思いっきり下に出して5秒キープ。

4. 左肩だけをグッと下げ、舌を思いっきり右に出して5秒キープ。

5. 右肩だけをグッと下げ、舌を思いっきり左に出して5秒キープ。

 

あご首ほっそりストレッチ

更に、あごから首のラインをほっそりさせるストレッチもオススメです。二重あご解消、肩コリ・首の疲れの軽減にも有効です。

1. 息を吸いながら、肩と耳が一直線になるよう、無理のない範囲で下あごを天井に向けて上げる。

2. 背筋を伸ばしたまま、息を吐きながら、あごをゆっくりと喉のくぼみに引き寄せる。

3. ゆっくりと顔を正面に戻し、息を吐きながら、じわじわと首筋を伸ばしながら頭を真横に倒す。

4. 同様に反対側にも倒す。

 

タグ :  

小顔

目周りの老化を早めないためのストレッチ2

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

0-01

目周りストレッチ

 

目の疲れもスッキリ!目周りの老化を早めないためのストレッチ

私は20代後半頃から、目元老化が始まりました。スキンケアで目元ケアをしても、何をしてもダメでした。そこで目の周りのストレッチをしました。目尻があがり、小じわが改善されました。目周りは、顔の中で最も筋力が弱い部分でもあるのです。年齢を重ねると、まぶたが下がってきたり、目尻が下がってきたり…と加速的に老化が進んでいきます。目周りは放っておくと、顔の中で最も早く老化が進行してしまうのです。目周りの老化を早めないためにも、若いうちから筋力をつけておくことが大事です。目元は、フェイスライン(あご)とほうれい線と同じくらい、顔年齢を示すのに大切な場所です。まぶたが下がって、目がぱっちりしていない…それだけで“老け顔”になってしまいます。目元の筋肉を普段動かす習慣が無いので、ますます筋力が低下していく。目周りの筋トレ以外で、働く女性が気をつけなければいけないのは「睡眠不足」「PCによる目の酷使」といった生活習慣。今回ご紹介するストレッチは、短期間でも目元の筋力をUPしてくれます。目元の老化を防ぐと同時に、目を大きく動かすので、普段溜まっている目の疲れも、スッキリ解消しますよ

 

下まぶた ハリつや

●下まぶたの筋肉を引き締め、ハリのある目元をつくります
●下まぶたのたるみを改善します

回 数:1日2回(朝・晩)8秒×5セット
鍛える筋肉:眼輪筋(下眼瞼・かがんけん)・口輪筋(こうりんきん)

ワンポイントレッスン
まぶしい顔をした時、下まぶたが硬くなっているかを、触って確認しましょう
スマイルワーク

(1) 口を軽く開け、鼻下を伸ばして目線を斜め上に向け、白目にしてとめます(8秒間)

(2) 下まぶたに指先を置き、まぶしい顔をつくってとめます(8秒間)
(3) ゆっくり元に戻します

 

次は、目元の血流を良くするための方法をいくつかご紹介します。目元は、皮膚が薄く、デリケートな個所なので、ゴシゴシ擦るなどの強い摩擦は全体にNGなので気をつけてくださいね。

(1)タオル温冷
温かいタオルで目元をぎゅーと軽く押さえた後、冷たいタオルで目元を軽くぎゅーと押さえる

(2)目の下揺さぶり
目の下に中指の指の腹を当てて、皮膚を揺さぶるように左右に動かす
(目頭からこめかみに向かって 4~5か所に分けて行う)

(3)眉つかみ
親指と人差し指で眉をつかむ
(眉頭からこめかみに向かって、4~5か所に分けて行う)

 

タグ :   

フェイシャルフィットネス 目もとケア

目周りの老化を早めないためのストレッチ

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

f83f8293af3d9cca5d5720e74737651e_s

目周りストレッチ

目の疲れもスッキリ!目周りの老化を早めないためのストレッチ

私は20代後半頃から、目元老化が始まりました。スキンケアで目元ケアをしても、何をしてもダメでした。そこで目の周りのストレッチをしました。目尻があがり、小じわが改善されました。目周りは、顔の中で最も筋力が弱い部分でもあるのです。年齢を重ねると、まぶたが下がってきたり、目尻が下がってきたり…と加速的に老化が進んでいきます。目周りは放っておくと、顔の中で最も早く老化が進行してしまうのです。目周りの老化を早めないためにも、若いうちから筋力をつけておくことが大事です。目元は、フェイスライン(あご)とほうれい線と同じくらい、顔年齢を示すのに大切な場所です。まぶたが下がって、目がぱっちりしていない…それだけで“老け顔”になってしまいます。目元の筋肉を普段動かす習慣が無いので、ますます筋力が低下していく。目周りの筋トレ以外で、働く女性が気をつけなければいけないのは「睡眠不足」「PCによる目の酷使」といった生活習慣。今回ご紹介するストレッチは、短期間でも目元の筋力をUPしてくれます。目元の老化を防ぐと同時に、目を大きく動かすので、普段溜まっている目の疲れも、スッキリ解消しますよ

 

目力を高める、目の周りのストレッチ

(1)閉じ目 眉上げ

●上まぶたの筋肉を鍛え、ハリのある若々しい目元をつくります
●上まぶたのたるみを改善します

回 数:1日2回(朝・晩)8秒×5セット
鍛える筋肉:眼輪筋(上眼瞼・じょうがんけん)

ワンポイントレッスン
眉毛は上まぶたがピンと張った状態まで引き上げましょう

(1) 目を閉じます
(2) ゆっくり眉毛を引き上げます

(3) 上まぶたがピンと張ったところで止めます(8秒間)
(4) ゆっくり元の状態に戻します

(2)目玉グーパー

●目まわりの血行を良くし、目元にはりを与えます
●目尻の小じわ、乾燥、くすみを改善します

回 数:1日2回(朝・晩)8秒×5セット
鍛える筋肉:眼輪筋(がんりんきん)
ワンポイントレッスン
目に力を入れる時は、眉間にしわを寄せないように気をつけましょう

(1) 目を閉じます
(2) 目に力を入れてぎゅっと閉じてとめます(8秒間)
(3) 目の力をゆるめます

(4) 目を開け、眉を上げ、目をぱっと大きく見開きとまめす(8秒間)
(5) ゆっくり元に戻します

 

タグ :    

フェイシャルフィットネス 目もとケア

気になる二重あご&首のシワの体操&スキンケア

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

a0002_009250_m

気になる二重あご&首のシワ、解消術

 実年齢が現れるのは「首、そして手の甲のシワ」といいますね。ここは体の中でも、ふとした瞬間によく見られています。どんなに顔を美しくしても、デコルテラインがもたついていたり、首にシワがあると、どうしても老けて見えてしまいます。首にあるシワ、それは顔で言う「大ジワ」です!デスクワークが多い働き女子のみなさんの中には、長時間、顔を下に向けて同じ姿勢でいる人も多いのではないでしょうか?首元の横ジワは、首の皮膚がたるんできたことが原因です。皮膚のたるみが引き起こす大しわです。顔以外にある、一番大きな老けジワといってもいいでしょう。首の皮膚は、顔と違ってほとんど乾燥しないので、原因は「首の皮膚のたるみ」に限ります。首のシワには保湿ではなく、とことん「引き上げ」が重要になってきます。二重あごにも同じことが言えます。二重あごの原因は、皮膚のたるみ+首元の脂肪。脂肪を解消するためには、やはり首の筋肉トレーニングが必要です。予防のために意識すべきことは、なるべく顎をあげて重力に逆らうこと。普段から首の皮膚をたるませず、かつ、上を向いて引き上げることが大切です。
首のシワ解消術(1) 「ス・シ」体操

1)両手を後ろに組みます
2)肩を後ろに引いて5秒間キープします

5カウントで目線を天井に向けます目線は天井方向に向けた状態で「す」の口で5秒間キープ
※「し」も同様に行います。ゆっくりと元に戻します※目線を天井に向ける時は、首だけを動かさず、肩を引いて胸を反らすようにしながら行いましょう。首だけを動かすと、首に負担がかかります。今回のワークは、「可能な限り重力に逆らってください!」

首のシワ解消術(2) スキンケアを首元にも

顔とデコルテラインは同じ肌でつながっています。スキンケア時も同じようにケアしてあげることを忘れてはいけません。顔に化粧水や乳液をつけるとき、必ず首元にもつけるようにしてください。また、日焼け止め、化粧水、乳液などを怠ると・顔との色ムラ・きめが粗くなるなど、顔とデコルテの皮膚の差はどんどん広がっていきます。デコルテラインも、人から見られる機会の多い部分。顔と同じようにケアをしましょう。

 

タグ :      

たるみ たるみケア

【顔のストレッチで改善】顔のむくみ・こりの原因は!!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

0-05

[顔のストレッチで改善】顔のむくみ・こりの原因は?

 

顔のストレッチで改善!顔の筋肉も疲労

顔のこりの原因の一つになるのが顔の筋肉に疲労がたまってしまっていることです。肩も疲労がたまることで肩こりをしてくるのと同様で、顔も筋肉が疲労することで肩こりになります。笑顔をよく作らなければいけない職業や喋る必要がとても多い仕事をしている場合に疲労がたまってしまいこりが発生します。

食生活はやっぱり大事です。水分の摂りすぎ、塩分・糖分の摂りすぎが結構主な原因。意外なのがストレス。自律神経が披露するんですね。豆知識として覚えておくのも良いですね。

 

顔のストレッチ効果

美肌や表情筋の筋トレ、引き締まった顔、など見た目の効果も絶大です。

美肌効果

お肌のハリを保ち高める方法に、顔のストレッチがあります。顔は、体の他の部分以上に、年齢とともにもっとも衰えが目立つパーツです。顔ストレッチなどのケアをすれば実際の年齢以上に若く見えたりします。

表情豊かに・そして引き締まる

顔のストレッチをすることで、表情筋が鍛えられて、表情が豊かになります。また、顔全体が締まってはっきりした顔立ちになり、肌のハリを保つことができます

ストレス解消

顔の筋肉がほぐれると、交感神経の緊張も和らぐので、ストレス性の頭痛にも効果があるのだそうです。

抜け毛予防など美容効果

頭皮の血行がよくなって抜け毛予防になる。ほうれい線が目立たなくなる。口角が下がりにくくなるといった美容効果も期待できるなど、まさにいいことづくめ。

 

顔のストレッチって女性に嬉しい効果がたくさんですね!

 

タグ :    

アンチエイジング

ストレッチをして小顔を目指そう☆続編2

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

0-13

これで小顔にすっきりできる!!ストレッチをして小顔を目指そう☆続編2

ストレッチをして、むくんだ小顔をすっきりさせよう☆朝起きたら、顔がむくんでパンパンということはありませんか?今回は、自分でできる小顔になるストレッチの方法をご紹介します。これで、むくんだ顔もすっきり解消して、あなたも小顔になれるチャンスですよ。

【小顔のストレッチ③】ポリバケツ体操

「ポ」「リ」「バ」「ケ」「ツ」と、それぞれ10秒間、声に出して言います。

目の周りや首筋など、顔全体の筋肉を使って行うと効果的です。

【小顔のストレッチ④】歯茎舌回し運動

口周辺の筋肉を刺激するエクササイズです。

やり方は、円を描くように舌先で歯茎をなぞるだけ。1周を1回として25回行い、終わったら逆回転で25回まわします。これを一日に2セット行うだけ。たるんだ頬のお肉や顎のお肉の引き締め効果が期待できます。

やってみての感想:最初は慣れないので、口周りが痛かったですが、慣れてくると口周辺がスッキリとしました。

 【小顔のストレッチ⑤】舌出し運動

特に二重あごなど首回りに効果のあるエクササイズです。やり方は、まず舌の先が自分で見えるくらいまで、舌を前に伸ばします。そのあと、舌を下、上、右、左、最後に左右にぐるっと1回転を、それぞれ5秒行います。舌の動きと一緒に、両肩も下に引っ張られているイメージで下げて5秒間キープするのがポイント。早い人は2週間で効果が実感できるそうです。

【小顔のストレッチ⑥】下唇突き出し運動

あご先のたるみを改善するエクササイズです。真上を向いて下唇を突き出し、3~5秒維持して、唇・顔の向きをゆっくり元に戻すだけ。あごの筋肉を鍛えることで、すっきりとしたフェイスラインを維持できます。

 

ストレッチをして小顔を目指そう!

 

 

タグ :    

フェイシャルフィットネス 小顔

ストレッチをして小顔を目指そう☆1

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

a0001_017430_m

これで小顔にすっきりできる!!ストレッチをして小顔を目指そう☆

ストレッチをして、むくんだ小顔をすっきりさせよう☆朝起きたら、顔がむくんでパンパンということはありませんか?今回は、自分でできる小顔になるストレッチの方法をご紹介します。これで、むくんだ顔もすっきり解消して、あなたも小顔になれるチャンスですよ

☆小顔になれる!「顔痩せ」ストレッチ☆

今回は、顔のむくみが気になる方に、小顔になるための「顔痩せ」ストレッチをご紹介します!

◇小顔になるためのポイント◇

顔の脂肪は、体の脂肪と異なり一度ついてしまうとなかなか落ちにくいため、日頃から顔の筋肉を意識的に動かすことが大切です。

【小顔のストレッチ①】ウイウイ体操

やり方はとっても簡単で、「ウイウイ」と言うだけ。ポイントは「ウ」「イ」という時に、口の筋肉の動きを意識すること。「ウ」でしっかり口をしぼめて、「イ」で思いっきり口角を上げます。これをゆっくり20回ほど続けます。顔の表情筋を口周りを中心に鍛えることができ、顔のたるみや、ほうれい線の予防に効果があります。

やってみての感想:【う】のときはお腹に力をいれて、息を吐きます。「い」の時は奥歯をかみしめないように、注意しましょう。やる前に、割り箸を横に加えて、口の形を覚えてからすると、よいと思います。

【小顔のストレッチ②】まいう体操

ウイウイ体操と同じ原理のストレッチ方法です。「ま」「い」「う」と、大きな口で声を出しながら言います。一言につき10秒を朝昼晩に5セット行います。ウイウイ体操と同様、発声する時に、顔が痛くなるくらいしっかり口を動かすのがポイントです。

 

タグ :    

フェイシャルフィットネス 小顔

安心してFXを始めることができる