敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

乾燥肌に効果的なスキンケアの基本~洗顔の注意、洗顔後は速やかに保湿、保水、クリームを!

読了までの目安時間:約 3分
0-23

知らず知らずに、日々のスキンケアが肌へのダメージとなっていることを自覚していない人は少なくありませんね。誤ったスキンケアで肌への負担を重ねている人がいることをご存知でしょうか?

正しいスキンケアができれば、乾燥肌への対策にもなります。

 

肌に負担をかけないように注意をしながら皮膚の清潔を保ち、適切な保湿ケアをすることがスキンケアの第一歩です。正しいスキンケアを継続して乾燥肌を改善しましょう。


 

タグ :           

乾燥肌

美肌になるための食事でスキンケアしましょう!

読了までの目安時間:約 3分
0-16

 

私も40才過ぎてから、食事に気をつけ始めました!野菜は好き嫌いはありません!何でも大丈夫です!魚はイワシ、サバ、アジ、サンマなどの青魚が大好きです!肉は一番鶏肉を食べます。あとは豚肉、牛肉は年に1~2回ほどしか食べません。自然と身体によい食品を食べるようになりました!美肌には、ほど遠いのでまだまだ努力していきます!

毎日どんなものを食べているかも、スキンケアと同じくらい、美肌を保つためには欠かせない要素であると言われています。美肌になるためにはどんなものを食べれば良いのでしょうか。

 

美肌効果が期待できる食事

 

美肌効果が期待できる食事としては、

  1. 大豆加工品があります。納豆、豆乳、豆腐などは、お肌にいいと言われています。特にお肌にいいのは豆腐で、鍋に使ったり、サラダに入れたりと、多様な使い方ができることも魅力的です。
  2. 美肌やスキンケアのためにはビタミンを摂ることもとても大事なことです。お肌のためには、野菜のサラダが効果的だといいますが、生野菜ばかり食べていると、美肌には逆効果です。加熱していない野菜でつくるサラダは、重さの割に体積があるものです。生野菜は体温を下げ、臓器の働きに負荷をかけることがありますので、美肌にいいとは言えません。美肌のためのスキンケアにおすすめなのは蒸し野菜などの温かくてヘルシーな食事です。
  3. ブロッコリーやにんじん、カボチャなどをレンジで温めることで、手軽に蒸し野菜をつくることが可能になります。近年は、シリコンスチーマーといったレンジと相性のいい用具もありますので、簡単に料理をすることができるようです。ドレッシングなどもいらないくらい野菜の甘みが出るので美味しく食べられるでしょう。
  4. きれいなお肌になるためには、スキンケアも重要ですが、美肌にいいものを食べて、肌質を改善していきましょう。

 

タグ :         

美肌

【乾燥肌のスキンケア】~冬に乾燥肌が増える理由は!

読了までの目安時間:約 3分
454082

スキンケアの大事なことは、肌タイプを考慮することです。

 

肌タイプには、脂性肌、乾燥肌、普通肌、混合肌などが存在します。

私も乾燥肌ですが、乾燥肌と言うのは、他の肌質に比べて、一番肌荒れなど肌トラブルを起こしやすいので、特に注意が必要です。では、なぜ乾燥肌と言うのは一番肌荒れなどの肌トラブルを、起こしやすいのでしょうか?

 


 

タグ :      

乾燥肌

60才からの毎日のスキンケアポイント !

読了までの目安時間:約 4分
144724

60才からの毎日のスキンケアポイント 

 

シミ・シワ・たるみを防ぐには・・・
ターンオーバーも遅く、敏感になり、一度トラブルがでてしまうと、なかなか元に戻らなくなりがち。

紫外線・雑菌・乾燥・ほこり・・・

日ごろから肌は様々なダメージを受けています。キレイな健康素肌も、毎日のスキンケアという基礎があってからこそ。シミ・シワ・たるみを防ぐには・・・とにもかく 【毎日の保湿ケア】 が大切です!

--------------------------------------------------------------------------------

うるおいは美肌の基本

毎日のうるおいケアをおろそかにすると後悔することに。美肌の土台づくりは【毎日の基本的なお手入れで十分に行われます】洗顔、水分補給、保湿。この3ステップケアを毎日ていねいに行えば充分。

特に、保湿成分でおすすめなのはコラーゲン

コラーゲンはお肌の弾力成分で、お肌の表面にコラーゲンです。ヴェールの」膜を作り、お肌を守ってくれます。

 

朝の上手なスキンケア

 

STEP1:お肌をリフレッシュ
朝は、きめ細かな泡立ちのウォッシュパウダー またはシルキーソープでなで洗い。

就寝中に排出された余分な皮脂や古い角質をやさしく取り除きます。

STEP2:肌の内部からうるおす
洗顔後は保湿効果の高いヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン等を贅沢に配合したリフレッシャーローションでお肌を内部からしっとり潤します。

STEP3:肌の内部からうるおす
さらに、水溶性コラーゲン100%エッセンスで表面にコラーゲンヴェールの膜を作り水分蒸発を防止。日中の厳しい乾燥・ダメージからお肌を守ります。

 

夜の上手なスキンケア

 

STEP1: 濃密な泡洗顔 、お肌をリフレッシュ
夜は、ウォッシュパウダーの濃密な泡でていねいに洗顔を行います。パパイン酵素の働きで、メイクや大気の汚れをしっかりオフしリフレッシュ。

ポイント:帰宅したらすぐに洗顔!

お肌の汚れをできるだけ早くオフし、肌を清潔に保ちます。【お肌にやさしい泡洗顔でなで洗いを行うこと】たっぷりと泡立てたキメ細かい高密度の泡で、桃を触るようにお肌をやさしくマッサージするように洗います。また、洗顔では洗顔料の泡をお顔にのせる時間を30秒以内の短めに!

スキンケアの基本は洗顔です。その日のうちに汚れをやさしく取り除くことが美肌をつくるコツです!

 STEP2:肌をリセット
洗顔後すぐに、リフレッシャーローションで潤いを満たします。

洗顔後、保湿効果の高いローションで、お肌を内部からしっとりうるおすことが大切です。あごからしたたるくらい、たっぷりとローションしましょう。

水分と脂分のバランスを整えることでお肌のバリア機能が高まり、ざまざまなダメージからお肌を守ることが可能です。
オススメはヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲンを贅沢に配合した化粧水

 

STEP3:保湿、そしてダメージの回復
そして仕上げは、水溶性コラーゲン100%エッセンス。保湿力が高いのに通気性が良いコラーゲンヴェールがうるおいを保ち、お肌を守ります。 翌朝に疲れを持ち越しません。

 

 

タグ :              

スキンケア

『しみ・しわ・皮膚の老化の7~8割が紫外線のダメージ‼』夏のスキンケア「日焼けしない徹底UV対策」~NHKより!

読了までの目安時間:約 3分
407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

間違っていませんか?夏のスキンケア「日焼けしない徹底UV対策」

 

私も還暦を迎えたばかりですが、シミ、しわ、たるみが出てきてスキンケアには、気をつけています。今日は紫外線の影響からシミ・しわなどの皮膚の老化などを調べてみました。

 

『紫外線の影響』
皮膚の表面にある「表皮細胞」は、「角質細胞」に変化してはがれ落ちることで生まれ変わっています。そのため、日焼けをしても数か月すれば色素の沈着は目立たなくなります。しかし、皮膚の色が元に戻っても、紫外線によるダメージは細胞に蓄積されてしまうのです
とくにしみやしわといった皮膚の老化の7~8割は、紫外線のダメージによるものだと考えられ、皮膚がんの原因にもなります。

 

『日焼けやしみは何故起こるの?』
紫外線には主にUVA(ユーブイエー)とUVB(ユーブイビー)の2種類があります。日焼けに深く関わっているのはUVBです。UVBが皮膚の基底層に到達すると、メラノサイトという細胞がメラニン色素をつくりだします。メラニン色素が黒っぽい色をしているため、紫外線が当たると皮膚が褐色になります。これが日焼けです。
日焼けは数か月で目立たなくなりますが、紫外線によるダメージは蓄積され、やがてUVBが到達しなくてもメラノサイトがメラニン色素を作り続けるようになります。これによりしみができます

 

 

『紫外線を防ぐためには』
紫外線から皮膚を守るには、「朝から日焼け防止剤を塗る」「衣服や日傘などを活用する」といったことを習慣にするとよいでしょう。日焼け防止剤は、一度塗っても汗で流れたり効果が弱くなるので、2~3時間おきを目安に塗り直します。首の後ろ、手の甲、耳などは塗り忘れしやすい部分なので注意が必要です。また、衣服は白よりも色もののほうが紫外線を遮る効果が高くなります。帽子やサングラスなども活用しましょう。
日焼けをした場合には、適切な対処が必要です。軽度の日焼けならば、まずは保冷剤などで冷やしてください。ほてりが治まったら保湿剤を塗っておきます。水ぶくれができるなど重度の日焼けの場合は皮膚科を受診するようにしましょう

(NHK今日の健康より。)

 

タグ :             

しわ 紫外線

冬の乾燥肌、スキンケア

読了までの目安時間:約 2分
0-18

毎日のスキンケアは、肌の健康のために欠かせません。冬は特に乾燥肌に近くなって、スキンケアが重要になる人もいます。まず、冬になると外気も低くなり、空気自体が乾燥してきます。乾燥した空気にいつも触れているとお肌も、いくらスキンケアをして潤いがあっても、蒸発しやすいので、乾燥肌になるのです。また、寒くなるとどうしても家にこもりがちになったり、あまり発散する場所がありません。運動不足、仕事や人間関係でのストレスなども、乾燥肌の原因といわれています。ストレスとは、様々な疾患の原因になっているといいます。肌のトラブルとは、にきびや肌荒れであり、これらがストレスと結びつくことはよくあります。肌トラブルが悪化すると、毎日きちんとスキンケアをしているのに、肌がきれいにならなかったりします。ストレスが蓄積しないようにすることが、冬のスキンケアのポイントです。そして、お肌にあった化粧品を使って、スキンケアをする事が大切なのです。乾燥肌といっても、スキンケア用品の成分によって合う、合わないがあります。それに、乾燥肌でも冬になって、肌がさらにダメージを受けてしまっている場合だと、どのスキンケア化粧品も合わないと言う事がおきます。ですから、冬になってスキンケア化粧品が合わないなんて事にならないようにする為には、早めの冬の乾燥肌対策が必要です。冬前から肌のコンディションに気を配り、肌の保湿力を高めるようなスキンケアを行っていくといいでしょう。乾燥肌予防でなくても、毎日のスキンケアでお肌をいたわることはとても重要ですので、肌のお手入れは普段からきちんとしておきましょう。

 

タグ :   

乾燥肌

カサカサがプルプルに!素肌力アップ秘技

読了までの目安時間:約 3分
スキンケア

お手入れが逆効果になる時も?

またお手入れもう一つの落とし穴が、こすりすぎです。洗顔などのとき、顔をゴシゴシこすることは、毛穴や汗腺を中心に、炎症が起こすおそれがあるのです。炎症が起きると、角層の細胞が増殖するスピードが速まって、核が消えない未熟な細胞ばかりが増産されることにつながります。先ほどの、皮膚の乾燥も、正常に細胞間脂質が分泌されない未熟な細胞を育てる要因です。つまり、水分を過度に与え過ぎ、こすりすぎ、といった自己流の誤ったお手入れが、素肌の力を弱める原因となるのです。

 

※蒸しタオルは、
くまやくすみなど血行不順が原因の肌トラブルには効果があると考えられています。ただし、毎日行うと、毛穴が収縮しなくなったり、赤みの原因になったりいった肌トラブルにつながるおそれがあります。蒸しタオルを行う場合、医師は、週1、2回の使用にとどめることをすすめています。

 

超簡単!カサカサ解消大作戦

では、カサカサを解消し、うるうる素肌を目指すためにどうしたらいいのでしょう?

次の3つのことが大切であると専門家は考えています。

 

1、皮膚をこすりすぎない。
こすりすぎは皮膚の炎症につながり、カサカサを招くだけでなく、肝斑(かんぱん)というシミの原因にもなります。こうしたこすりすぎによる肌トラブルをさけるために、泡洗顔を紹介しました。
2、1日2回保湿する。
朝晩、1日2回保湿剤を塗布することをプラスしただけで、肌の水分量が3倍になったという報告があります。すでに粉がふくなどカサカサしている場合は、
炎症を伴っている乾燥なので、刺激成分が少ない敏感肌用の保湿剤を使用することをおすすめします。

※乾燥が気にならない場合は、無理に塗布する必要はありません。

 

3、ときにはお手入れをお休みする
もしかしたら、あなたの誤ったお手入れが、乾燥を招いているかもしれません。ときには、毎日のお手入れをお休みして、顔や体のどの部分が本当に乾燥しているのか、また何が乾燥の原因なのか、見極めることも大切です。

※夏場も乾燥している場合、アトピー性皮膚炎など疾患によるカサカサの可能性もあります。その場合は、皮膚科を受診してください。

(ためしてガッテン)より。

 

タグ :           

乾燥肌

【スキンケア】60代からのスキンケア~健康な素肌をいつまでも保つためには!朝、夜のお手入れ!

読了までの目安時間:約 5分
0-31

60代からのスキンケア ~健康素肌を保つために~

 

60代からの基本スキンケアについて、大きなポイントを。スキンケアを頑張っている方へ、少しでも励みになれば幸いです。

 

シミ・シワ・たるみを防ぐには・・・
ターンオーバーも遅く、敏感になり、一度トラブルがでてしまうと、なかなか元に戻らなくなりがち。紫外線・雑菌・乾燥・ほこり・・・

日ごろから肌は様々なダメージを受けています。キレイな健康素肌も、毎日のスキンケアという基礎があってからこそ。シミ・シワ・たるみを防ぐには・とにもかくにも 【毎日の保湿ケア】 が大切です!

 

 

うるおいは美肌の基本

毎日のうるおいケアをおろそかにすると後悔することに。かといって、特別なケアは必要ありません。美肌の土台づくりは、【毎日の基本的なお手入れで十分に行われます】洗顔、水分補給、保湿。この3ステップケアを毎日ていねいに行えば充分。特に、保湿成分でおすすめなのはコラーゲン。

コラーゲンはお肌の弾力成分で、お肌の表面にコラーゲンヴェールの膜を作り、お肌を守ってくれます。


 

タグ :      

スキンケア

できてしまったほうれい線を消すための改善策は?

読了までの目安時間:約 4分
018

 

できてしまったほうれい線を消すための改善策は?

 

できれば、ほうれい線が目立つ前に何とか防ぎたいものですが、多くの女性は「できてしまったほうれい」で悩んでいますよね。

既にできてしまったほうれい線を解消するには時間と手間がかかるものです。とはいえ、毎日コツコツと努力することで、効果が現れやすいのがほうれい線ケアの良いところでもあります。

ここでは、そんなほうれい線解消のための方法について紹介いたします。

 


 

タグ :      

ほうれい線

安心してFXを始めることができる