敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

美白ケアに役立つ化粧品の効果&シミの種類は!!

読了までの目安時間:約 2分
607e57b22eb57cd8d6821a0c4c209453_s

美白ケアに役立つ化粧品の効果&シミの種類は!

 

多くの女性にとって肌のシミは悩みの種となっています。きれいな肌でもシミがひとつあるとそれだけで台無しになってしまいます。私もしみが出来やすいので気をつけています。今日はシミ対策とシミの種類をご紹介します。

 


 

タグ :     

しみ

顔のシミと肝斑~ホルモンバランスの崩れからくる!

読了までの目安時間:約 2分
0-05

私も昨年、還暦になりしわ・しみ・たるみと肌の悩みは尽きないです。今日は肝斑について調べてみました。ホルモンの分泌が原因となってできた顔のシミには、肝班と呼ばれる種類のものがあります。顔の肝斑というのは、目の周辺や頬のあたり、おでこ、鼻の横などに左右対称にできる薄めのシミの事です。

 

1、肝斑は普通のシミとは違って、シミの線がはっきりとしないのが特徴です。ホルモンの活動が関係しているので、肝班は濃く出たり、薄くなったりと症状が変化します。

 

2、肝班ができる対象は主に女性で、30代以上や、避妊薬を飲み薬として飲んでいる人や、妊娠している人も該当します。肝班に対しては、レーザーを使ったシミ治療をすることはできません。人によっては、シミがより濃くなってしまうことがあるためです。

 

3、肝班ができた場合は、飲み薬による治療が一般的です。トラネキサム酸という薬が用いられており、これはもともとは止血剤として使われていたものを錠剤にしたものです。

 

4、肝斑は紫外線が原因で出来るシミとは異なり、ホルモンバランスの崩れからくるもです。バランスが崩れるとプラスミンという情報伝達物質が分泌されて、メラニンの生成を活発にさせてしまいます。メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸を利用することによって、肝班がお肌にできないようにするという仕組みです。

 

◆シミができるプロセスは人によって違います。そのプロセスに合わせた治療方法が必要です。どんな性質のシミが顔にできかを見極めた上で、そのシミに合った治療方法でシミ治療に取り組んでいくといいでしょう。

 

タグ :      

しみ

【美白ケア】、圧倒的な悩みはシミ!40代に効果的な美白ケア

読了までの目安時間:約 3分
0-76

40代の美白ケア、圧倒的な悩みはシミ!

 

40代に入ると皮脂の分泌量が減るため、ニキビや吹き出物、毛穴の開き、テカリなどの悩み少なくなり、多くなるのがシミやくすみや色むらといったもの。老人性色素斑や炎症性色素沈着、肝斑やそばかすなど、多くの種類があるシミですが、40代に効果的なケア方法を紹介します。

 

美白を目指す40代は「シミ」対策が大事

●40代の悩みのシミの種類とその予防・ケアを知りましょう。「シミにはビタミンCでしょ」と思いこんでいる方もいますが、それだけでケアできるものでもありません 最適なケア化粧品を選ぶためにも、原因などもきちんと知っておきましょう。

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

老人性色素斑

〈原因〉

●シミの中でもっとも多く、これは紫外線の影響でできるシミです。日光性黒子とも呼ばれています。紫外線が大きく関わるものなので、若い頃に浴びた紫外線によってメラニンが増え、シミの原因になります。

 

●紫外線によって細胞のDNAが傷つき、そのダメージが蓄積され、肌の構造そのものが変性してしまうこともシミの原因になります。

〈予防・対策〉

美白化粧品でメラニンを減らすためのケアだけではなく、日ごろから徹底した紫外線対策を行うことも大切です。紫外線は冬でも曇りの日でも降り注ぎます。洗濯物を干す、ゴミを出しに行くといったちょっとの外出時でもUVケアは行いましょう。また、紫外線カット効果のあるBBクリームなども取り入れるのも手軽でオススメです。

 

肝斑(かんぱん)

 〈原因〉

30代後半から突然できはじめたシミは肝斑である可能性が高いです。女性ホルモンの乱れが大きく影響しています。

頬骨を中心に左右対称にできやすく、薄い茶色や灰色をハケなどでスッと塗ったような広範囲のシミです。

〈予防・対策〉

●規則正しい睡眠やバランスよい食事を心がけて、女性ホルモンのバランスに気を使いましょう。肝斑は紫外線で悪化することもあるので外出時は日傘や帽子などで紫外線をカットしましょう。

 

●改善法で有名な成分はトラネキサム酸で、飲み薬も販売されています。美容皮膚科ではアルブチン、コウジ酸、ハイドロキノンなどの成分がよく用いられています。

 

タグ :         

しみ

どうしてシミの症状が起こるの?(主な原因は紫外線) シミの種類は?

読了までの目安時間:約 4分
0-10

こんにちは。秋晴れの日々がつづいていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?今日はしみの原因などについて、調べてみました。

 

【原因】どうしてシミの症状が起こるの?

シミの原因とメカニズム

 

●シミができる主な原因は紫外線です。長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け(光老化)、皮膚細胞の再生能力が低下、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまいます。またたばこやストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やします。この活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンの過剰産生を起こしやすくします。不規則な生活や過労などで血行が悪くなっても、メラニンの排出が遅れてしまいます。

 

シミとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したもの。紫外線を浴び続けることでできる「日光黒子(老人性色素斑)」がもっとも一般的ですが、子供の頃からみられるソバカスや、ホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑」というシミもあります。

【シミの種類】

「シミ」とは、薄茶色や濃褐色の色素が肌にあらわれるもので、大きく次の4つに分類されます。

 

日光性黒子、老人性色素斑

多くのシミがこのタイプ。日光性黒子、老人性色素斑とも。淡褐色~濃褐色の色素斑で、顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多い。特に中年以降に増え、主に紫外線が原因とされる。

 

 雀卵斑(じゅくらんはん)

いわゆる"ソバカス"。直径数ミリ以下の丸い斑点のような顔に生じる茶褐色の小さな斑点で、頬や鼻の周りなどに多く出る。遺伝性が強く、3歳ごろから見られ、思春期に特に目立つようになる。

 

炎症後色素沈着

やけど、ニキビ、化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治った後に生じる褐色のシミ。年齢・性別・部位に関係なくできるが、時間とともに徐々に薄くなることが多い。

 

肝斑(かんはん)

女性の顔に多く生じるシミで、妊娠・経口避妊薬などにより誘発あるいは悪化するので、女性ホルモンが関連して発症するといわれる。紫外線で少し悪化する。薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的。高齢者ではほとんど見られない。また、レーザー治療で悪化するといわれている。主な原因はホルモンバランス。

 

隠れた病気があることも

たかがシミ、痛くもかゆくもない…と軽く考えていると思わぬ病気が潜んでいることも。シミに似た症状が出る病気として、「表在型基底細胞癌」「悪性黒色腫(悪性黒子)」などの皮膚癌、体内に摂取された薬剤によってできる「固定薬疹」、「ボーエン病」などがあります。
胸・腹・背など、日光に当たらない部位に発生する、シミの中にただれができる、徐々に盛り上がってきた、発熱を伴うなどの症状が出てきたら、すぐに専門医を受診しましょう。

 

タグ :          

しみ

安心してFXを始めることができる