敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

敏感肌【アトピー性皮膚炎で悩んでるあなたに】乾燥肌・汗対策、効果的な保湿の方法!おススメのスキンケア!

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク

0-76

 

アトピー性皮膚炎に対するスキンケア

 

春や秋は、花粉症で悩み、冬はかゆみや湿疹で悩みます。

今回は、湿疹や痒みの起こる肌を上手にケアすることも、アトピー性皮膚炎の予防と治療に効果的です。

アトピーの主な原因の中には、乾燥肌、衣服の素材、汗、引っ掻き傷や皮膚にいる細菌など、肌にかかわるものも多いのです。スキンケアは、特に傷んだ皮膚をケアしたり、乾燥肌に保湿剤を使ったりします。

 


 

タグ :              

アトピー性皮膚炎

【アトピー性皮膚炎で悩んでるあなたに】アトピー性皮膚炎の薬&生活面で気をつける事

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク

0-05

 

アトピー性皮膚炎の薬

アトピー性皮膚炎は遺伝的な要素も含まれていたりするので、アトピー性皮膚炎そのものを完治させる薬は存在していません。
症状を抑える治療が原則となります。

 

2009年の日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドラインによれば

アトピー性皮膚炎の炎症をおさえる外用薬は2種類、ステロイド外用薬とタクロリムス軟膏があります

 

 


 

タグ :      

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎どうして症状が起こるの?

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

018

こんにちわ。今日も秋晴れの気持ち良い天気になりました。今日はアトピー性皮膚炎の原因について調べてみました。皆様も暇なときに、ぜひ目を通してくださいな。

 

アトピー性皮膚炎は、どうして症状が起こるの?


アトピー性皮膚炎の原因についてはまだ解明されていないこともあります。

 

○ 皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態に、アレルゲンの侵入(ダニ・ほこり・食べ物など)。

 

○ストレスなどの多様な環境的要因。

 

○原因や症状には個人差があり、症状を悪化させる要因も人それぞれ異なるのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

 

かゆみを伴う湿疹を繰り返すアトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎とは

日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。
「かゆみのある湿疹」

「よくなったり悪くなったりを繰り返す」

「アトピー素因を持つ」

という3つがアトピー性皮膚炎の特徴といえるでしょう。

 

アトピー素因とは?

(1)本人または家族が、アレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎など)を持っていること、

 

(2)アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質を持っていることをいいます。
アトピー素因とは「アレルギーを起こしやすい体質」と考えるといいでしょう。

主症状は「アトピーならでは」のかゆい湿疹

 

●湿疹や皮膚の状態、できる部位などに特徴がある

アトピー性皮膚炎の症状としては、「かゆみがある」「特徴的な湿疹と分布」「繰り返す」という3つがあげられま

す。

●原因が一つとは限らない「多因子性」の病気

アトピー性皮膚炎の原因には、アトピー素因やバリア機能が低下している皮膚状態などの「体質的な要因」と

アレルギー症状を起こす物質(アレルゲン)や皮膚への外部刺激など「環境的な要因」があります。
体質的な要因と環境的な要因が重なったときに、皮膚炎の症状があらわれると考えられます。

ただし、アトピー性皮膚炎の増悪原因や症状は人によってさまざまです。これはアトピー性皮膚炎が、一つだけでなくいくつもの要因が重なって影響する「多因子性」の病気であるためです。

 

 

タグ :      

アトピー性皮膚炎

赤ちゃんの乾燥肌、アトピー対策と保湿スキンケアの方法

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

a0027_002347_m

 

赤ちゃんの肌は、皮膚の機能が未熟なので、乾燥やほこりなどちょっとした刺激にも敏感に反応します。一方で、赤ちゃんはとても汗っかき。小さな体でも、汗腺の数はすでに大人と同じだけ持っています。赤ちゃんの毎日は、よだれ、食べこぼし、おむつのムレなど、。こういった事が重なることで、肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなります。一度起こると治りにくい赤ちゃんの肌トラブルは、正しい知識を得て、適切なケアを心がけてあげましょう。

 

赤ちゃんに多い肌トラブルの症状と原因

赤ちゃんに多い肌トラブルのうち、代表的なものは、「乳児脂漏性湿疹」「アトピー性皮膚炎」「おむつかぶれ」でしょう。

 

【1】「乳児脂漏性湿疹」は、頭やほほ、おでこなどにできます。新生児期から3か月くらいまでの赤ちゃんにできます。ママのお腹の中にいたときに受けた女性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が非常に活発。その“脂が漏れる”ことが、乳児脂漏性湿疹の原因になるのです。

 

【2】赤ちゃんの「アトピー性皮膚炎」の症状が現れるのは、ほとんどの場合、生後4か月以降。こちらは、なんらかのアレルギーが関連していると考えられており、ダニやほこり、食べ物や水、空気、化学物質など、現代人の生活環境も影響しているといわれています。

 

【3】「おむつかぶれ」は、皮膚がこすれあい、ただれてしまう症状です。おしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れることもあります。おむつの中はムレやすく、おしっこやうんちなどの分泌物も刺激になりがち。うんちをふく時の刺激も、皮膚の炎症を引き起こす原因となります

 

赤ちゃんの乾燥肌、アトピー対策と保湿スキンケアの方法

 

◆毎日入浴し、汗や汚れを落とす

清潔にして、毎日入浴して、トラブルの原因となる、余分な皮脂や汗、汚れを洗い流してあげましょう。

洗浄剤を使う時には、肌にやさしいものを使用しましょう。ただし、ゴシゴシとこするように洗うと肌への刺激になるので、手でやさしくなでるように洗いましょう。

 

◆十分な保湿を心がける

皮脂を落とした後、そのままにしておくと肌は乾燥してしまいます。汚れを落とした後は、保湿力の高いスキンケアアイテムでしっかりと保湿をしてあげましょう。

 

タグ :        

赤ちゃん

安心してFXを始めることができる