敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

季節で変わる日焼け対策~真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

0-03

季節で変わる日焼け対策
日焼け対策は、肌をきれいにし続けるためには欠かせないものです。紫外線からお肌を守るためには、季節を問わずいつでもケアをすることです。真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう。

 

季節で変わる日焼け対策

 

  1. 紫外線は5月くらいから増加し、6月には真夏並みになります。春のうちからきちんと日焼け対策をしておかなければ、お肌にダメージを与えてしまいます。
  2. 夏の日焼け止めクリームは、取れやすいことも覚えておきましょう。汗をかくと、クリームが汗に溶けて剥がれてしまいがちです。普段の生活の中でも、3、4回はつけ直す習慣をつけるといいでしょう。
  3. 紫外線を遮断する効果が強いクリームを一度だけつけるより、弱めのものでも何度かつけ足していく方が、有効だといいます。わずかずつしか日焼け止めクリームをつけないでいると、効果が薄くなります。
  4. つけ忘れがちなのが顎の下部分です。紫外線はあちこちからはね返る性質がありますので、あごの下も油断できません。夏ほど強くなくても、年間通して紫外線は皮膚に届いています。紫外線が弱い季節でも、うっかりとすると日焼けをしてしまうでしょう。
  5. また、冬は紫外線が強くないですが、お肌の紫外線への耐性も弱っている状態です。そのため、春に紫外線量が急速に増加すると、夏以上に皮膚にダメージを被ることになります。紫外線から肌を守るクリームやメイクは、年間を通じて行うことで、日焼け対策効果が得られます。

 

タグ :   

紫外線

『紫外線対策』~7、8月の暑い季節の紫外線対策は!!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

4b3afae6629dd512396d02cbda93491a_s

7、8月の暑い季節の紫外線対策は!!

 
暑い季節になると女性が気になること言えば紫外線からくるお肌のシミやトラブルです。紫外線の対策をすると、色々な肌トラブルを回避することが可能です

 

  1. 紫外線対策の基本→太陽光と共に紫外線は降りそそいでいますので、肌に直接日の光が当たらないようにすることです。
  2. 色の濃いもの、黒に近いものは紫外線を吸収する作用があり、肌への到達を防ぎます。ビニロン、ポリエステル、羊毛でできた衣服を身につけることによって、紫外線を肌から守ることができるといいます。羊毛などの繊維で作られている服であれば、網目が粗い物よりも細かい物の方が紫外線の対策としての効果が高くなります。
  3. 紫外線の対策については、数字としては紫外線を遮る率が高いという事は言えます。紫外線を遮るからといって、濃い色の服や、化繊の服を着ていればいいかというと、夏には向かないものもあります。暑い日に、我慢して厚手の服装をしていると、日本の夏の場合は熱中症などのリスクも生じます。
  4. 気温が高く、夏の暑い日は、羊毛やポリエステルの目の細かな服は合いませんし、色が濃い服も、夏に合わない服装になってしまう可能性も高いといいます。ビニロンは年間を通じて使われている素材ですが、頑丈で吸水性がいいため、作業服の素材としてよく使われている半面、ファッション目的で着るということは滅多にありません。
  5. 最終的には、紫外線対策とファッションや実用性のどちらを取るかという話になり、そこが女性としてのセンスが試されるところでも有ります。

 

タグ :    

紫外線

夏に受けた紫外線のダメージを残さないようにしっかりケアをしよう!!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

 

8月も終わりに近づくと暦の上ではもう秋です。この時期は、体にたまった夏の疲れが現れ始める時期です。体だけでなく、肌もカサつきがひどい、ごわごわする、などさまざまなトラブルが現れやすくなります。そのような肌の不調を見逃してはいけません。

 

夏に受けた紫外線のダメージを残さないようにしっかりケアをして秋を迎えましょう。

 

夏に浴びた紫外線のダメージが一気に現れる8月~9月!!

 

秋になると、紫外線の量も落ち着いてきますが、8月の終わりから9月にかけての時期が一年で最も肌が黒くなる時期だと言われています。これは、この時期に肌に蓄積した紫外線のダメージが一気に現れるからです。

  • 紫外線のダメージと言えば、しみ、そばかす、くすみというイメージがありますが、紫外線が引き起こす肌トラブルはこれだけではありません。真皮にまで届く紫外線、UVAはコラーゲンやエラスチンを変性させる作用があるので、しわやたるみなど光老化を引き起こします。
  • 夏の肌は老化を加速させると言われているように、紫外線は肌にさまざまなダメージを与えているのです。

 

スキンケアで肌に潤いを

 

  • ケガをしても自然に傷が治るように肌には本来修復機能があります。しかし、修復機能は、加齢やストレス、外部からの刺激により衰えていくので、紫外線による肌のダメージを修復するためにはスキンケアで肌に潤いを与え、サポートをする必要があります。
  • 角質が厚くなり、ごわごわになっている肌は、まずピーリングやゴマージュなどで角質を取り除きましょう。そして、スキンケアを受け入れる土台ができたところで化粧水で肌に潤いを与えましょう。
  • 保湿効果が高い化粧水で肌に潤いを与えてからクリームやオイルなど油分を与えると効果的です。化粧水とクリームの間に美容液やゲルを使用するとよりバリア機能を高めることができます
  • 角質が落ち、肌が潤いを取り戻すとターンオーバーも正常になり、健やかな肌を保つことができます。紫外線ダメージを受けた肌のケアを行うことが8月のスキンケアの重要なポイントです。

 

タグ :        

紫外線

紫外線がなぜしわやシミの原因になるのか?

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

紫外線対策とシミの原因について

 

紫外線が多くなる季節、きちんとした紫外線対策がシミやしわのないきれいなお肌を維持する為にも必要です。紫外線対策をする為には、紫外線がなぜしわやシミの原因になるのかについて理解しておくことをおすすめします。

 

紫外線がなぜしわやシミの原因

 

  1. 人間の皮膚には、メラノサイトという細胞があります。その細胞は長時間紫外線を浴びると、肌を刺激から守るためにメラニン色素を生成します。メラニン色素が生成されると、肌に照射された紫外線はメラニン色素の黒い部分で遮られます。
  2. 元々は肌を守るために生成されたメラニン色素です。ただし、作られすぎたメラニン色素は皮膚に沈着しくすみやしみになることがあります。肌はターンオーバーによって再生し、生まれ変わっていますが、肌が再生される際に使われたメラニンは一緒に外に排出されます。
  3. メラニン色素が多すぎると、通常のターンオーバーでは排出されずに肌に残ってしまうことになり、シミの原因になっていまします。紫外線が皮膚に照射されても、すぐにしみにはなりません。メラニン色素かシミになるまでにはしばらく日数がかかります。
  4. 季節が夏から秋や冬に移り変わり、日焼けしいた肌の色が元に戻る頃になると、肌のシミがはっきりするようになります。後になって後悔しないように、普段から紫外線の対策をきちんとすることが大切なのです。

 

◆お肌が紫外線でダメージを受けることがないように、紫外線がさほど強くないように見える時から、きちんと対策を講じておくことが肌のためになります。

 

タグ :    

紫外線

【美白ケアと紫外線】~美白ケアで大事な点

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

281959

紫外線の強くなる季節が終わりに近づく頃にようやく肌のシミを気にするようでは、美白ケアには到底追いつくことはできません。何をすれば美白になるのか、正確なところを把握している人はどのくらいいるでしょう。

 

美白ケアで大事な点

 

  1. できるだけ紫外線に肌をさらさないように、きちんと紫外線を予防することです。紫外線対策効果があるとうメイクをつけたり、
  2. サプリメントで美白にいい成分を摂取することも効果的です。紫外線からお肌を守るためには、日焼けどめクリームをしっかりつけ、すっぴんのまま太陽光の下に行かないことです。
  3. ベランダで洗濯物をハンガーにかけているときでも、紫外線が当たりそうな環境であれば、日焼け止めクリームを使いましょう。ほんのちょっとの間だから甘く考えていると、しばらく後に紫外線の皮膚への影響がシミになって出てきて、美白が難しくなってしまうでしょう。
  4. 美白効果を得るためには、毎日コツコツとお肌のケアをすることです。美白商品と一緒に、紫外線対策の様々な商品は、季節商品としてお店でよく見るようになります。紫外線カット効果があるメイク用品を使い、普段から美白ケアに力を入れることで、肌の状態はかなり変化があります。
  5. 美白などにいいといわれる成分を抽出したサプリメントも人気です。日頃の食事だけでは足りなくなりやすいビタミンやミネラルを、サプリメントで補給することは体のためにもなります。美白ケアの行き届いた肌で、年をとってもなおしみを寄せつけない状態にするためには、毎日の心がけが大切になるのです。

 

タグ :      

紫外線

【日焼けの種類】 サンタン サンバーン~日焼けのデメリット・メリットは!!

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク

451603

 

◆皮膚の炎症やメラニン色素の沈着が紫外線を浴びることで、皮膚の日焼けがおきてしまうといいます。

 

◆また、通常は日光によって皮膚の炎症やメラニン色素の沈着が起きますが、人工の紫外線でも日焼けと同様の効果が得られるものもあります。

 


 

タグ :    

紫外線 日焼け 紫外線

【日焼けのデメリット】 しみやしわ、たるみなどは紫外線による光老化が原因!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

92b3790efb7135b10ee67c410a7fb0ee_s

日焼けのデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

肌の日焼けを紫外線によってすることであるデメリットとはどんなものなのでしょう。

かつては子どもは小麦色になるくらい日焼けしたほうが丈夫に育つと言われていました。日焼け対策は小さい頃からがしっかりすることが大切ということが最近ではよく言われています。

 

  1. さまざまな健康上のトラブルを日焼けが引き起こすこと場合があるのです。
  2. よく耳にする日焼けによるデメリットは、しみやしわが肌に増えてしまうことです。原因は加齢だけではく、年をとるとしみやしわが多くなると言いますが他にも要因があります。紫外線によって長期間積みかさなった紫外線の影響が、年齢を重ねると同時に目に見える形で表面に出てくるのです。
  3. お肌のしみは、メラニン色素といって日焼けなどでつくられるものが原因です。若いころは、新陳代謝が活発なので、メラニン色素ができても古くなった皮膚と共に体外に排出されました。でも年を取ると肌の代謝が遅くなり、シミやくすみが残りやすくなります
  4. 年を取るにつれて弾力が失われ、たるみやくすみが目立つようになります。これは紫外線による光老化が原因です。
  5. 体内の活性酸素が多くなることも、紫外線のデメリットとしてあげられます。もともとは体外から侵入したウイルスなどを守る役割が活性酸素にはありますが、内臓や皮膚に少しずつダメージを与え、悪影響をいろいろと与えるといいます。

 

 

◆「色々と太陽光の下でする時は紫外線に気を付けるとともに、日焼けをなるべくしないように心がけることをおすすめします。

 

タグ :     

紫外線 日焼け 紫外線

『紫外線&日焼け対策の方法は!』日焼け止めクリーム、サングラスや日傘、帽子などの活用!!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

51c68eadc8903fbccdc4e9e27e4d4c2e_s

日焼け対策の方法は!

 

もうすぐ暑い夏がやってきますね。日焼け止めしないとしみ・しわ・老化の原因になりますね。日焼けを紫外線によるものから避けるためには、方法がいろいろとありますね。

 

1、一般的な方法は、日焼け止めクリームや紫外線対策グッズの活用

 

  • クリームやオイルが多い日焼け止めは、紫外線吸収材と、紫外線散乱剤などを配合したものです。
  • 紫外線吸収剤の役割は、熱エネルギーに紫外線を一旦吸収してから放出するというものです。紫外線が直接肌に当たらないように、紫外線散乱剤は反射させるのに効果的です。
  • 2層タイプの日焼け止めの場合には、使用するまえによく振るようにしましょう。隅々に塗ってから、同じ量を重ねづけすると、顔には有効です。えり足や首、耳にも忘れないように使用しましょう。

 

サングラスや日傘、帽子などの活用~紫外線が当たらないように

 

肌に直接紫外線が当たらないように、サングラスや日傘、帽子などを活用しましょう。

 

  • 肌に近い位置を保つことが大切な日傘は、なるべく柄を短く持つような工夫をしましょう。
  • サングラスは、色が濃すぎると目の瞳孔が開きやすくなるため、UVカット加工がされている、色の薄いものがおすすめです。
  • 日焼け対策には、長ズボンや手袋などの肌の露出をあまりしない服装も有効です。案外気温がそれほど高くなくても、空が澄み、雲が少ない晴れた日は多くの紫外線が注いでいることがあります。
  • 可能なら外出を避けるなどの心がけも、紫外線の強い時間帯はすることが大切です。日焼けの原因となりますので、
  • 窓から差し込む光に含まれている紫外線にも注意しなければなりません。

 

タグ :      

紫外線

≪UVケア化粧品の選び方は≫紫外線による肌の老化を防ぐために!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

4b3afae6629dd512396d02cbda93491a_s

UVケア化粧品の選び方は!

 

紫外線による肌の老化を防ぐため、UVケア化粧品を季節を問わず使う人は多いようです。たくさんのUVケア化粧品の中からひとつを選ぶのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

◆UVケア化粧品を使うときについついSPFなどの数値が高いものを厚塗りしてしまう人も多いかもしれません。それ自体が効果がないわけではありませんが、肌に良くないこともあります。

 

◆UVケア化粧品を使用することによって、かえって肌に負担をかけてしまうことがありますので注意が必要です。これから肌をどういった状況に置くことになるかを考えながら、UVケア化粧品を選ぶといいでしょう。

 

◆UVケア化粧品を選ぶ時には、長時間屋外で過ごすことが前提なのか、移動の合間だけの紫外線対策でいいのか、などの使用目的は重要なことです。目的に応じてどのくらいのSPFやPA値が適しているかが異なるからです

 

◆最近はさまざまな用途や目的に応じたタイプのUVケア化粧品が販売されています。肌にやさしいタイプのものや、スポーツ用のUVケア化粧品などいろいろあります。UVケア効果だけでなく、他の機能も備わっているBBクリームのような商品もありますので、何のためにUVケア化粧品を使うかがまず重要です。

 

◆UVケア化粧品の中には紫外線吸収剤というものが含まれています。化学物質なので肌への負担が非常に大きくなります。顔にUVケア化粧品をつけた後は、アフターフォローをしっかり行うことも忘れないようにしてください

 

タグ :   

紫外線 紫外線 UVケア

『しみ・しわ・皮膚の老化の7~8割が紫外線のダメージ‼』夏のスキンケア「日焼けしない徹底UV対策」~NHKより!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

407752366803dcf5ee5ffe02eac61835_s

間違っていませんか?夏のスキンケア「日焼けしない徹底UV対策」

 

私も還暦を迎えたばかりですが、シミ、しわ、たるみが出てきてスキンケアには、気をつけています。今日は紫外線の影響からシミ・しわなどの皮膚の老化などを調べてみました。

 

『紫外線の影響』
皮膚の表面にある「表皮細胞」は、「角質細胞」に変化してはがれ落ちることで生まれ変わっています。そのため、日焼けをしても数か月すれば色素の沈着は目立たなくなります。しかし、皮膚の色が元に戻っても、紫外線によるダメージは細胞に蓄積されてしまうのです
とくにしみやしわといった皮膚の老化の7~8割は、紫外線のダメージによるものだと考えられ、皮膚がんの原因にもなります。

 

『日焼けやしみは何故起こるの?』
紫外線には主にUVA(ユーブイエー)とUVB(ユーブイビー)の2種類があります。日焼けに深く関わっているのはUVBです。UVBが皮膚の基底層に到達すると、メラノサイトという細胞がメラニン色素をつくりだします。メラニン色素が黒っぽい色をしているため、紫外線が当たると皮膚が褐色になります。これが日焼けです。
日焼けは数か月で目立たなくなりますが、紫外線によるダメージは蓄積され、やがてUVBが到達しなくてもメラノサイトがメラニン色素を作り続けるようになります。これによりしみができます

 

 

『紫外線を防ぐためには』
紫外線から皮膚を守るには、「朝から日焼け防止剤を塗る」「衣服や日傘などを活用する」といったことを習慣にするとよいでしょう。日焼け防止剤は、一度塗っても汗で流れたり効果が弱くなるので、2~3時間おきを目安に塗り直します。首の後ろ、手の甲、耳などは塗り忘れしやすい部分なので注意が必要です。また、衣服は白よりも色もののほうが紫外線を遮る効果が高くなります。帽子やサングラスなども活用しましょう。
日焼けをした場合には、適切な対処が必要です。軽度の日焼けならば、まずは保冷剤などで冷やしてください。ほてりが治まったら保湿剤を塗っておきます。水ぶくれができるなど重度の日焼けの場合は皮膚科を受診するようにしましょう

(NHK今日の健康より。)

 

タグ :             

しわ 紫外線

安心してFXを始めることができる