敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

「目元のしわ」に必要な化粧品

読了までの目安時間:約 4分
0-73

「目元のしわ」に必要な化粧品
乳液・クリーム・美容液の違い

「目元のしわ」ケアの第一歩が化粧品選びです。選ぶ前に、化粧品の特徴を知っておきましょう。特徴を知ることで、自分に必要なアイテムが分かります。

 

表皮に水分を補給し、肌の乾燥を改善します。「目元のしわ」ケアには、化粧水パックが効果的です。化粧水パック化粧品は、低価格商品でかまいません。なぜならパックの目的は保湿です。栄養は乳液やクリームで補います。化粧パックの方法は、以下のとおりです。

(1)化粧水をコットンに浸します。(5枚組の「めくるコットン」が最適です)
(2)これを目の下、目尻に貼りましょう。

美容成分が多いほど高額になりますから、高額化粧水は夜のお手入れ用にします。高価格粧化粧水を購入する際の注意点として、コラーゲン等の美容成分が「低分子化」されているものを選びます。「低分子化」されていないと美容成分が皮膚の奥に浸透しません。

 

クリーム

クリームは肌に栄養を与えます。主な構成要素は水分と油と美容成分です。
油が基底層(新しい肌細胞を作る場所)まで美容成分を運んでくれます。美容成分が行き届くことで、肌のターンオーバー(表皮の生れ変わり)が正常(28日周期)になるのです。ターンオーバーとは、新しい肌細胞が生まれてから角質が垢になってはがれ落ちるまでのサイクルです。

夜のお手入れは化粧水と乳液だけという方も多いですが、クリームでしっかり栄養補給することをお勧めします。

 

乳液

乳液は表皮全体に水分・油分・栄養を与えます。
主な構成要素は水分と油と美容成分ですが、クリームよりも水分の割合が多いのが特徴です。表皮全体に水分と油分をバランスよく補い、なめらかな肌を保ちます。

朝は化粧水と乳液、夜は化粧水・乳液・クリームを重ねることで、成長過程の肌細胞にも栄養と水分がいきわたり、表皮全体の透明感が増してきます。

 

美容液

美容液は目的に応じて集中的ケアをおこないます。
しわ用美容液は、しわを根本的に改善する成分(壊れたコラーゲンやエラスチンを修復)が配合されています。水分の中に美容成分が凝縮されており、皮膚の表面だけでなく細胞レベルでしわを改善し、乾燥から肌を守ります。即効性がありますから、短期間で効果を実感したい方は、しわ用美容液を「目元のしわ」アイテムに加えることをお勧めします。

美容液は、化粧水で表皮全体に潤いを与えた後、乳液の前に目元(目の下、目尻)に軽くのせるようにし、栄養成分を浸透させましょう。

 

目元専用クリーム

「目元のしわ」を改善する「リンクルケア成分」が濃密に配合されたクリームです。目元のハリや潤いを保ち、コラーゲンやエラスチンといた真皮層を活性化させる機能も備えています。いつものお手入れにプラスすることで目元のはりを実感できるようになります。

 

タグ :     

目もとしわケア 目もとケア

「目元のしわ」ケアのポイント(エクササイズ)

読了までの目安時間:約 3分
019

 

目元のしわケアのポイント(エクササイズ)
目の表情筋を鍛えて目元のしわを改善します。皮膚の下に筋肉がありますから、土台となる筋肉が衰えると肌がたるみます。従って目の周りの筋肉を鍛えると、表皮にハリがでてしわが目立たなくなるのです。筋肉は何歳からでも鍛えられますから、諦めずコツコツ続けましょうね。お金をかけずに綺麗になりましょう。

 

「目元のしわ」改善。上まぶたと目の下側の筋肉を鍛えるエクササイズエクササイズ

上まぶたと目の下側の筋肉を鍛えるエクササイズです。エクササイズ時に、筋肉だけでなく目や顔の向きに気を配りながらエクササイズすると効果的です。

・顔を見上げます。
・顔はそのままをキープし目だけ真下を見ます。上まぶたを意識して引き下げるように、ゆっくりまばたきします。(3回)
・次に顎を引いて目だけ真上にみながら、目の下の筋肉を意識し、引き上げるようにゆっくりまばたきします。(3回)
顔の向きと目の向きが「逆」。ポイントはこれだけです。始めのうちは目がプルプルつりそうになりますが,続けるうちに「鍛えられてる」感じが掴めてきますよ。

 

「目元のしわ」改善。眼輪筋を鍛えるストレッチ法

眼輪筋を鍛えるストレッチ法です。目の周りの筋肉をほぐすことでしわが改善されていきます。

・顔は正面、人差し指は眉毛中央、親指を瞳の下に当てます。
・顔正面のまま、目を薄めにして5秒キープ。
・ゆっくり目を離します。(3回)
注意点
1日朝昼晩、3回ずつでなく、全部で3回です。これ以上おこなうと反対にしわが深くなります。何事もやり過ぎは禁物ですね。人はリラックスした状態で最も筋肉が動くそうです。エクササイズの前は軽く深呼吸をします。

 

“しわの原因”

 

シワ・タルミは真皮層で作られます。シワ・タルミの原因を理解するためには、真皮の構造を知る必要があります。真皮の厚さは約2mmです。

加齢や紫外線の影響で、コラーゲンやエラスチンの繊維が細くなったり切れたりすることで、真皮層の弾力がなくなり、シワやタルミが出来てくるのです。

つまり、コラーゲンとエラスチンを補強することがしわの改善につながります。病院で処方される「レチノール」入りクリームには、真皮層のコラーゲンやエラスチンを修復する効果があります。

しわ改善の目元クリームは高価格帯のものが多いようです。「レチノール」入りのクリームは皮膚科で処方してくれます。化粧品会社のクリームよりは安価ですから、試してみる価値ありですね。

 

タグ :    

目もとしわケア

簡単ケアで「目元のしわ」を改善する方法 ~1日3分!で!~「目元のしわ」に効くツボ

読了までの目安時間:約 4分
a0002_009250_m

 

こんにちわ。今日は気持ち良い天気になりました。パソコンを長くしていると、目が疲れるので、お昼は外に出ました。近所のおばちゃんに声をかけられて、しばし話していました。おばちゃんは80歳だそうですが、とてもお若い感じでした。話していたら、趣味が、ガーデニング・オルガン・絵とたくさんありました。昼食の時間になったので、「良い話を聞かせて頂き、有難うございました」と言って帰ってきました。そのときに「有難う」は奇跡の言葉という事を思い出しました。最近は、「有難う」と直ぐに言葉に出す人が少なくなったように、感じます。

 

 

「目元のしわ」に効くツボ①攅竹(さんちく)

①攅竹(さんちく)

【効果】
・ 目のまわりの血行改善
・ 顔のくすみや目尻の小じわの解消
・ 疲れ目を癒す

目の周りは皮膚が薄いうえに多くの毛細血管で覆われています。そのせいで血液がうっ血しやすいのです。うっ血が改善すると,皮膚から透けて見えていた黒い血液が無くなりクマが治ります。さらに新しく新鮮な血液が栄養分を運んできますから、肌の再生が促されしわも消えていくのです。セルフケアで目の疲れをとりながら「目元のしわ」も改善しましょう。

【場所】
眉頭(眉毛のはし)のくぼみ

【ツボの押し方】
左右の攅竹のツボに両手の中指を添え、口から「ふー」と息を吐きながら、あごを引きます。息を吐ききったら、息を吸いながら顔を正面に戻します。(数回繰り返す)この時、息をゆっくり吐き、指を押しすぎないのがポイントです。血行が良くなるだけでなく、目の疲れがとれ視界が明るくなります。

 

「目元のしわ」に効くツボ②瞳子りょう(どうしりょう)

 

②瞳子りょう(どうしりょう)

 

【効果】
・肌荒れ、乾燥肌の改善
・目尻の小じわ改善
・目の周りのたるみ改善

こめかみ周辺は血管や神経が多く集まっている場所です。この部分を刺激することで血液の流れを促し、神経を活性化することができます。頭や目が疲れると自然にこめかみを刺激したくなるのは、身体が自然治癒しようとする現れです。

【場所】
目尻の横1cm外側のくぼみ

【ツボの押し方】
人差し指の腹をツボにあて、息を吐きながら軽く圧をくわえます。息を吐ききったところで指を離し、軽く息を吸います。(数回繰り返し)
デスクワークでパソコンを見続けると目が疲れてきます。30分に1度は背伸びをし、目のツボ押しをして疲れをとりましょう。仕事の効率が上がります。

 

「目元のしわ」に効くツボ③絲竹空(しちくくう)

 

③絲竹空(しちくくう)

 

【効果】
・しみ、目尻のしわ予防
・顔全体のむくみ防止

【場所】
眉尾(眉の一番外側)にある骨の凹んだ

【ツボの押し方】
中指の腹をツボにあて、息を吐きながら軽く圧を加えます。息を吐ききったところで指を離し、軽く息を吸います。(数回繰り返す)
目の骨の周りには、血管や神経が並走しています。絲竹空(しちくくう)だけでなく、眉頭から眉尾の向かって数回こすると血行が改善され、中には眉が濃くなる方もいます。吐く呼吸は副交感神経(リラックスを促す)と関係していますから、呼吸にあわせてツボを押すことで、リラックスしながら肌トラブルを改善できますよ。

 

タグ :     

目もとしわケア 目もとケア

目のツボで、目元&目尻のシワを改善

読了までの目安時間:約 3分
0-12

目のツボで、目元&目尻のシワを改善

 

目の周りにはツボがたくさんあり、これらを刺激することでも、シワにアプローチすることができます。代表的なツボをあげてみましょう。

 

・球後(きゅうご)
下まぶたの真ん中と、目尻の間あたりにあるツボ。循環を正常にする働きがあります。目のシワやたるみに効果的。巡りがよくなるので、目の周りのむくみなどにもよいでしょう。

・太陽(たいよう)
こめかみ部分のつぼ。眼精疲労や頭痛、そして目元のクマなどに効果があります。仕事などで目を酷使したときなどにいいでしょう。

・攅竹(さんちく)
鼻側の眉毛の始まる場所の下にあるくぼみ部分。眼病予防や老眼、疲れ目などに効果があるとされるツボですが、目の周りの血行を促進するので、目尻のシワ対策にも。

・糸竹空(しちくくう)
眉毛の外側(耳側)のツボ。充血、疲労、そして目尻のシワに効果を発揮します。

 

やさしくなでるように押すのが安心ですが、なかには強い力をかけて押してもOKなツボも。目の周りのデリケートな部分ですから、ツボ押しを重点的に知りたい、試したいという人は専門家に相談してください。ツボ押しを覚えることで、目のまわりのシワだけでなく眼精疲労や肩こりなども軽減するといいですね。

 

デリケートな目のまわり

目の周りはシワだけでなくしみやそばかすもできやすく、顔の中でも特に重点的にケアしたい部分です。目元専用パックや温め用アイマスクなどで、日々のケアをしっかりしたいもの。目のまわりのシワは非常に目立ちます

 

もしシワがなくなるとしたら、たいがいの人は5歳くらいは若返って見えるはず。目元にシワの心配がなければアイラインのにじみも発生しませんし、思い切って派手なマスカラやつけまつげなどのファッションを楽しむこともできますね。女性としてはできればノーシワでいたい。そしていつまでも、若々しい笑顔で過ごしたいですね。

 

スキンケア大学より

 

タグ :   

目もとしわケア 目もとケア

目尻のしわを防ぐスキンケア

読了までの目安時間:約 2分
019

目尻のしわを防ぐスキンケア

 

◆年齢を重ねると共に気になってくるのが目尻のしわです。目尻のしわで年齢を感じるという人も多いのではないでしょうか。いつまでも若々しくいるためにも、目尻のしわを防ぐ方法はないのでしょうか。

 

◆毎日のスキンケアが目尻のしわを防ぐためには非常に重要になります。しわが目尻にできないようにするには、スキンケアで肌の保湿力を高めることです。

 

◆日々のスキンケアのためには肌のタイプに合わせた化粧水や乳液を選ぶようにしましょう。周囲の人が愛用しているスキンケア用品でも、自分とは相性がよくない場合があります。

 

◆化粧おとしをきちんとすることも重要になります。肌質と相性が良く、皮膚に余計な刺激を与えないようなスキンケア用品を選んでしっかり肌の汚れを落としましょう。

 

◆化粧水でお手入れする場合にはたっぷりと使って優しく肌につけることが、目尻のしわを防ぐポイントになります。目尻の部分は意外と付け忘れてしまう場所なので、意識してたくさんつけるようにしましょう。

 

◆目尻の辺りの皮膚は弱い部分なので、クリームをつける時などにこすりつけたり引っ張ったりすると傷めてしまいがちです。指で優しくタッチするようにクリームをつけるのが目尻のしわを防ぐためには大切です。ビタミンC誘導体のパックを1週間に1度行い、保湿効果の高い美容液をつけるなどすると、目尻のしわができにくい皮膚になれます。

 

タグ :   

目もとしわケア

【目の下のたるみ・クマ・シワの対策法】敏感肌の目元ケア

読了までの目安時間:約 3分
0-05

【目の下のたるみ・クマ・シワの対策法】敏感肌の目元ケア

 

目元に起こりやすいトラブルとは

シワ→目元の皮膚は乾燥しやすいので小じわができやすく、笑いじわが目立つといった悩みを持つ人も多い。

 

クマ→目元の血行不良から青黒く見える場合や色素沈着、加齢による筋力低下などが原因で起こります。

 

たるみ→加齢などによって目元の皮膚と筋肉が垂れるために起こります。

 

目元の皮膚は、頬などに比べ厚みが4分の1程度ととても薄く、皮脂の分泌も少ないので乾燥しやすいのが特徴です。

また、まばたきによって周辺の筋肉に負担がかかりやすいことも、乾燥の原因になっています。

 

さらに目元は、血行が悪くなりがちな場所なので、クマができやすく、ケアが欠かせない箇所です。

 

敏感肌の目元にトラブルが起こりやすい理由

 

乾燥しやすい敏感肌の場合だと、さらにトラブルが起こりやすくなってしまいます。

乾燥によってシワが深くなりやすく、敏感肌の炎症でかゆみが起こってゴシゴシ擦ったり、紫外線の刺激などで色素の沈着も起こってしまいます。

 

目元のトラブルを予防するには

 

日常のスキンケアで気をつけたいことは、目元は皮膚が薄いのでゴシゴシとこすらないようにするということです。角質がはがれたり、刺激で色素が沈着してしまう可能性があります。

 

また、目元は特に乾燥しやすい場所なので、十分な水分と油分を与えましょう。血行を促進させるためにお風呂にゆっくりと浸かったり、目元を蒸しタオルなどで温めるのもおすすめです

 

敏感肌におすすめの目元ケアとは?

 

少しの刺激でも敏感肌症状が出やすい場所なので、パッチテストで問題がないことを確認した上で、お手入れを始めるようにしましょう。

 

化粧水やクリームなどを塗る時は、指でそっと押さえるように優しく目元につけ、何度か繰り返して塗ると保湿力が高まります。この時、ゴシゴシとこするように塗ると、皮膚を傷めるので注意しましょう!

 

目元のマッサージは、敏感肌に刺激を与える可能性があるので控え目に。蒸しタオルや表情筋を鍛えるトレーニングで血行を促進させるほうが肌には安心です。

 

タグ :      

目もとしわケア

目元に使用する美容液の選び方は?【細胞間脂質セラミド・ヒアルロン酸・レチノール入りの美容液を】

読了までの目安時間:約 2分
img_46

こんにちわ。今日は久しぶりに曇って小雨が降ってきました。少し肌寒い日です。酢・黒砂糖・バナナのジュースを飲みだしてから、12日ほど経ちました。すこぶる身体の調子がいいです。今日は、目元のに使用する美容液の選び方を、ご紹介します。

 

◆30代以上の女性は、目じりのしわやたるみのお手入れにと、目元に用いる美容液を使うことがあります。

 

◆目元は皮膚が薄く収縮が激しい部分なので年齢とともにしわが目立ちやすい部分でもあります。それだけに特別なケアも必要なのです。目の周囲にどんなケアをすればいいかを知りたいと思っている人はたくさんいるようですが、目元美容液はどんなものが効果的でしょう。

 

目元美容液を選ぶ場合重要なのは保湿です。目元のしわは乾燥が原因でできてしまうことがほとんどです。入浴後、鏡を見ると目の周りにしわができていると感じる人もいるでしょう。これはお風呂で肌が乾燥したためです。

 

保湿効果がある目元美容液を選ぶためにも、細胞間脂質セラミドや、ヒアルロン酸が含まれているものを選択することです。人によっては、既に目元にはしわやたるみがあって、これを目元用の美容液で解消したいと思っているという人もいます。

 

レチノールという成分はシワに対する効果が高い成分です。クリームや、ローションなど、色々な形の目元美容液が市場に出回っています。サンプル品などを試してみて使い心地の良いものを選ぶのも大切です。

 

目元用のシートパックなどもありますので、併用するのもいいでしょう。目元美容液は、スキンケア用品の中では高価な買い物になりますので、慎重に選びましょう。

 

タグ :     

目もとしわケア

目元のシワを改善する眼輪筋トレーニングのやり方

読了までの目安時間:約 2分
0-01

目元のシワを改善する眼輪筋トレーニングのやり方

 

老け顔の特徴といえば、シワ。
ほうれい線も目立ちますが、目の下のシワやたるみは年齢を感じさせてしまいますね。

目の下のシワを改善するには、目の周りの筋肉『眼輪筋』を鍛えるのがベスト。

今回は、眼輪筋を鍛えるエクササイズのやり方をご紹介します☆

 

眼輪筋トレーニングのやり方

 

◎1分でできる!

  1. 中指を目頭・人差し指を目尻に置いてピースした状態にします。
  2. 少し上を見るようにします。
  3. 眩しい時に目を細めるようにして、下瞼を意識して目を細めます。
  4. 目を細めた状態で20秒程キープ!
  5. これを朝・晩3セット行います。

 

◎目も大きくなる。

目の周りのたるみによって目が小さくなってしまっていた方も、眼輪筋を鍛えることで若々しく目力アップします。
またちりめんジワにも効果があるそうですよ!

 

こんな簡単な方法でも効果があると評判なんですよ〜。
目元の保湿も意外と忘れがちなので、気をつけて下さいね!

 

私も、目元のしわが気になります。色々と調べて、今日は美肌マニアより、引用しました。皆様も是非、してみてくださいね。

 

タグ :        

しわ 目もとしわケア

目元の”乾燥小ジワ”を防ぐ方法は【原因、ケア対策】

読了までの目安時間:約 2分
019

目元の乾燥が原因で起きる小ジワって?

小ジワは、目や口の周りなどにできる小さなシワのことで、お肌の乾燥が原因です。小ジワは、早めにケアしないと、大ジワへになってしまう可能性があります。大ジワは、一度できてしまうとなかなか取ることができないものです。
目元の乾燥小ジワを防ぐには、しっかりと保湿してあげます。

 

乾燥小ジワを防ぐ目元の乾燥ケア方法

目元は皮膚が薄く乾燥しがちです。化粧水や乳液だけでは不十分です。保湿効果の優れている、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが含まれている美容液を使いましょう。

もし、マッサージをするときは、力を入れすぎると逆効果です。目元の皮膚は薄いので、決して強くこすってはいけません。優しくケアしてあげてください。

最近は、乾燥小ジワ対策のクリームやシートマスクなども市販されていますので、活用したらいいと思います。シートマスクにたっぷりと保湿美容液を含ませて、目元を中心にじっくりと保湿パックをしましょう。

 

目元の「乾燥小ジワ」を防ぐには、日常生活でも注意

◆ 目元の乾燥小ジワを防ぐためには、日頃からの対策も肝心です。

◆ 紫外線から守る、

◆ 洗顔時に手やタオルでこすらない、

◆ うつぶせ寝はしない、

◆ 目をこすらないなどです。

※特に紫外線は乾燥を促すので、注意が必要です。

目元の皮膚でも安心の、刺激の少ない日焼け止めを使用するなどして、対策をしっかりと行いましょう。

 

タグ :       

目もとしわケア

安心してFXを始めることができる