敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

『七草粥』正月太り解消2016年 生姜摂取・40度の湯船でのマッサージ・カリウム含む食品摂取などが効果的

読了までの目安時間:約 4分
スポンサードリンク

a0790_000714_m

■正月太り解消 生姜摂取や40度の湯船でのマッサージなど有効

◆ 正月太りの正体は、味の濃い料理が多いため、喉が渇いて水分を多く摂った結果、むくみが起きることだ。むくみの解消には生姜が強い味方となる。「生姜に含まれるジンゲロールという成分には血管を拡張して、血行を促進する働きがあります。血流の改善は排出効果を高めて、むくみを改善させます。加熱するとより効果が増します。汁や煮物、丼ものに入れる、すりおろした生姜を紅茶や緑茶に加える、生姜湯など摂取方法のバリエーションは豊富です」

 

◆ 「温浴効果でもむくみを解消できる」ポイントは湯船に浸かりながらのマッサージだ

40度前後のややぬるめの湯が適しています。浴槽に浸かりながら、ふくらはぎや太股を身体の末端から中心に向けてリンパ液や血液を流すようにマッサージしてください。膝や足首の曲げ伸ばしなどの運動も効果的です」

水分は下半身にたまりやすい。水圧効果に加えて、脚をマッサージし、血流を促すことが有効なのだ。

 

 

◆  正月太りの原因には特徴がある。短期間で急に腹や足に肉がついたように思える正月太りには別の原因があります。

お正月料理は、おせちをはじめ、雑煮、煮物、練り物、焼き魚など、塩気の多い料理が多く塩分摂取が過剰になりがちです。また、おしなべて味の濃い料理が多いので、喉が渇いて水分を多く摂ってしまい、『むくみ』が起きやすい。これが正月太りの正体なのです」

さらに、お屠蘇を皮切りに、ビールや日本酒、焼酎といった飲酒が正月太りを加速させる。

 

◆「とくに冷たいお酒を飲み過ぎると『むくみ』につながりやすい。肝臓や腎臓の働きが鈍くなり、代謝が落ちて、塩分(ナトリウム)が排出されにくくなるからです

正月太りの真犯人である「むくみ」を解消するにはどうすればいいのか。日本人が1月7日に伝統的に食べてきた食事に大事な教訓が隠されているとアドバイスする。

 

◆「お正月の祝膳や祝酒で疲れた胃腸を休める目的があるとされる『七草粥』はむくみ解消に効果的です。塩を控えめにして薄味で作れば七草の持つ利尿作用によってむくみが取れます。気になる方は3日間ほど続けてみてください。お粥は疲れた肝臓や腎臓の回復にも効果があるので、塩分の排出もスムーズになります。

独特の味が苦手な方は水菜や小松菜、ネギなど青野菜を加えれば食べやすくアレンジできます

 

  むくみ原因の正月太り解消は、カリウム含む食品を多く撮る。

塩分の排出を促す作用がある『カリウム』を含む食品(パセリには100グラムあたり1000ミリグラム、アボカドには720ミリグラム、ほうれん草には690ミリグラムのカリウム)を多く摂ることが効果的です。果物にも多く、バナナには360ミリグラム、メロンには350ミリグラム入っています。カリウムは水溶性なので、料理すると流れ出してしまいます。ジュースやスムージーを作って丸ごと摂取するのがいいでしょう。食塩不使用の野菜ジュースやトマトジュースでも効果がある。

 

 

タグ :           

新年・正月 脂肪

安心してFXを始めることができる