敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

アレルギー体質であることも肌が敏感になる原因& 敏感肌になりやすい生活習慣がある敏感肌の人!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

0-15

アレルギー体質であることも肌が敏感になる原因の1つです。

現代は、花粉症や食物など10人に1人か2人は何かアレルギーを持っているという時代。

アレルギー体質自体が過敏症の要素があるということになります。

敏感肌だと思っている方が、その原因はよく調べるとアレルギーだったということもあります。私もアレルギー体質で、肌が敏感です!


 

タグ :     

敏感肌豆知識

敏感肌の人のスキンケア商品の選び方は!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

039289

もうすぐ冬が来ますね!冬は、肌のトラブルがやってきます。乾燥、敏感肌の方は、冬はたまりません、痒みが出てきたり、色々と。。。。

スキンケア用品には色々なものがありますが、敏感肌の人がスキンケア商品を選ぶ時には、どういった点に注意をすべきでしょう。

 

敏感肌の人のスキンケア商品の選び方

 

  • 敏感肌の人は、ちょっとしたことでも肌トラブルを起こす可能性があります。皮膚への負荷が大きいスキンケア用品も中にはありますが、敏感肌の人は、肌に優しいスキンケア用品を見つけることが大事です。
  • もしも敏感肌の人がスキンケア商品を選ぶのであれば、できるだけ添加物が少ないものが適しています。敏感肌の人は刺激に弱いので、添加物の多いスキンケア用品は肌荒れの原因になることがあります。できるだけ無添加のものにしましょう。
  • 肌質に合うスキンケア化粧品かをチェックするためには、トライアルセットなどの少量パックを、しばらく使って肌の反応を確認しましょう。敏感端の人は、肌タイプに合うスキンケア用品かを知るためには、実際に自分の肌につけてみて、荒れないかを見極めることが大事です。
  • 敏感肌の人向けのスキンケア商品の中には、ドクターズコスメというものもあります。皮膚科の関係者や、大学関係者など、皮膚に関わるプロフェッショナルな知識を持っている人か、開発に関係しているものが、ドクターズコスメです。ドクターズコスメは、肌への刺激か少なく、肌トラブルを起こしにくいスキンケア用品を開発するために、専門家の意見を取り入れた、信頼性の高い基礎化粧品です。
  • 肌質によっては、ドクターズコスメでも、肌に赤みや乾燥が出るという人もいます。敏感肌の人が、自分の肌質に合わせてスキンケア用品を選択する時には、様々な角度から商品を見極めることが大事です。

 

タグ :    

敏感肌豆知識

敏感肌を予防するために見直したい生活習慣は!!

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

46fd1cc74300ba15951c5a7b3222c08d_s

敏感肌を予防するには、乾燥を防ぐのが効果的ですが、またターンオーバーと呼ばれる皮膚の代謝サイクルを乱さないような、ストレスや刺激に負けない健康な肌作りのために生活習慣を見直すことも大切です。

 

敏感肌を予防するために見直したい生活習慣は!

1、エアコンなどで室内は思った以上に乾燥しています。加湿器を使ったりして、うるおいを補ってあげるのもよいでしょう。うるおいを与えるには保湿成分が配合されたミスト化粧水が化粧の上からでも使えておすすめです。
2、十分な睡眠をとることも大切です。深い眠り(ノンレム睡眠)のときに分泌される成長ホルモンが細胞の修復や再生に関係することがわかっています。

3、紫外線に対する注意は夏だけでなく1年中必要です。外出時にはUVケアを忘れずに。

4、ビタミンCを破壊するといわれているたばこは肌の大敵。できれば禁煙するのが望ましいでしょう。

5、食事は1日3食バランスよくとりましょう。特に肉、魚、大豆製品などのタンパク質は肌細胞を生成する大切な栄養素です。また免疫力を高めるビタミンC、新陳代謝を促進するビタミンA、皮膚や粘膜を保護するビタミンB2やB6などのビタミン類も肌に密接な関係があります。野菜や果物を毎日の食事にとり入れてバランスよく摂取するようにしましょう。

 

バランスの良い食生活を

 

 

タグ :         

敏感肌 敏感肌豆知識

敏感肌の豆知識

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

0-15

 

私って敏感肌かも…。そう思ったことはありませんか ? 「何をつけてもかゆくなる」「乾燥がひどくて、肌がカサカサ」。私のところにもこのような相談がたくさん寄せられます。しかし、敏感肌を訴える多くの女性のうち、9割以上の人が、実際には敏感肌ではないというケースがほとんどです

 


そもそも敏感肌とは、生まれつき特定の成分にアレルギーを起こしやすい肌、

皮膚が薄くて刺激を受けやすい肌のことを言います。

 

皮膚科医の調査によれば、日本人女性の4%にも満たないそうです。「大人になってから」肌トラブルを起こすのは、敏感肌ではありません。トラブルが起きやすいのは、肌のバリア機能が弱っている証拠。何らかの影響で、お肌が傷つけられていたのです。では、その原因とはいったい何なのでしょうか。

 

ストレスや生活習慣の変化。それも、お肌を傷める理由の1つでしょう。毎日使っている『化粧品』を見直すことも大切です。「高い化粧品を買ったのに、ブツブツができた」「乾燥肌用の化粧品を使っているのに、かえって乾燥がひどくなった」。こんな経験をしたことがありませんか ?

 

ほとんどの化粧品は、合成化学成分をベースにして作られます。もともと自然のものであるお肌は、人工的な成分を受け付けません。初めは赤み、かゆみで肌が抵抗を示しますが、負担は徐々に蓄積されます。必要以上に皮脂が奪われ、バリア機能は弱っていく。やがてトラブルが現れやすくなり、敏感肌だと思い込んでしまう。このような人が、驚くほど多くいらっしゃいます。

 

「敏感肌かも ? 」と感じたら、まずはスキンケアを見直してください。大切なのは、自分の肌質をきちんと理解し正しいケアをすることです。そして傷つけるのではなく、いたわりや癒しを与えるスキンケアを行いましょう。その先には、きっと肌本来の美しさが待っています。

 

タグ : 

敏感肌豆知識

乾燥を防ぐ注意点と食べ物【緑黄色野菜・豆類、豚肉・大豆、ナッツ、ごま、アボガドなど】

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

0-16

乾燥を防ぐ注意点と食べ物

 

乾燥を防ぐにはどんな注意をしたらいいの?
•洗顔しすぎない~皮膚の皮脂を奪ってしまいます。
•熱いお風呂に入らない~あまりに熱いお風呂にはいると皮脂がぬけてしまいます。
•エアコンの真下に行かない~エアコンの風を直接受けると皮膚から水分が蒸散しやすくなります。
•洗顔した後はたっぷり化粧水で水分を補給する。

•ナイロンタオルなどでごしごしこすらない~タオルでこすると角質層を削ることになります。手のひらで石鹸をあわ立ててなぞるよう洗うのがおススメです。
•低刺激の石鹸をつかう。

※ 逆に植物や水槽の近くは比較的湿度が上がるので、そういったものの近くにいくのもおススメです。

 

乾燥を防ぐ食べ物
また特にビタミンA、B、C、Eを摂るように心がけてくださいね。
•ビタミンA~皮膚の新陳代謝を高めます。また乾燥を防ぐ効果があります。緑黄色野菜(色の濃い野菜)やうなぎなどに多く含まれます
•ビタミンB~これも代謝を改善してひいては健康なお肌をつくります。豆類、豚肉なんかに多く含まれます。
•ビタミンC~コラーゲンという肌のはりの原因である成分の生成を助けます。野菜、果物に多く含まれます。

※タバコを吸う方、ストレスの多い方は不足しがちなのでたくさんとるように心がけてくださいね。
•ビタミンE~血行促進、抗酸化作用があります。大豆、ナッツ、ごま、アボガドなんかがあります。

 

※おやつはお菓子の代わりに果物で摂るのがおススメですね。

ただ、ひとことで乾燥といっても甲状腺低下症などの病気で起こることもあります。全身的にひどい場合や、他の症状を伴う場合などは一度皮膚科を訪れていただくのもいいのではないでしょうか。

 

タグ :         

敏感肌豆知識

間違ったスキンケアで敏感肌

読了までの目安時間:約 1分
スポンサードリンク

0-14

乾燥肌の状態では、肌のバリア機能が損なわれ、外からの刺激が入り込みやすくなります。そのため化粧水がしみたり、髪がふれただけでかゆくなったりする、化粧水に含まれるわずかなアルコールでかぶれて赤くなってしまいます。これは間違ったスキンケアの他にアレルギーや栄養不足が原因の場合があります。外からの刺激を受けやすくなり、肌が乾燥し、敏感に傾いてしまうことが原因として考えられます。間違ったスキンケアに関しては、「敏感肌の人が気を付けるべきスキンケア」でも述べていますが、誤った認識で行うクレンジング・洗顔や、肌に合わない化粧品の使用、あるいはすすぎ不足で髪に残ったシャンプー剤が肌に触れて過敏症が起きることもあります。寝不足など不規則な生活も肌の抵抗力を低下させ、デリケートな状態を作り出すこともありますが、スキンケアや生活の改善によって敏感肌は改善されます。

 

タグ :

敏感肌豆知識

敏感肌とは

読了までの目安時間:約 2分
スポンサードリンク

0-13

医学的に「敏感肌」という病名はありません。強い洗剤や化粧品を使った時に肌が荒れたり、赤みが出たり、衣類が原因でピリピリしたりするなど普通の人より反応しやすい肌を一般に「敏感肌」と呼んでいるようです。最近では精神的なストレス、食生活、住環境の変化によって、肌が敏感に傾いている人が増えていますが、血液検査をしても、「敏感肌」であると判断できる数値が出てくるわけでもないのが実際のところです。しかし、これだけ「敏感肌」に悩む人が増え、スキンケア化粧品・メーク用品も「敏感肌用」のものが開発・発売されるなど、「敏感肌」という言葉が一般化してくると、そのうち病名として医学的に認定されるかもしれません。肌が敏感に傾くのには、花粉やアレルギーが原因の場合もあります。例えばアレルギーで症状としては鼻がグズっているだけでも、実は全身がアレルギーを起こしやすくなっていたり、身体のどこかにたとえ一箇所でも傷があると、全身が炎症を起こしている状態になるので、身体中が反応しやすくなっているということもあります。

 

タグ :

敏感肌豆知識

安心してFXを始めることができる