敏感肌 スキンケア 化粧品 おすすめ

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

40代化粧品選びのポイントは?~敏感肌用のセラミド配合の化粧品を~!

読了までの目安時間:約 4分
newaya_0

誰しも加齢とともに少しずつ衰えますが、こういった身体のちょっとしたサインを見逃さないことが大切です。

 

40代化粧品選びのポイントは?

 

40代の女性には、肌やあらゆる健康面を衰えさせる大きな要因があります。それが先ほど話題にした女性ホルモンの減少です。更年期障害になっていなくても、女性ホルモンの減少は身体にとって大きなインパクトを持ちます。この要因が40代の老化に与える影響は甚大です。

 

40代に訪れる肌の変化と化粧品は?

  • 加齢による影響も加わり、40代は肌にとってハードな曲がり角となります。40代の具体的な変化として多いのが、急激な乾燥です。
  • その原因は「エストロゲン」の減少。「エストロゲン」が減ると肌の水分保持成分も減少してしまいます。また、汗腺や皮脂腺の機能低下により水分蒸発を防ぐバリアが損なわれる事も要因になります。
  • シミが増える、消えなくなる、といった事も起こりやすくなります。肝斑という30~40代に特有のシミが出ることも。
  • このような各種のトラブルにさらに拍車をかけるのが、ターンオーバーの長期化です。肌の代謝が遅くなることで、各種の悩みが解消しにくくなったと感じます。特に肌触りがごわつくようになったと感じる方は代謝周期が長くなってきたのかもしれません。肌の新陳代謝は加齢とともに遅くなります。
  • また、体力や筋力の低下は、血行が悪くなり代謝が落ちていることを示唆します。これら以外にも、ハリの低下やたるみ、シワといった悩みを抱える方も出てきます。

 

40代化粧品選びのポイントは?保湿からコラーゲン強化まで

20代のプルプル肌から弾力を失った乾燥肌への変化の原因として、細胞の水分量低下とコラーゲンの弱体化があります。肌細胞の水分保持成分セラミドと、真皮のコラーゲンの減少がその実体です。

 

  • 保湿対策の要はセラミド配合の化粧品で。水分保持成分は40代になると20代の約半分に減少します。これを補うのは、セラミド配合の化粧品が有効です。ヒアルロン酸入りなどの化粧品も表皮を保湿はしますが、肝心の肌内部には成分が届きません。
  • 真皮コラーゲンの強化はビタミンC配合化粧品が基本です。真皮のコラーゲンは、コラーゲン配合の化粧品では強化されません。化粧品中のコラーゲンは保湿成分としての役割しか果たさないためです。肌の弾力を回復させるための、コラーゲン強化の基本はビタミンC配合化粧品であることを押さえましょう

 

弱った肌には敏感肌用の化粧品を~アヤナス!

敏感肌まで対応する化粧品を不調時の備えとしてでも持っている、知っている、というのは40代のメンテナンス術として押さえておくと安心です。刺激になるもの、例えば合成着色料、合成香料、アルコール(エタノール)などが含まれない商品はリスクが低く、肌の状態に合ったケアができます。

コラーゲン産生量を170%アップしてくれるというポーラー研究所オリジナル成分を贅沢に使用している「ディセンシア アヤナス」は過酷な環境で働く、敏感肌の40代の女性の肌も守ってくれるようです。

 

 

タグ :     

セラミド

敏感肌の方に!【セラミド配合化粧品を選ぶときに、】~本当に美肌になれるセラミドの選び方!

読了までの目安時間:約 3分
0-28

本当に美肌になれるセラミドを選ぶ3つの条件!
ここではセラミド化粧品の正しい選び方を紹介します。

単にセラミドを含有しているというだけでなく、以下の3つのポイントをチェックすることで、本当に効果を実感できる化粧品を見つけることができますよ。

 

「天然」セラミドであること

セラミドには3種類あり、

  • 動植物から抽出する「天然」、
  • 酵母などから合成して作られた「天然型」、
  • 分子構造が似ているけど全く別物の「疑似」がありますが、疑似はセラミドとしての効果が低いことがわかっています。
  • 人間がイチバン吸収・活用しやすいのは自然のままのもの、つまり天然セラミドです。効果を最大限に得たいなら、天然を選びましょう。
  • 米や麦、例えばコンニャクセラミドは、肌への吸収力が特に高いことでも知られています。こういったポイントも見逃せません。

 

その他美容成分が入っていること

  • ヒアルロン酸やコラーゲンなど、セラミドと相乗効果が期待できたり、別々の部分で効果を発揮する成分が含有されているものの方が、セラミドが上手く働くことができて効果的です。
  • ただし、植物エキス等のオーガニック系は効果も高い反面刺激になることもありますから、自身の肌にトラブルが起きないかのチェックは必ずして ください。

 

お肌への刺激が最小限であること

  • セラミド自体はほとんど肌への刺激がおこる物質ではありません。しかし、一緒に含有されている成分に化学的なものが多ければ、肌の奥で敵とみなされる可能性はなくはありません。
  • 炎症が表面まで伝わらなくとも、肌の奥で何かしらトラブルが起こっていれば回復速度に影響しますから、現在の肌状態に関係なく刺激の少ないものを選ぶほうが良いです。

 

◆この3つのポイントを重視しています。売れているセラミド化粧品は、どれも刺激がすくなく、お肌に最適な美容成分が含まれているものばかり。肌トラブルが多く化粧品に悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

タグ :    

セラミド

冬の敏感肌対策は乾燥肌対策と「セラミド」

読了までの目安時間:約 3分
040598

冬に敏感肌が増えるのは乾燥のため!対策は保湿が第一!

 

1、冬になると肌がカサカサになりがちですよね、当然外の空気も乾燥している季節ですし、

2、室内も暖房器具によって予想している以上に乾燥しています。乾燥した環境だと、外部から人体の構造を守る働きをしている「皮膚」の表面も乾燥します。乾燥すると干上がった池のように肌もひび割れ状態になってしまい、肌本来の外部からの刺激を防ぐ「バリア機能」が失われてしまうのです

3、皮膚の一番上にある表皮の角質層がバリバリになって、適度な水分と脂分でバリア機能を保っている肌本来の機能が上手く働かなくなります

 

 

■冬の敏感肌対策は乾燥肌対策と「セラミド」

 

冬の季節に多く見られる「敏感肌」のほとんどは「乾燥肌」が原因となっている、と考えて間違いありません。

  • 保湿剤と呼ばれる私たちが処方する塗り薬は基本的に油分を補うだけであり、女性が希望する「潤いのある肌」を実現させるための薬ではありません。
  • 最近は機能性化粧品というのか、本来は効果効能を示してはいけない化粧品(薬じゃないんで、効能を表示したら薬事法違反になってしまいます)のなかで「セラミド」という成分を含んだものを見かけます。
  • この「セラミド」は肌の角質と角質の間に存在している適度な水分と脂分を含んだ角質細胞間脂質の半分くらいを占めている成分です。

化粧品業界は下手な皮膚科医師より肌の構造を知っていることが多いですし、とくに女性の肌に対する考え方は医師が学ぶべき点も多く見られます。

肌のバリア機能を補助するセラミド入りの基礎化粧品を乾燥が激しい冬場のスキンケアに使用することは、自分で敏感肌と考えている人にとってお勧めできるセルフケアと考えます。

 

敏感肌と感じていて少しでもお時間が取れる方は医師の診察を受けつつ、効果的なスキンケアをするべきでしょうね。とくにアトピーを合併している方は塗り薬とスキンケアだけで、冬場をしのぐのは至難の技ですから、根本的なアレルギー対策としての飲み薬の併用が効果的です。

 

 

タグ :      

セラミド

『敏感肌の方に!』~セラミドって何?どうして保湿効果が最も高いの?

読了までの目安時間:約 3分
3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

最初にセラミドって何?どうして保湿効果が最も高いの?

 

と敏感肌の私も、疑問に思っています。今日は、敏感肌の方のために、「セラミド」を調べました。

セラミドというのは、肌の一番上の皮脂膜のすぐ下にある水色の部分で、角質と角質の間の隙間を埋める細胞間脂質と呼ばれているものです。

 

『セラミド』って何?

 

セラミドというのは、肌の一番上の皮脂膜のすぐ下にある水色の部分で、角質と角質の間の隙間を埋める細胞間脂質と呼ばれているものです。

  1. セラミドが蒸発して肌が乾くことで、角質もごわつき、皮脂膜も揺らいでバリア機能も壊れてしまっているのがわかると思います。
  2.  肌の乾燥を感じている場合、例外なくセラミドが蒸発しています。乾燥した肌にセラミドを補うことで、肌の潤いや乾燥の改善が実感しやすいというわけです。
  3. セラミド配合化粧品ならどれでも効果があるのかというと残念ながらそうではありません。保湿成分No.1として広まったセラミドはもともと高価な成分なのです。

 

セラミド配合化粧品の偽物と本物との見分け方

 

  1. 誰でも手軽に購入できるように化学成分でつくられた偽物のセラミドが配合されたセラミド化粧水やセラミドクリームが、プチプラ化粧品としてドラッグストアを中心に販売されています。
  2. 偽物と本物との見分け方は簡単で、偽物のセラミドは本物のセラミドではないので成分表示の欄に”セラミド”の文字がありませんが、本物のセラミドは、成分表示欄に”セラミド2″や”セラミド3″など”セラミドと数字”の表示があります。
  3. 価格の相場は、•偽物のセラミド配合化粧品:2,000円未満 •本物のセラミド配合化粧品:3,000円以上なので、“セラミド配合”とパッケージに書かれているのに妙に安かったら成分欄を必ずチェックです。
  4. 本物のセラミドの中でも、最も人間のセラミドに近いものはヒト型セラミドと呼ばれており、現在ではヒト型セラミドをナノ化して肌への浸透力を上げたヒト型ナノセラミドが配合されたものが、最も保湿力が高い保湿化粧品です。

つまり、乾燥肌の方に使ってみてほしいセラミド配合化粧品は、
•敏感肌や乾燥肌やアトピー肌でも使える(刺激が少ない)
•ヒト型セラミド配合(成分表示を確認)
•最安値は3,000円は~7,000円くらいの価格帯

という条件のものがベストです。

 

タグ :            

セラミド

敏感肌のための化粧水選びは、どうしますか?

読了までの目安時間:約 5分
281959

敏感肌のための化粧水選び?

 

敏感肌の化粧水選びは、低刺激であること、セラミドが入っていること、が大きなポイントになります。しかし、美容に精通した方でない限り、敏感肌に良い成分はどれなのか、悪い成分はどれなのか、分かる方はほとんどいないと思います。

ですので、ここでは敏感肌のための化粧水選びのポイントを、わかりやすくご紹介したいと思います。

 


 

タグ :      

セラミド

【セラミド&ビタミンC】方法〜「毛穴.保湿.くすみ.透明感」が一気に解消!柔肌に変わった!!

読了までの目安時間:約 3分
0-17

乾燥肌解消 [セラミド&ビタミンC] 
どうしたらいいのか悩んでいつつ。正直あきらめていた部分もあったんですが、ちょうど、NHKあさイチ!で紹介された「毛穴対策」の特集を見ました。
NHKのあさイチ!で紹介された方法は、

 

①「保湿」②「皮脂の酸化を防ぐ」この2つの方法。

①「保湿」

日頃お手入れしている化粧水や美容液の成分に「セラミド」が含まれてるかがポイントです。「セラミド」は、本来私たちの肌の中にある成分で、その機能は保湿水分を保水してくれる成分です。その「セラミド」は乾燥や紫外線やこするだけでも減少していって、年齢ととも少なくなっています。乾燥肌の人は、特に皮膚が薄くて、この「セラミド」不足ということなのかも。
セラミドには種類が沢山あって。どれを選べばいいのか???
「セラミド1・2・3・6Ⅱ」や「天然動物性馬セラミド」などなど、パッケージの成分をチェックして選ぶといいです。 浸透が早くて、とろみやペタつきもなく、さらっとふっくら保湿してくれる。今もっている手持ちのスキンケアにプラスすることができるのもいいです。

●化粧水にまぜたりOK。 ●化粧水のあとに付けてもOK。 ●洗顔後すぐでもOK

 

②「皮脂の酸化を防ぐ」

抗酸化作用には「ビタミンC」って言われてますよね。毛穴につまった角栓が黒ずむのも、ぽっかり開いた毛穴の奥が黒ずんでいる原因も、皮脂の酸化が原因して黒く変色したものなんだそうです。酸化させない方法があるんです。食事からビタミンCを積極的に摂るものいい方法なんだけど、肌の表面から浸透させるのが一番早くて効果的らしいです。

ビタミンCは空気に触れた瞬間から酸化し始めるそうなので、ビタミンCの効果を肌の内部へ送り込むには
「ビタミンC誘導体」がポイント!内部へ浸透させて送り込んでからビタミンCに変える作用がある浸透型の
ビタミンC誘導体じゃないと、意味がないそうです。

このW使い(セラミド&ビタミンC)を、夜のお手入れに加えてくださいね。

セラミドの保湿で肌はふっくら明るくなって目立たなくなりそうですね。参考にしてみてください。

 

タグ :    

セラミド 敏感肌

「セラミド」はどんな機能をもつの?乾燥性敏感肌ってどんな肌のこと?

読了までの目安時間:約 2分
0-15

「セラミド」はどんな機能をもつの?

 

【1. 角層の水分を保持する機能】
「セラミド」は脂質であるにもかかわらず、「水分子と結合する」という性質を持っています。
しかし「セラミド」が不足した状態の肌では、その水をつなぎとめることができず、肌の水分が少なくなって肌が乾燥しがちになるのです。

 

【2. 外部からの刺激をブロックするバリア機能】
「セラミド」は角質細胞の間で、水や油と結びつき、「水×セラミド×油×セラミド×水」といった形で交互に並んでいくサンドイッチ状の構造(ラメラ構造)を作るため、角質細胞間に水と脂の壁をしっかりと作ります。さらに「セラミド」は、角質細胞と角質細胞をセメントのように接着させる働きも持っていることなどから、バリア機能を発揮することができるのです。

 

乾燥性敏感肌ってどんな肌のこと?

 

1,乾燥性敏感肌とは、気温や湿度などの環境の変化により、肌が乾燥して外部からの刺激に対して過敏に反応する状態をいいます。

2,このような状態の肌は、保湿機能が低下して肌に潤いやハリがなくなるだけでなく、肌のバリア機能も低下し、肌荒れなどの原因にもなってきます。

 

タグ :      

セラミド

敏感肌『セラミドとは?』~肌のハリ・ツヤを保つ最重要成分!

読了までの目安時間:約 3分
144724

セラミドとは?実は肌のハリ・ツヤを保つ最重要成分!

 

◆セラミドとは、もともと肌の中に存在する成分の一つで、乾燥や刺激物質から肌を守る保湿の役割をしています。お肌の細胞間にあって、肌に必要不可欠な水分や油分を溜めている、いわばスポンジのような存在です。

 

◆水に対して溶けない性質なので、お肌の水分を保護し、うるおいを保ってくれるのです。

なんと肌のバリア成分の約40~65%を、このセラミドが占めているのです。お肌を守り、美肌をキープするためには、このセラミドの量が決め手になる訳なんですね!

 

◆肌は乾燥や食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスや間違ったスキンケアなどでもどんどん傷んでいき、セラミドが不足しがちになります。また、加齢も原因の一つで、20歳と50歳ではセラミドの量が約半分近く違うとも言われています。不規則な生活でお肌の調子が悪い人や、加齢による肌の変化を感じている人は、まず第一にセラミドを補給する必要があるのです!

 

どうしてセラミドがアンチエイジングと美白に効果があるの?
とふと疑問に思いますよね。

美しいお肌を作る「水分量」です。お肌の水分を保ってくれるのはセラミド。いわばセラミドはお肌を作る基本の「基本」なのです。

老化によるシワ・たるみは肌の水分量と油分量が減少して起こりますし、肌のくすみやシミ・そばかすなどは、肌のターンオーバー(肌の細胞が新しく生まれ変わる事、新陳代謝)が正常に行われていない事によって起こります。

セラミドがお肌に充分供給されれば、水分量と油分量がUPし、それによってお肌の新陳代謝も高まるので、アンチエイジングと美白にバッチリ効果があるという訳です。

またアンチエイジングや美白だけでなく、その他の肌トラブルである 乾燥肌、敏感肌、肌荒れ も防いでくれます。

 

※先ほども述べましたが、セラミドは元々お肌に存在する物質。だから、お肌も抵抗なく受け入れてくれるのです。

 

 

タグ :     

セラミド

乾燥肌のための正しいスキンケア〜セラミドなどの保湿成分配合の化粧液を使う!!

読了までの目安時間:約 5分
125423

 

お肌の構造の表皮の一番表面の角質層の部分ですね。20ミクロンしかないこの中に水分が蓄えられてる訳ですね。

表皮の深いところで生まれた表皮細胞は上に押し上げられていき細胞の核がなくなり死んでしまいます。その死んだ細胞が積み重なったところが角質層です。この角質層というのが常に入れ替わって生まれ変わっていってる訳ですね。最後垢となって剥がれていってる訳ですね。時間をかけてターンオーバーして。大体20代だと4週間くらい40代に入ると6週間もかかる言われてますけれども細胞の核が抜けて死んだ細胞になる。その時にセラミドを外に放出するんです。周りのピンクの部分ですね。そこをセラミドが埋め尽くす訳です。細胞同士を接着して剥がれないようにキープする事とプラスそのセラミドが水と結合します。これが肌の潤いになってる訳です。

 

だからセラミドが十分にあれば空気中の湿度に関係なく肌というのは乾燥しないはずなんです。このセラミドと結合した水は氷点下20度になっても凍りません。これがあるから人間は砂漠でも南極でも生きていける訳です。年齢とともにターンオーバーが遅くなるとそのセラミドが減ってしまうという事に。それが減ってってるのに過剰なスキンケアでもともとあるセラミドを取ってしまうから乾燥肌になるんです。私たちが冬場に肌が乾燥すると何かものがしみたりとか何か触れるとかゆくなっちゃったりとか。

あれは角質のバリアーが壊れてるから。敏感肌の人が80%以上って言いますけれどもあの多くは自分で触りすぎて肌の角質の構造を壊してしまっていてそれで自分で敏感肌を作ってしまってる方。なんと間違ったスキンケアが乾燥肌を作っている事が多いのです。
 【乾燥肌のための正しいスキンケアのポイント!】
●セラミド等の保湿成分配合の化粧液を使う事で失われたセラミドを補う事ができます。

●クレンジングの問題というのが一番大きいんですね。化粧落としです。

 

◆顔の肌はそっとデリケートな衣類と同じ。カシミヤと同じそっと。
人間の体は2/3ぐらい水ですから生きた組織というのは65%ぐらい水なんですね。そこから常に表面に水がしみ出してきてる訳です。その水をつかまえて角質層の中に30%キープしてる訳です。セラミドがつかまえる事によって。肌の中につなぎ止めるものがないといくら水を吹きかけても大体15分ぐらいで蒸発していってると言われています。

セラミドをじゃあ足す事はできる訳ですか?セラミドが入っている美容液とかありますのでそれ1個だけあればたくさん重ねる必要はないし蓋も必要ない訳です。セラミドに代わる成分って他にあるんですか?ヒアルロン酸とかコラーゲンとかレシチンとか似た働きのものってたくさんあります。本当に乾燥肌の人はもちろんセラミドが一番保湿力が最強物質ですので一番安心ではありますね。
日焼け止めクリームは、日焼け止めがまた肌を乾燥させたりあと日焼け止めの下地が落ちにくいからってまたクレンジングが強くなったりという乾燥の原因になってしまう事もある訳ですね。日頃の紫外線対策はパウダーファンデーションぐらい塗ってれば十分なんです。パウダーファンデーションというのはその粉自体が紫外線をはね返す力があるんですね。

 

特に気を遣ってる事は!
1、クレンジングを始めた時からすすいでまでが1分で化粧水と美容液付けて3分。
まずセラミドを、維持するためにちゃんと健康的な食べ物も食べながらあんまり刺激を与えないようにしてあげると維持ができるんだという事。
乾燥肌はどんな方でも必ず脱却できます。乾燥肌と諦めないでちゃんと知識を持ってケアしていけば必ず改善していくはずです。

 

NHK 団塊スタイル「めざせ!しっとり肌〜冬の乾燥肌対策〜」 より。

 

タグ :         

セラミド 乾燥肌

【セラミド】種類・効果・選び方~「敏感肌・乾燥肌・くすみ・毛穴の悩み解消」

読了までの目安時間:約 3分
0-16

セラミド「乾燥肌・くすみ・毛穴の悩み解消」

 

【セラミド】種類・効果・選び方

セラミドは、水分を保持する高い保湿成分です。人間の肌の中に、もともとあって保水と保湿を同時にする役割をしている。

水分をたっぷり吸着して保持するセラミドは、肌の表面近くにある角質層の中にあって、外部からの刺激や細菌からバリアして守ってくれ、さらに体内の水分蒸発を防いでくれる役割をしてます。

 

「セラミドの種類と効果」
・セラミド1…水分保持力が高く老化や乾燥肌を軽減する。
・セラミド2…人の皮膚のセラミド同じ構造をもっていて、保湿効果が非常に高い。
・セラミド3…水分保持と外部からのバリア機能。肌の保護や髪のパサツキ改善にも。
・セラミド6Ⅱ…水分保持と角質層のターンオーバーを促進し、皮膚をなめらかに柔軟化するシワを軽減する。

すこしづつ違えど、皮膚からの水分の蒸散を防ぎバリア機能を高めるのが「セラミド」なですね。
セラミドは「しわ」「毛穴」「たるみ」「乾燥改善」「くすみ」「しみ」いろいろな効果へつながっている。
「天然セラミドと合成セラミド」
天然セラミドは、動物や植物から抽出したもので、合成セラミドに比べて、3倍ちかい保水力があるとも言われていたり、いや、一番保水効果があるのは「セラミド2」って言われたりします。

 

「セラミドの保水力の順位」
1位…天然動物性セラミド(馬・牛・豚・羊・馬などから抽出したもの)
2位…天然植物性セラミド(米・トウモロコシなど野菜や雑穀などから抽出したもの)
3位…ヒト型セラミド(天然型セラミドⅡとよばれるもの)
4位…合成セラミド(セラミド1・2・3・6・・・)
ただ、その効果が、一概に順位通りでもないです。天然配合だからといって保湿力が高いとは限らないようです。浸透がいいのかな。
◆人によって「馬セラミドがいい」という人もいれば、「合成で十分いい」という人も。結局は実際に使って、どの使用感が一番自分の肌に合うか試すのが一番なんですね。それから使ってみたり、自分にあうものをみつけるのがいいですね。

 

タグ :       

セラミド

安心してFXを始めることができる