イミダゾールペプチド 効果  疲労回復 効果 生活習慣病 予防効果 活性酸素 抑える 働き 老化 原因 体のサビ 守る 細胞を正常に再生 肝機能 体の機能  高める 高血圧 動脈硬化 生活習慣病 予防する

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

【イミダゾールペプチドの効果】老化を防ぐ効果(アンチエイジング)、活性酸素を抑える、疲労回復効果など!!

読了までの目安時間:約 3分
スポンサードリンク

281965

 

イミダゾールペプチドは疲れを抑えるために必要不可欠な成分といえます。その強力な抗酸化効果に注目が集まっています。肉体疲労の場合は筋肉、精神疲労の場合は脳神経細胞で酸化ストレス状態が高い状態になっていると考えられています。活性酸素が過剰になり、生体を構成している核酸やたんぱく質、脂質などが酸化し、細胞が傷つけられ異変が起きます。イミダゾールペプチドは、疲労の原因のひとつである活性酸素を除去し、酸化ストレス状態を抑える働きを持ちます。

 

イミダゾールペプチドの効果

 

●疲労回復効果
イミダゾールペプチドは、筋肉の中でつくり出される物質で、活性酸素を抑える働きがあります。最近の研究で、体内の活性酸素の発生を抑えれば、疲れにくくなるという報告がありました。慢性疲労症候群を予防・改善する効果、疲労回復効果に優れています。また、体内の疲労の原因となる乳酸の分解にも働きかけるとされています。

 

●運動能力を向上させる効果
イミダゾールペプチドは長時間運動する際には欠かせない成分で、持久力や運動能力の向上効果があります。日頃から摂取しておくことが大切です。

 

●老化を防ぐ効果(アンチエイジング)
イミダゾールペプチドには、活性酸素を抑える働きがあるため、疲れにくくするとともに、体や肌を若々しく保つ効果もあります。また、イミダゾールペプチドのひとつであるカルノシンには、体内にAGEs(糖化最終産物)がつくられた時に、その蓄積を抑える効果があるとされ、こちらも老化の防止に有効であると考えられています。

 

●生活習慣病を予防・改善する効果
◆イミダゾールペプチドに含まれるアンセリンが体内の老廃物である尿酸の量を調節して、過剰な尿酸を排泄してくれる働きがあります。尿酸の生成を抑え、つくられすぎてしまった尿酸を体外へ排泄するのを促進し、尿酸値を下げるため、痛風を予防改善する効果があります。
◆尿酸値が高いほど痛風になりやすいと同時に、その他にも、腎不全や尿路結石を引き起こしたり、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧など様々な生活習慣病との合併症にも注意が必要です。メタボリックシンドロームの発症リスクも高めると報告されています。尿酸値がコントロールできるため、多くの生活習慣病の予防効果もあるのです。活性酸素を抑える働きがあるため、老化の原因となる体のサビから守ってくれます。細胞を正常に再生させ、肝機能をはじめ、体の機能を高めたり、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。


スポンサードリンク

 

タグ :      

アンチエイジング

この記事に関連する記事一覧

安心してFXを始めることができる