敏感肌 アトピー性皮膚炎 乾燥肌 汗対策 効果的 保湿 方法 アズノール軟膏 ウレパール ケラチナミン パスタロン セラミドを含む 軟膏 クリーム スキンケア ワセリン 毎日の入浴習慣 保湿剤  ベビーオイル

敏感肌スキンケア化粧品のおすすめはコレ!

敏感肌【アトピー性皮膚炎で悩んでるあなたに】乾燥肌・汗対策、効果的な保湿の方法!おススメのスキンケア!

読了までの目安時間:約 4分
0-76

 

アトピー性皮膚炎に対するスキンケア

 

春や秋は、花粉症で悩み、冬はかゆみや湿疹で悩みます。

今回は、湿疹や痒みの起こる肌を上手にケアすることも、アトピー性皮膚炎の予防と治療に効果的です。

アトピーの主な原因の中には、乾燥肌、衣服の素材、汗、引っ掻き傷や皮膚にいる細菌など、肌にかかわるものも多いのです。スキンケアは、特に傷んだ皮膚をケアしたり、乾燥肌に保湿剤を使ったりします。

 

 

 

乾燥肌・汗対策

 

シャワーでもよいので、毎日の入浴習慣は大切です。アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリアが壊れてしまうので、水分が蒸発しやすく、皮膚が乾燥しやすくなります。また、汗をかくと汗の中の栄養分で細菌が繁殖し、炎症を起こしやすくなります。

 

対処法として…

•毎日、シャワーもしくは入浴する
•石鹸を使って体を洗う(しかし、体をこすりすぎると、皮膚の水分まで抜けることがあるので注意)
保湿のために市販または医療機関の保湿剤・市販の化粧水、市販のベビーオイルなどを使用する。

■効果的な汗対策の方法

 

  1. 汗をかいたあとに効果的なのはシャワーです。外出時にはなかなかすぐにシャワーをあびることもできませんので、こまめに汗を拭いて対応しましょう。できれば、綿のタオルがオススメです。
  2. 汗を流す程度なら、さっとシャワーを浴びるだけでも十分です肌をゴシゴシこすり過ぎないようにしましょう。こすり過ぎると、皮膚を刺激して痒みもひどくなります。
  3. 汗を拭いた後に、皮膚の保湿成分セラミドを含む軟膏やクリームを使用したり、尿素配合のウレパールやワセリン・プロペトを使用します。ワセリンやプロペトは肌がべとつくのが難点です。自分にあった化粧水を使うのもいいでしょう。

 

■効果的な保湿の方法

 

•皮膚からの水分喪失を防ぐ

•皮膚の水分を保つ

基本的には、両方の作用を併せ持っていますが、製剤によって特徴があります。

皮膚からの水分喪失を防ぐ保湿剤

 

  1. 皮膚の上に鎧のようにコーティングをして、水分の蒸発を防ぐ効果があります。代表的なものが、ワセリンです。ワセリンにも白色ワセリン・プロペト・サンホワイトといった種類がありますが、特に刺激性を少なくしたものがプロペトです。
  2. ワセリンが合わない人には、パラフィンを原材料とするプラスチベースが良いかもしれませんオリーブ油・椿油・ひまわり油などの植物油は、皮膚に脂質を補給することで乾燥を防ぎます。

 

皮膚の水分を保つ保湿剤

  1. 水分保持を助ける効果があります尿素含有軟膏は、特に水分保持作用が強く、ウレパール、ケラチナミン、パスタロンが代表的なものとしてあげられます。しかし、刺激性があるため、塗るとヒリヒリすることがあります。
  2. 熱傷や皮膚潰瘍に使用されるアズノール軟膏も、抗炎症作用を持つアズレンの他、ワセリンも含まれているので、保湿性があります。
  3. 亜鉛華(単)軟膏は、白色軟膏と流動パラフィンを基材とする軟膏ですが、消炎作用と皮膚保護作用があります。
  4. サトウザルベは、酸化亜鉛が主体で、基材がなたね油とさらしみつろうであるため、亜鉛華軟膏より塗りやすいのが特徴です。

 

タグ :              

アトピー性皮膚炎

この記事に関連する記事一覧

安心してFXを始めることができる